10/01/2016

雑談日誌 贅沢と無頓着

解り切ってはいるけれど、ひゃー、もう10月だ。
今年は私にとっては昨年の2倍程の速さで時を迎え、送っているような気がする。(毎年月日の流れが速くなっていくように感じる)
この時期になると店頭にはパンプキンクッキーやら、マシュマロやら、スパイシーなお菓子なんかも出されていて、普段はあまり口にしないのに、パンプキンチーズケーキなんかが気になり、秋の感覚は充分である。
大きなハリケーンが徐々にフロリダに近着いてきているらしく、昨日はその予備軍が到来したものか一時的に雷嵐のような天候になった。
今朝見ると家の横に植えられている木がエアコンシステム箱の上に倒れている。

大雨が治まった頃、ドンに誘われてモールのデスカウンとショップにセール品を見に行ってきた。
この頃ちっとも何かが欲しいという気分が起きないので、何でも間に合わせで済ませているのだが、そんな状態の中でドンが新しいタオル類を買いたいと云ったのが、少し驚きもした。
そう云われると、家中が古い、ボロイものばかりである。
来客も無いので頓着をしなかったが、傍から見れば一目瞭然の貧相な生活をしている。
今更、贅沢をしたいとは思わないが、物事に無頓着と云う事とは違うのを私は反省すべきなのかもしれない。

🏠🏠🏠🏠

見るからに美味しそうなチョコレートチーズケーキを買ってきたので、楽しみにして今朝見ると、ジョニーが昨晩のうちに半分を食べてしまっていた。ややっ。
昔飼っていた猫にクリーム系のケーキを好むのがいて、一緒にケーキを楽しんだものであったが、(犬達はいつの時もケーキ好きだった。それが体に良いか悪いかは別として)ニャントリオは私が食べるものに一応興味を見せるけれど、『我等が食べるものじゃないニャ~』と匂いを嗅いだだけでそっぽ。
イカイカはアイスクリームが好きらしいが、ちょこっと舐める程度でお腹を壊すほどの量は食べないし、子猫の頃はクリーム系のものが好きだったニャントリオも今は家猫独特な食生活で、ハム肉、鶏肉、魚の身などさえ猫缶の物以外は口にしたがらない。
これはこれで贅沢だと思うのだが、、。

🐟🐟🍗🍗