10/16/2019

鬼婆姑記 ダイエット

日本での大型台風が甚大な被害を及ぼしたとの情報に心を痛めずにはいられない。何ともお気の毒で泣けてきて言葉が出ない。
どうか皆さま復興に向かってお力落としの今を切り抜けてくださいませ。

こちらも最近のハリケーンの被害を何とか避けてこられて今のところ皆が元気で暮らしております。

10月も後半になるとプールの水温も下がり、子供達も夏の様には水が恋しくないようで、今はこの月末の仮装日ハロウィンに何になろうかとあれこれ楽しく想像を膨らませているようです。
我が家ではエクボちゃんは何とかという(子供達の間でアニメなどで人気らしい)赤い鳥のキャラクターの被り物を買ってもらってご機嫌のようだ。
昨日と今日はクリスティーナの勤務定休日なので私もシッター役の定休日として、ゆっくりとしている。
スケジュールの関係で今週は3日間連勤で4日間の連休であるジョニーが羨ましいけれど。クリスティーナの勤務は毎週スケジュールが変わり、少し可哀想な所もあるが、彼女自身がシングルマザー暮らしを選んだ限りでは頑張っていくしかない。

秋のせいなのか、食欲があり、体重増に血圧がなかなか下がらない。
先日のキャットスキャンで特に病気の症状はみられなかったものの内臓画像で体にオーサラィデス(関節炎)があるのが解ったというが、このところ膝や肩や体のあちこちが痛む。加齢による症状が大きくなり、仕方ないのであろうが、しかめ面のオババがヨタヨタと歩く姿はまるで鬼婆そのもののようである。

最近ダイエットを始めているというジェンママは「私は昔は細かったの。あの頃の体系に戻りたい」という。
私も若い頃の一時期は90ポンド(40キロ)の時があったよ。でもね、年を増すごとに体系も変わり体重も変わり、、だよね。今の私は当時の倍近くの体重を行ったり来たりだし。
彼女はまだ30代だから、痩せようと思えば痩せられるのだろうけど、今の食生活ではちょっと無理があるかもね。
案外小食だなと思っていたけれど、油や揚げ物、スウィーツのつまみ食いが多いし、、。この鬼婆姑がちょっと厳しい事を言ってしまったけれど、許されよ。😓
そういえば、日本の多くの人が同じ考えらしいけれど、ジェンママもダイエットという言葉が食の減量をする意味だと思っているようだけれど、こちらではダイエットとは食生活全般の事であり、日頃の健康維持食品の意味でもある。
私が先日ジェンママに「私のダイエットには脂身が執れない」と云うと彼女は「ふふふっ。ダイエットしてるのですか」と笑っていたけれど、うーん、ちょっと理解度に差があるかも。
「エクボちゃんの日頃のダイエット(食生活)はあまり感心できない」というドンの言葉を間違ってとり「エクボはダイエットをしていません」といってたっけ。
ま、各自が好きなように健康を維持できるのが一番ね。

オイオイ、イカイカよ。今日もモリモリ食べてるね。大丈夫かい?

🌹🌻🌼🌷



10/14/2019

鬼婆姑記 皆がハッピーにいられたら

カーナーが二晩泊まるかもと思っていたのが、朝方4時半にクリスティーナが勤務を終えて書斎部屋で眠っているカーナーを迎えに来た物音に目覚めた。私の体力を思って、なるべく二晩通してのお泊りは避けたいと思っているのだろうか、また夕刻時には出勤前のクリステーナがカーナーを連れてきて、また朝方に迎えに来るようである。
本当は一夜を通してぐっすり眠るのがカーナーには良いのだろうが、私の48時間を通してのシッターは流石に体力が持たないだろうとの配慮でもあるらしい。
この頃の2才半児のカーナーは好き嫌いがはっきりしていて、気分屋さんでもあり、その時その時点での喜怒哀楽の表示も激しいものになってきて、いったんゴネだすと無視を通さなければ、その怒りの嵐を自分で忘れてコントロールがなされるまではその激しさはつのるばかりなのである。私が育児にかかわった息子と孫3人とは言動も表情もかなり違ったもので、特に比較をするつもりはないのだが、子供というものは人それぞれに一個人として独立した性格を持つものだと改めて解ったところでもある。

日曜日の夜は明日登校だというのに、信心深いジェンママとエクボちゃんは何時も賛美歌を遅くまで歌っていて、やっと静かになったのは11時半頃であったようだ。
未だに小食で体力的にも栄養価が心配されるエクボちゃんは日曜日の就寝はもっと早めにした方がいいのに、、と私は思うのだが、多分いらぬお世話なのかもしれない。

