7/07/2016

雑談日誌 猛暑

今日は月決めの採血検査に出掛けてきた。
新人看護婦のトレーニングをしているいつものナースは「この方の血管は動く難しいものなので、この採血が出来るようになったら一人前になれる」なんて変な自慢をしていた。笑

クリニックからの返りにいつものドーナッツショップと亜細亜マーケットに寄ってきた。
先日はごちゃごちゃしている店内にキムチが見当たらなかったのが新しいケースの中に置かれていて買うことが出来、ラッキーだった。

今朝ドンがパテオで何時もの様に新聞を読んでいる処へ、お隣のご主人が自宅のエアコンの調子が悪いのだと話しかけてきた。
お隣の家は通常定温設定は摂氏20度(華氏68度)なんだって。
ちょっと低すぎません?
家ではドンは暑い外で暮らしているようなもので、私の家の温度設定はせいぜい24度(華氏76度)である。それも台所の窓をニャンコ達の出入りに少し開けたままのエアコン調整なので、台所周辺は熱風がいつも入り込んでいる状態である。
昨日も今日の様に35度程に暑かったのでエアコンが効いている感じがしなかっただけじゃないのかしら。
特に裏庭の大木が2本も無くなって家に太陽が当たりっぱなしになってるし、暑がりの人達にはたまらない猛暑だもの、エアコンも働きずくめで疲れてるに違いないね。

前の庭をほっていて、こんなのが出てきたと作業員サンがドンに渡したものはセメント造りのタイルで、17年前のクリスティーナ、シャーンそしてデイヴィッドの小っちゃい手形が押されていて、それぞれの名前が書かれている。そうか、、こんなのを作ったことがあったっけなぁ。
デイヴィッドがまだ1歳の幼児であった。
あの頃は、可愛かったなぁ、、なんて思い出しちゃった。

今日もこれからも、ずっと猛暑が続くらしい。庭造りの作業員サン達には厳しい天候である。