7/11/2016

雑談日誌 人見知りニャンコ

今日はシャーンが親知らずを抜きに歯科医へ行った。
麻酔で術後は運転が出来ないだろうと、ドンが連れて行った。
暫く食事は噛めないので、大食いのシャーンには食事抜きはとても辛い事に違いない。
無論今朝はどっさりの朝食をしためてからの通院である。
私の体験を聞きたがっていたが、私の抜歯はもう40年前の事で、それも酷い出血に通院を余儀なくされたものであり、シャーンのききたい事とは別な話なので大した体験話にはならないと伝えた。

今日も猛暑である。
先ほど一角に出来た雨漏りの様子を見に作業員サンが家にやって来たので、ニャントリオはサーっと何処かに隠れてしまっている。
通院前にシャーンがニャントリオを散々ジャレ遊ばせたので、疲れて寝ているのかもしれないが、ニャントリオはドアのノックにはとても敏感にビビる。
ここ暫くは工事が止まっているので(あとは、屋根瓦だけ)ニャントリオは落ち着きを戻していると思った矢先の作業員さん訪問で大慌てらしかった。
家で飼う猫や犬は全員が全員人見知りになるのはどうしてなんだろう。
私に社交性が無いので訪問者も少なく、家族以外の人達とそれほど交わる機会もないのが原因なのかしらね。
内弁慶なのである。今朝だってキオニとアシュリーのドタバタ騒ぎで、2階のドライフラワー箱を蹴飛ばして階段に落としたりしていた。
置いてあるものを蹴飛ばしたり、ひっくり返したりするのはそんなに困ったこととは思っていないけれど、それを元に戻すという整頓の技を身に着けてくれない物かなぁと考えるグータラな私はカタズケが面倒なのである。後カタズケをやってくれるなら、いくら暴れてもいいんだけどなあー。
★☆彡☆★