9/02/2016

雑談日誌 国宝級ニャンコ

昨日ネットを見ていて思ったのだが、ロシアのサイべりアンキャットと、この土地に多いメインクーンキャットは姿が良く似ている。
どちらも寒い地方の猫なので、長いフサフサ毛のニャンコである。
画像で見る限りではサイべりアンの方がウチのイカイカとキオニにそっくりである。
もっともウチのニャンコは雑種であるし、国宝級のロシアのお猫様とは格が違うのだろうから、似にして為にあらずと云った感じだ。

どちらにせよ、ウチのニャンコ達は猫独特の性格であり、態度がデカいのだけは国宝級のお猫様である。笑



🐈🐈🐈🐈

今朝方、何やら可笑しい夢をみた。
夢の中で可笑しくて、可笑しくて、これは是非とも誰かに話すようにしようと考えていたのだが、果たして目覚めた後では、何の夢であったものやら、何がそんなに可笑しかったものやら(夢の中では実際に声を出して笑っていたようなのだが)解らない。
喜怒哀楽が夢の中では実際よりも何倍にも大袈裟に感じるらしいよね。
こういう夢を見る状態になったのは今朝が初めてではないので、なーんだつまらないと思ってしまった。
夢の中だけでも楽しく可笑しい事が繰り広げられるのは、良いことであるとしておきましょう。
現実生活のなかでも、何か大笑い出来る事が起きて欲しいものである。
笑は健康上にも不可欠なものだと云うじゃないの。
としても、ニャントリオの悪戯での苦笑は笑のうちには入らないのだから、そう心得ていてよね、ニャントリオよ。

😹😹😹😹