1/18/2017

雑談日誌

起床後寝室で何やらしていて時間が過ぎたのだろう。キオニが階下から『ミワーオッ、ヮァ―オ!』と大声で私を呼んでいる。
「一体、なんて声で鳴いているんだかぁ。何なのォ?」とジョニー。
私には『早く降りてニャ―ォ!トトロオババ、ニャにしてるのかニャ~~ォ!!』に聞こえている。笑ながら「そんなに鳴かなくっても、キオニの声が聞こえてるよー。直ぐ降りるからねー」と応答する。
最近はニャントリオは2階の寝室まで来る事がなくなった。3匹共リビングルームから寝室を眺めて待機している。『こっちから迎えに行くんでは無くても、そちらからここに来てくれなきゃぁニャ?』と思っているようだ。(態度がデカイのだ)
その後、吸引機をしたり、朝食を取ったり、猫砂箱を掃除して回ったり、アヒル達に餌をやったりの一応が終わるのを、3匹はずっと私を監視しているのである。(じっと、見ている姿は、まさに監視という感じ)
毎日の私の行動はニャントリオに見守られているというより、監視されているノダ。笑
いつの日か、私が寝室から出ることがなくなったら、キオニはどう出るのかな。
🐈🐈🐈

ネットによって時差こそあれ、世界中の情報がみてとれるようになって、私も毎日の日本の情報番組を1日遅れで見ることが可能になったのが嬉しい。(この地と日本の時差は17時間) いつの日か今後は一般が普通に世界中が同時放送で繋がっていくのかもしれない。(もっともある筋では、もうとっくに同時情報入手になっているのだろうけれど。)

日本ではピコ太郎のPPAPというのが物凄い流行りなんだとか。
へーっ、と聞いてみたら子供の童話的なリズムが楽しいが、何故、これが大人の間でも爆発的に流行っているのかが、ちょっと私には理解出来ない。
ノリノリで、楽しく嫌な事も忘れてリズムに乗れるというところが多くの日本の方々に受け入れられたのでしょうね。
動画を見てみると、少なくとも嫌な気分にはなりませんものね。今年いっぱいは持て囃されるのかしらん。
ドンに動画を見せると、「何?子供の遊びソング?」という事で、いまいちピンとこない。ユーモア感覚がちょっと違う。
個人にもよるだろうし。私とドンには何方かと云えばトランプ騒動なんかの政治風刺のユーモアが大受けなんですが。今年一年はアメリカのコメディアン達にはネタ切れの心配はない。笑
日本では自虐的ユーモアは受け入れられても、政治風刺的なおちょくりユーモアは芸人にとっては絶体絶命なものですものとなる可能性がある。このユーモア方面でのちょっとした日本文化との違いがあるようだ。(新聞だと風刺漫画が受け入れられているんですけれどね)
もっともこの国では”言論の自由”と”虚言行動と暴力思考”を吐き違いしている人間も多い。
🌷🌷🌷