昨日は半日イカイカが腹痛に悩まされてでもいたのか、とても悲しく苦しい鳴き声をあげて何度か吐いていた。
それでもイカイカは一番大食いなので、後始末に追われる私であったが
今朝は何事もなかったように何時ものように猫缶を開ける音をイチ早く聞きこんで走ってきて、夢中になって食べていたから、もう大丈夫なんだろう。

今日はジェンママが夕食を作りたいと申し出たので、そうしてもらうが、「ピーマン料理をしようと思っていたのに、、」というドンをなだめて「いいじゃないの。ジェンママはお料理好きなんだし、その楽しみを奪わないようにしようよ」と少々の不満声をあげたドンにいいきかせた。
ドンが家族そろって食べるようにと料理したものはエクボちゃんも思いっきりイヤーな顔ながらちびちびと口に運び、口の中にたまると慌てて洗面場に向かうという状態である。
私が料理したものは好きなものは食べに来るし、嫌いなものだと食べなくても叱られないらしくて、そこは自由であるらしい。(食べる時間も夜中だったりで)

今の私は「皆がハッピーでいられれば、それぞれが他人に迷惑をかけないのであれば、それで良し。ただ自由に自己管理はしようよ」という気持ちなのだ。この考えにドンが全く賛成しているわけでもないが、気にしない、気にしない。私の残りの人生だってあとどれくらいなのかもわからないから、色々と気にしていたらキリないもの。ははは、、。

🌷🌹🌻🌼

10/12/2019

鬼婆姑記 修理終了とニャンコの立場

昨日の午前中でやっと天井穴と壁の修理工事が終了してやっとホッとしている。結局実費材料費やらが加えられた残高の3000ドルが支払えた。
来年春には家中のペンキ塗りを&したいとの要望を聞いた修理屋さんは「どうか、いつでも連絡して下さい。」と笑顔で言ってくれたのだが、ドンは吹上のある高い天井の居間&ダイニングエリアは自分では出来ないが台所とファミリールーム、書斎と階下の洗面場は自分でペンキを塗ると言っている。
若い時には数軒もの家の内外装ともに自分でやってのけた彼も、今の体力ではそれが出来るのかと不安であるが、当人は「大丈夫、部分的にゆっくりと時間をかけて休みながらやるので出来るよ」と豪語する。
今は週3のジム通いで5Kのランニングも出来るようになったのだからと自信満々の彼であるが、カーナーを乗せて自転車で敷地の公園に遊びに連れて行くのもガックリと疲れを見せているのでちょっと心配ではある。私と同年の彼である。私もカーナーをお風呂に入れたり、床一面の玩具をかたずけるのでさえ、大汗でクタクタになるものね。
それに、来春って、二人ともまだ元気でいられるものやら、、ね。
ジョニー家族にこの家を綺麗にして残してあげたいなどと、愁傷な思いがあるわけではない。
やはり、人生で一番長く住んだこの家をゴミ屋敷のような姿で去っていくのには忍び難いというところなのかもしれない。
もっとも、あの世に去ってしまったら、その後は残された家がどうなろうと海となれ、山となれなのにねェ。(と口では何時も言ってるのに)意識しているわけでもないけれど、やはり終活は大事かな。
🏠🏠🏠🏠

夕刻までカーナーが来なかったので、のんびりしていたニャントリオも「ハ~ィ。ハ~ィ。」の声に驚きながらキオニは不機嫌な声を上げだした。
『今日は来ないかと思ってたにゃ。なんだァ~~、ニャ~~ゥ!!』と自分からカーナーに注目が変わるのが面白くないようだ。
カーナーはキオニの不満声も面白く聞こえるのか「ニャ~ゥ、ニャ~ゥ。こっちにおいでよ~~」と逃げる姿を追いかけていく。笑
『騒々しい家の修理が終わったらしいのニャがリトルモンスターは相変わらず居るにゃ!』というのかニャントリオの思いらしい。

あのね、家修理作業とカーナー来宅にはなんの因果も繋がりもないのだよ。何かが始まって、終わりを繰り返したとしてもカーナーの存在をこの家から完全に消すことは不能なんだよ、ニャントリオや。🌷

