9/15/2016

雑談日誌 ☆☆☆☆

久しぶりの晴天にゴルフ場には大きな鶴のような(鶴では無い)鳥が羽根を広げて日光浴をしているのが見えた。
羽根を広げて右を向いたり、左をむいたり、そしてクルリと回転したりして、まるでダンスでもしているように数分間は芝生の上で日光を楽しんでいたようだ。
アヒルを見慣れているキオニには、その鳥がアヒルの仲間だと思っているに違いないのか、遠目に見ながらも余り興味がないようである。

他に書くことが無いなぁと一旦PCを閉じてボンヤリとテレビに目を向けていると、がガーンと凄い音が響いたので、何事かとパテオに出てみるとパテオで裏庭を眺めていたドンが「たった今向かいの通りで車が椰子の木に追突したのを目撃しました」と警察に電話をしている処だった。
見ると、ゴルフ場の4番ホールの側に通っている道を、白い車がヤシの木に激突して車の前方が潰されたようになっている。
ゴルフ場の向こう側なので遠目には詳細は解らないが、あの状態では運転手は怪我をしたに違いない。
救急車と2台のパトカーが来て、事故の様子を調べているのが解った。
時速35マイルの緩やかカーブの道路で、見通しが決して悪い訳でもないのに、数年前にもこの通りで高校生の若者が椰子の木に激突死した痛ましい事故があった。
何があったのかは解らないが、何とも気の毒な話である。
今回のこの事故では大した怪我人が出なかったことを祈ろう。

私が少しの間パテオに立って外の様子を伺っているのが不思議に思ったのかキオニが私に走り寄ってきた。
私が鳥か他の動物の世話をしようとしているのだろうと、焼きもちをやいているようだ。
「私は今は何処にも行かないから心配無用だよー」と一応云っておいた。

何も書く事がなかったとしても、人の不幸を目の当たりにするのは気分が良いものではない。
☆☆☆☆