1/31/2017

雑談日誌

昨日新しい投薬を受けたので、熟睡して何か良い夢でも見られるかと、待ち構えていたのだが、今朝の目覚めは余り熟睡した感はなくて、夢を見るには見たのだが、期待していたほどのものではなく、何時ものつまーらない話だけが頭に残っていた。
####
何処か寒い地方らしい実家がカフェになっているらしく、数人の来客の中で忙しく手伝いをしていた。(ン、このカフェの感じが何かの動画で見たような、、)
ふと、何やらコーヒーマシン(それが、デカイの)に不都合が起きたとかで、店中のテーブルの彼方此方に黒いコーヒー液がこぼれており、それを拭きまわるのに大童な私。
そこへ、数人の新しい客があり、見るとその中に私の知り合いが混じっている。
その彼は私が日頃ちょっと気に掛けていた青年らしく、なんと、顔姿はあの毒舌芸人の有吉弘行なのである。(私は彼の大ファンでもなく、嫌いでも無いといった人である)
『あら、如何したの?』と私が心の中で言って目配せをすると『いや、どんなお店なのかなと初めて来てみたよ』と彼の心との会話。(ははは、、これはコントなのか?)
すると顔をあちらに向けてテーブルを拭いていたために、その一滴がそこに座っていた男性(老人)の半袖シャツの腕口に付いてしまった。「アッ、申し訳ありません。直ぐにお手当させて頂きます」と私は店のコーナーに何かを探しに行ったのだが、これと云った道具が無くて、やっとガーゼ布と縫いぐるみの付いたキーチェーン(何故だ?)をもってそこへ戻ったら、その男性はもう席を立ってしまって、見当たらなかった。
と、急に場面はお向かいのお店らしいゴルフ場販売カウンターのまわりであの男性と数人の人がぐるりと立ち話に花を咲かせているようだ。「いやね、向こうのカフェでコーヒーかけられてさ、手当も何もしてくれないのよ」というのが聞こえた。
『だから、そこへ行ったときには貴方がもう居なかったんですって』と不満やり方ない私。こういう風評がお店の人気、不人気に繋がるのだろうなぁとぼんやり思っていた。
####

唯それだけの話である。私の実家はカフェなどしていないし、それに何故あんなに店中にコーヒーがこぼれていたのという話だし、そして有吉って、、これはどうなの?笑
本当に夢というものは良くも悪くもシッチャカメッチャカで面白い。
でもそんな夢話をブログに載せる価値なんか無いのではないのと思っている方へ。
ごもっとも。
それでもブログに書く事が何もないよりは、良いかな、、との下心であります。許されよ。
☕☕☕

またの抗菌剤服用で味覚がおかしい。
今となっては食べる事だけの楽しみしか残っていないのに、私にとってのこれは唯唯シイ事態ではある。
食べる時までは空腹なのかどうかも解らないでいて、食べだすと「お腹がすいていたんだね」と思われる感覚がワッと寄せるのに、何を食べても「ン?これはこんな味だったっけ?」と思い、食べ進むうちに「まずいなぁ、もういいや」という気になってしまう。

そうか、今日で一月も終わりなのか。巷は今頃はバレンタインデーカラーなのだろう。
ドンが買ってきてくれたドーナッツ店でも商品は皆こんな感じなのだろうね。
ハート型のドーナッツばかり。
そのドーナッツを見て「何で♡形なのさ?」と不思議がるジョニーよ、アンタはロマンチストじゃないね。
私がその年頃だったら、何か嬉しくてワクワクしたものだけれどね。
小さな孫達にはバレンタインの縫いぐるみやら何やらを選ぶのも楽しかったものだ。
此方と日本でのバレンタインデーの様子はちょっと違うようだけれど、私が初めてバレンタインデーを知った昭和のその昔では周りは誰も知らなかったし、興味も無かったのが、今は日本でも巷隅々までがこの日に向けての商戦合戦もあるほどになったのですものね。
商法に寄る文化とはいえ、日本での文化の取入れには驚くものがあり、こうして時代が変わっていくのだから、それが良いとか悪いとかは無いと思われる。
世の中に楽しい習慣が多いほど、私は良いと思うもの。

♡♥♡♥