😺😼🐱😿

10/11/2019

鬼婆姑記 人との繋がり

👆カーナーの昼寝中にわざとカーナーの
アルファベット遊び玩具の上に乗って
毛繕いをするキオニ。

まったくゥ~。今朝も早起きを強いられた。
本当に本当だろうね。今日が修理最終日って。

今朝がた3時過ぎにクリステーナがカーナーを迎えに来たので(車庫扉が開く音でそれが解ったわけだが)2晩続きで泊まらなかったけれど、また夕刻にはまたこちらに来るらしい。
昨夜カーナーをバスタブで体を洗いながら遊ばせたので、その疲れのせいか今朝の私の血圧が見事に上がってしまっていた。
また一回り大きくなってきた重い体を必死になって抱き上げてお風呂場からファミリールームに運んだのもまたヘルニアの臍が飛び出す始末で。
無理を承知で色々やってみるのも私のエクササイズ代わりになっているかと思いつつ、カーナーを抱いたまま転んでカーナーの頭を打ち付けるのだけは絶対にやってはならぬと自分に言い聞かせながら必死の助の私である。(絶対に無理と思っていたことが少しずつ出来るようになっているのが私の体力向上に繋がっているのかとも思うし)
ドンも色々協力してくれるので、このジジババは何とかやっていられるのかもしれない。
3人の孫達の日常を両親の愛情に触れる機会が少ない事に不満に思っていたわけだが、曾孫のカーナーは母親からの愛情はたっぷりと受けていることと察しているようだし、私達夫婦も世話役に一役かっているのが、父親と祖母構われなくと(達)から構われなくとも孫達の場合よりずっと良好な環境にあると思っている。

沢山の親族と一緒に暮らしていたエクボちゃんは今はママ一人だけが頼りなので、さぞかし心細いと思うと、私達も新家族として彼女には心からの愛情をもって生活することが大事な事だろうね。

今思うと、私の幼少時代は病弱な母の入退院でその殆どの時期を2,3の親類の家を行き来して育った私は周りの人々に可愛がられてきたはずで、別に虐められて育ったわけでもないのに性格的に少し曲がっているというか、人間嫌いで社交性に欠けているのはそのような生活環境のせいもあるのだろう。

と、修理作業員さんが「今日はベービーがいないのだね。静かだね。」と笑う。
そうなのよ。カーナーが寝ていたり、こちらに来ていない時は本当に静かだと感じるのよ。
それはニャントリオも同じく思っていることらしいのがはっきりわかる。笑
色々な物音が全部聞こえなくなる時がもうすぐやって来るやも、、だよね。

🌹🌴🌼🌞

10/09/2019

鬼婆姑記 ヌヌヌッ

今日はヨムキプルというユダヤ教の祝日で各学校はお休みだ。
こちらに来て数々のユダヤ教の祭日を体験しているが、無宗教の私には何の日なのかはよく解っていない。
エクボちゃんも今日の休校で早起きをしなくても良いので昨夜は自室で遅くまで何かをしていたようだ。
私も本来はまだまだ寝ていたかったのだが、今日も修理作業があるとかでドンに起こされてしまい、眠い目でドンが入れたコーヒーをすする。
昨日はクリニックの検診から戻ると、家の中は塗料の吹付で真っ白。
台所天井の10個もの穴が今では何もなかったかのように綺麗に元通りの天井姿になっていて修理作業は成功である。
一日数時間のみの作業なので、来たり、来なかったりの長期修理期間にイラっとさせられるが、結果オーライとしよう。
今急に連絡が入り、ユダヤ教の祝日なので今日の修理作業はお休みしたいとの事。
ヌヌッ、何で昨日の時点でそう云わヌッ。💢💢💢
作業は今週中に終わるのかッ?

🔧🔧🔧🔧

昨日の小雨の中をジェンママがエクボちゃんを傘をさしてスクールバスに送っていった際の姿が何時ものペラペラキャミソールの上にジャケットを羽織ったもので、雨で濡れ気味の下半身に衣類がペタっと張り付いた姿がちょっと人目にはマズイ感じ。ヌヌッ。
まァ、いいかッ。

やっと血圧が下がって来たのに、これではまた上がりかねないね。
深呼吸、深呼吸っと。

(# ゚Д゚)💨 (# ゚Д゚)💨

私達が検診に出かけている間にジョニー家族はエクボちゃんのハロウィン衣装を見立てに外出したのだとか。
沢山おやつも買ってもらったらしく、ご機嫌で帰宅した。
ジョニーが自分の家族に出費を始めてくれて、そこはメデタシ、メデタシである。(50にして、やっと自分の家族を養う気になったのは喜ばしい。3人の孫には私達ができる限りはやったもの。)
🎃🎃🎃🎃


