11/27/2016

雑談日誌

目がしっくりしないので、就寝時の読書から遠ざかっていたのだが、先日から目の疲れが返って、頭の疲れを呼んで睡眠に繋がるかと、古本を引っ張り出して読み出している。
案の定、心配したほどの目の問題は無く、適度に疲れて、寝入りが良くなった気がする。
(単純なんですよ、私の頭具合ってのは)

今朝は少し涼しいなぁとカーディガンを羽織って、アヒル達にパン屑を与えに外に出ると、暑くててかなわない。
昨夜からのエアコンが効いていたのか、室内が涼しく感じただけだったらしい。

今日は日曜日だというのに、ブラックフライデーでの広告チラシが一昨日と昨日にどっさり入っていたからなのか、いつもの日曜版にしては新聞のチラシが薄い。
明日のサイバーマンデー(ネット通販大セール日)が過ぎたら、クリスマス用に、またセールの広告チラシが分厚くなるのだろう。

先ほどまでキオニが何かニャンニャンと、お喋りをしていて、多分今朝早くからシャーンがゲインズビルに戻る為の荷造りでバタバタしていたのを、『シャーンが何やら家から持ち出してたよ~、いいのかにゃ~~』と私とドンに言いつけていたものなのだろうと思う。
いつもは何処かで寝ているイカイカまでが、階段の上り口で私が降りてくるのを待っていて、シャーンの行動を伺っていた。
ニャンコ達は日頃とは違う音には敏感なのだ。

今パテオドアを全開にして、テレビをパテオに向けて、ドンが日曜フットボールを観戦している。
今年のマイアミ・ドルフィンは昨年のチームより好調なんだとか。
私はフットボールには興味が無いので、ドンが何時もゲームの勝敗を知らせてくれるが、どうでも良いかな、なんて考えている。


↑↑「我々の弁護士は契約書造りに強いね」とサンタさんにソリを引かせることを契約に承諾させたクリスマスの鹿達。こんな鹿さん達、面白いね。来年はサンタさんにも契約書造りに強い弁護士が必要になりそうだ。(アメリカ・サンタは訴訟が怖いもの。笑)