2/01/2017

雑談日誌

外は24度の好天気で、気分も上々である。
雨上がりの好天気が続いたからなのか、家の周り中に沢山のモナーク蝶がヒラヒラと舞っているのが見える。
🌼🌼🌼

昨夜は咳も酷くなくて、一応熟睡出来たと思われるが、体力低下による疲労感が抜けない。
体がなまって来て動きが悪くなるのを感じ、ベッドの上に寝転がったまま足の屈伸運動をちょっとした事が頭に残っていたのだろう、夢の中で足を上げて曲げる度に膝がリーン、リーンとドアベルの様に鳴り(因みに我が家のドアベルはピンポーンである)、それを伸ばすと今度は男性の声で「何か用ですか」と応えているように聞こえた。
(自分の胸から発せられるゼイゼイ・ヒューヒュー音が混じってそうきこえたものなのだろうが)
膝が笑うとはよく言う表現だけれど、私の膝は会話するんだなと可笑しくて笑ってしまった。夢の中であるのは気がついていて、「これが夢の中ではなくて、とうとう目覚めている時にもこうなったら、その時が大変なんだろうな。でも、実際にそうなると当人はおかしくなっているとは思わないのだろうから、その時はその時で周りが何とかするのだろうな」なんて考えていた。幻聴や幻視が現れるのを極端に恐れている証拠なのかしら。
今日も今の所まだセーフである。

ちょっと気分が良くなった折に久しぶりにニャントリオに紐遊びをしてやった。
久しぶりの紐遊びがやたら嬉しかったものか、3匹共に大興奮で目を真ん丸にして紐を掴もうと必死になる姿が面白く、私が笑うと更にじゃれつくという事を数分間もやると、さすが私は体力消耗で、まだやりたがるニャントリオに「また後でねー」と伝えて納得させたのであった。(ニャン達は納得はしていない。笑)

体力が無くなっているせいもあって、集中力に欠けているので、ドンがテレビで映画を見ているのを、私はボンヤリと見るでも無しに、眺めていたのだが、昨日のトム・ハンクスの「ブリッジ・オブ・スパイズ」はかなり良い映画に感じられた。
私はあの手の実話歴史的ストーリーが好きである。

映画が終わって普通チャンネルに戻すと、急に現実的な所に戻り、お騒がせ新大統領の話で盛り上がっていた。
ニュースや会談で政治家や作家や評論家が何やらワイワイ言っていても、この国の非常事態は収まる訳では無い。誰もがお手上げ状態といったところか。/(^o^)\ナンテコッタイと云っていられるのはいつまでの事やら、、、。
☆☆☆☆