10/08/2019

鬼婆姑記 エルフィー

修理工事が朝の7時から始まるというので、今朝も眠い目をこすりながらの6時起きとなり、7時15分のスクールバスで登校のエクボちゃんに「行ってらっしゃい」と挨拶を交わすこととなった。
今日はカーナーのシッターをしなくても良いクリスティーナの定休日である。
それと主治医の検診日でもある。

昨夜は午後6時半の早いカーナーのお迎えがあったので、リトルモンスター帰宅にキオニはご機嫌で私のシャッターチャンスをくれたわけであった。笑『オババニャに触られたいけれど、リトルモンスターに追い掛け回されるのは御免ニャ』との事。(そうキオニが言っとります😺)

朝からずっと雨降りの今日は外が暗くて家中の電気を付けたままの状態である。(雨降り日はどうしても心が暗く落ち込むし憂鬱になるねェ)
乙女時代だと「雨降りもロマンチックで、いいわァ~~」なんてこと抜かしていたのにね。加齢とともに色々な状態に反発心が沸き上がってきて、10代の反抗期にも類する老年反抗期に入るのだろうね。
優しくて素直で立派なオババになろうなんて気はどこかに吹っ飛んだようだよ。

そういえば、昨日のカーナーは私を呼ぶのにグランマというところを何故か「エルフィー!エルフィー!」と言ってたけれど、エルフィーって誰?ひょっとして転ばないようにバランスを取りながらノッシノッシと歩く私の姿がエレファント(ゾウ)の様に見えたのかな。グレーの肩にヒラヒラがついたブラウスが丁度私の体系と相まって、ゾウさんに見えたのかも。間違っても私をキティ!キティ!(猫ちゃん)とは呼ばないものね。いやいや、それもあったね。昨日のお昼寝から目覚めてプレイペンから出たいと、いつもは「グランマ!グランマ!」と呼ぶのに、昨日は何故か「キティ、キティ」だったもの。
私を動物に見立てて呼ぶと私が笑って喜ぶとでも思ったものか、、。でもゾウさんに見られるのはちょっとねェ。でもそう見えても仕方ないか。笑
明日のシッター時には今度は何と私を呼ぶのかな。やはりエルフィーか。
😨😅😓😝

10/07/2019

鬼婆姑記 また愚痴を。。


特別塗料噴射機であるコンプレッサーが壊れたそうで、今日も修理作業完了ならず。まったくいつまでかかるものか、ドンも残金支払いが伸びたなどと喜んでばかりいられなくなった。
早く終わらせてくれない事には2階読書ルームのクローゼット壁が終わらないで、箱や雑品がかたずけられないし、台所天井作業の為にうごかしているテーブルやコーヒーメーカーがカウンターにも戻せなくて、イヤになってしまう。モーっ💢😡
もっとも資金繰りの関係もあって家内全体の内装ペンキ塗りは来年になるだろうから、ま、いいかっ。

今朝も早くからカーナーがやってくる。
今週も2晩泊まりで、3日間は日中10時間毎なので私は本当にフルタイムプラス残業の勤務しているのと同じ状態だ。
クリスティーナは最近やっと少しは収入が増えたようで(手取り年間収入が5万ドルを超えたらしい)少しばかりは余裕が出来たらしいが、アパートの支払いがあるからそれでもやっと生活をしていける程度なのかもしれないから、生業でシッターをしている人を雇うと月額3000ドル支払いにもなるのでそれはとても無理な事である理由から私は相変わらず無給シッターである。それが余程の健康上の問題でもないかぎりはグランマやグレートグランマの役割として我慢と頑張りのしどころであるもの。
カーナーは父方、母方の両方のグランマにシッター拒否を受けてしまって、可愛そうなの。😢😿
父方のグランマは彼の実母ではなくて里親らしいので、血がつながっていないからと少しは慰めたとしても、母方のローズは自分の子供達と孫とのダブルリフューズだものね。😿😓
あらーっ、また同じ愚痴になったのね。
これで気持ちは少し軽くなったけど。笑
😺🐱😻😼

一昨日は歯痛で、昨夜は微熱が出たとかでエクボちゃんがきゃ~ん、シクシク、ヮァ~ん、と鳴き騒いで、ジョニーが慌てて薬を与えようと必死になっていたが今朝はケロリとしている。
ジョニーはまるで初めての育児の様に右往左往しているのが私の目には面白く写ってる。がばれッ、へへへ、、、。
何かあるごとに私が「ね、子供を育てるってことは大変なことなのよ」と一言いうものだから、いい加減ウンザリしているのかもね。ははは、、。
🌴⛆🌴🌞