3/20/2017

中間お知らせ

今日20日が春の初めです。
そんな中、私は何時もと変わりない暮らしをしている事を休載の中間報告としてお知らせさせて頂きます。


2017年の3月の私(2つの夢)

3月初旬の私の体調は何故か不調であり、これといって何処が痛いとか、辛いとか言うわけでも無いわけであったが、鬱症状が一段深まったという感じに身動きが儘ならない日々であった。
新しく受けた投薬の副作用もあったものか、左足底と右上半身に発疹も表れ、右目が何ともピントが合わせられない状態というか、目が回る様な感覚が常にあって、ちょっとの体の動きで息が上がり苦しく、顔面を含め体中に冷や汗が出た。
ぐったりとして頭が空白の状態に、投薬の作用もあってか睡眠は何時もよりも浅く、が、長くても何の夢というものも何も感じられない夜が続いた。
体調が回復に向かっているらしい夜には夢を見るようになった。

そんな或る夜、無宗教家の私には何とも説明のつかない不思議な夢を続き様に見た。
何故か岩山をよじ登っているのか、又は、崖の上から誰かに落とされたらしい私が辛うじて崖壁に張り付いているのか必死にその崖を上に向かおうともがいていた。
一足上によじ登れたと思った瞬間に知らない白シャツの男が姿を現し、「来れるものなら、来てみたら良い。これを貴女が掴むことが出来るのなら。どうだ。出来ないであろう」と私に向かって叫んでいる。
その白シャツ男の手をかざした先に小さめの火に燃える十字架が2個浮かんでいる。それらを掴むと、どうやら私の体はその崖を登り切れるらしいのだが、たいまつの様な火の塊の十字架を掴むと手が火傷をするのかもしれないという考えが私の頭を横切り、その真っ赤に燃える十字架を見つめるばかりの私であった。
躊躇している私が「バーニング・クロス(火に燃える十字架)の意味は何だろうと考えたその時に、目覚めながらも頭の中にはっきりとその様子が見えていた。
その日から数日はあの十字架を思い出しては、あれはどういう意味があったものやら、まったく何の意味ももたない唯の記憶の一端であったものか、私には解らない。無理に解る必要も無いのかもしれない。
宗教家の人々には確かにバーニング・クロスには何らかの意味があると、いつか聞いた事はあるが、無宗教家の私がこの夢を見たという事が何とも不思議である。


そして体調回復途にあると思っていた2,3日後に再び嫌悪感が戻り、視力が落ちて頭が朦朧として、鬱病の重症化によるらしい、生きる力というかエネルギー低下を起こしていると自覚した。
もしかして、明日は目覚めないのかもしれないという感覚に襲われたその夜に、夢を見た。
何処か野原を歩いていた。何とは無く静かで広々とした野原の一本道を何処へ向かっているのか解らないままに唯歩いていた。暫くするとその道の先は轟々たる河が横切っていているのが見えてきた、その水力の荒々しさは地を揺るがすほどの響きを轟かせていた。
誰か声が私の耳に「どうしますか。この先へ進みますか。」とはっきり聞こえた。
荒々しい怒号の河が私の道の先を浮かんでいるかのよう横切っているのを見ても不思議とも思わずに、その凄まじい流れを見た私は「こんな荒々しい河を行くなんて私には到底無理な事だ」と応えたように思う。
首後ろと頭にかけての痛みで目覚めた。視力が普通に戻り、頭痛こそあれ思考も普通の様で辛い目覚めではなかった。が、頭の中にまだあの荒々しい河の様子が写し出されていた。
他人が俗に言う、三途の川というものはもっと優しい小川のイメージであるものだが、私が見た河はそんなのとは全く違っていたので、果たしてあれは私にとっての三途の川であったものとはちょっとばかりは信じがたい。
今までにも何度か私の夢の中に表れる川というものは、幅広く流れの速い大河ばかりで、何時も小さな細く頼りなげな吊り橋が掛かっていて、とても渡り切れる状態ではなく、私はそれを対岸から見るだけに終わっている。まるでカナダ側のナイヤガラの滝の対岸を流れているあの大きな川にも似ていて、広く荒々しく、時には海と混じり合いまった様子の時もあった。
そもそも、私には水難の相があるものか、水辺と云うものが心地良い環境と感じた試しがない。水というものにある種の恐怖感さえ持っているのかもしれない。

体力が通常に戻った今、この体調不良時の2つの(十字架と川)夢が妙に気になった私である。欧米文化と和式文化が相まったのが、いかにも私らしいと云えないでもない。
この年となって悲観的になっている訳では無いと思われるのだが、在米50年ともなった今の私は日本人でもアメリカ人でも無い、無国籍の人間でもない、1個の塵となった気分でもある。無情。