11/16/2019

鬼婆姑記 気持ち良い気候の朝

今日11月16日はドンと私の結婚記念日である。
今年で51回目。ひェ~~、よくここまでやって来たものだ。
食事にでも出ようとドンは言うのだが、今日も夕刻にはカーナーがやって来るし、どこへも行きたくない気持ちが「一日普通に過ごしましょうよ」なんて言って断る。
その代わり(何の代わり?)この日に心に密かに誓ったことがある。
「これからの毎日を出来るだけニコニコ笑って送ろう」と、極当たり前な事を大層に考えたわけ。
心の奥深いところで暗い何かを持ち、ひねくれている性格の私が今まで無事に来れたのは、周りの人々の支えがあっての事なのだと芯(心)から信じている。(私は嘘つきなんかじゃない!と言い張る嘘つき性格)
何かを待ち続けてきたが特に何もなく、人生をその時その場でやり過ごしてきた私であるから、何の達成感も無いままの今日である。
幼少時代に何かあったのかと問われると、あったような、、なかったような、、。普通。
何だろう。自分に言い訳ばかりしてきた人生のように思えるのだ。私だから良きパートナーとしてこれまでやってこられたのだという自負感と同じ位に、私でなくともドンは誰彼構わずに長く一緒にやってこれたのに違いないという気持ちもあって、それも当然の思いとして共存しているのが面白い。
ともかく、ハッピーアニバーサリーである。😜
💕💕💕💕

今日は外気が摂氏21度と低く、気持ちの良い風が吹いている。
蒸し暑さに慣れているフロレディアン達はこの天候が寒いと言って長袖に着替えたりしている。
久しぶりに家中の窓を開け放ち、エアコンを切っている。
また明日から少し蒸し暑さが戻るとの気象情報である。
🌴🌴🌴🌴

11/14/2019

鬼婆姑記 アイスクリームで冷戦は起こらない

今朝は昨夜から続いている小雨で外気の温度がかなり落ちているようだ。これで蒸し蒸しさえしていなければ、よい気候なのだろうが。

昨日はシッターも無かったので、ジェンママとドンに連れられて久しぶりのグロサリーショッピングに出かけた。
そうそう、ジェンママがジョニーに頼まれてアレコレ買おうとして、ワインクーラーの箱積めまでは良かったが、ショッピングが終わろうとしていた時にジェンママが「あ、ジョニーがチョコレートアイスクリームを買って来てと言ってました」と云ったとたん、「ジョニーがアイスクリームを食べたいのなら、自分で買うように伝えなさい」とドンが言い放った。
私達夫婦二人合わせた退職金の倍もの収入があるのだから、自分の欲しいものは自分で買いなさいと。
今まで日常生活品や食品は、全て私達が買い物に出て購入していたのだが、ここに来てドンが憤懣を口にしたわけだが、事情を知らないジェンママはきっとびっくり驚いたかもしれない。
彼の定休日にはジェンママを連れて化粧品や洋服を買ってあげているし、アマゾン通販の常連客でもあるジョニーなので、飲食も自分で賄ってくれると楽なのだがと私も考えていたところだがドンが急にジェンママに云ったのが少し私もジェンママの気持ちを思って可哀想な気がした。(彼女は言われたままの事を口にしただけなのでね)
でも、帰宅してドンの言葉を伝えたらしいジョニーは「親父ってそうなんだよね時々。母さんも親父が最近は直ぐに切れるので困るといってた。」とでも説明したらしく食後にはパテオに出てドンを囲んで何か楽しそうに話していたから、別に何てことなかったのだろう。冷戦勃発かななんて思っていた私だったのだが心配し過ぎの私のことだったが、何も起こらないようだ。

午前中にジェンママがテキサス州に在住のクラスメートと電話でお喋りをしていたのだがフィリピン語で話していて、内容は解らなかったけれど、声音からは何か相談していたような暗い感じでヒソヒソと話していた。「姑は健康を害しているらしくて薬漬けのような状態でね、すっごく暗い人なの」とでも言っていたのだろうか。苦笑😓

今日夕刻に2日間を充分にママと遊ぶことが出来たカーナーがやって来る。ご機嫌でやって来てくれると良いのだが。
😜😜😜😜

私もここまで生きながらえてきたのだから、あまり自分の生活に於いてつまらない想像はしまいとしてもこの性格が性格なのでね。😓😓


11/13/2019

鬼婆姑記 末孫Daivid

今朝はすっきり秋の青空っぽい感じが明るい。
ファミリールームの片隅から眺める景色に何時も癒されている。
特に夕刻の椰子並木の辺りは黒い影の椰子の木々が灰色とか、薄紫とかピンク空やらの背景が美しくて見とれてしまう。
今頃の日本は紅葉が美しいのだろうなとか、北国では雪も降る季節なのだろうとか、故郷に気持ちを馳せるオババでござい。
🌴🌴🌴🌴


👆昨日のフェイスブックで末孫ディビッドのユニクロ米国社、フロリダオーランド市内のフロリダモール店のグランドオープニングの様子が載せられていた。
22才の彼もいよいよ支店長に昇格して満足げである。(画像では彼が自分のトレードマークにした前髪の金髪がカツラを被ってるかのようにちょっとヘンテコリンにみえるけれどね。笑)
公園建設事業に関心があった彼がアパレル業界で活躍しようなどと考えたことも無かったが、これはこれで善いのだろう。
ディヴィッドよ、頑張ってよッ!
😘😘😘😘

食事の摂取と排便の様子などでニャントリオの健康を伺っている私であるが、なにせ3匹なのでどのニャンコの具合が悪いのか戸惑い気味になる。多分イカイカが一番毛玉を吐くのでイカイカなのか又は虫などを追っかけまわすキオニなのか、拾って何かを食べたりするアシュリーなのか、最近誰かがお腹の調子が悪いようだ。
床掃除の化学薬品は幼児や動物に害の無いものを使っているつもりだが、先日からどうも調子が悪いニャンコがいるようだ。
もう少し注意深く様子を見るのが必要がある。

🐱😿🙀😸

11/11/2019

鬼婆姑記 またの┐(´д`)┌ヤレヤレ

にゃにゃッ、どうやったらこんな事ができるんだ?
と、今朝は少し驚いた。ニャントリオが例によって暴れただろう事は察しられたが、どのような暴れ方で、深めの大型猫砂箱をひっくり返せたのだろう。
砂やゥXXがド派手に散らかって、目も当てられない。┐(´д`)┌ヤレヤレ
3匹の暴れん坊とはいえ、こんな状態は初めて。
しかし、、ニャントリオは元気なんだねェ。
イカイカがビリヤード台の下で大きな毛玉をはいていたし、、。
もう、思いっ切り┐(´д`)┌ヤレヤレだね。
でもね、私がその処理に大汗をかいていると、3匹が恐る恐る私を注目しているの。悪い事をしたなとは解っているらしい。苦笑
一晩を過ごしたカーナーは昨日の夕刻に自宅へ帰って行ったので、昨夜はぐっすりと自分のベッドで寝たので気分は上々であ~ァとは思ったけれど、処理作業が左程辛くは無かった。
今日はクリスティーナが日中勤務なので、もう間もなくカーナーを連れてくる頃だろうが、夕刻には迎えに来るという。
明日、明後日は勤務休みらしく、シッターは必要ないらしい。
私もドクター検診日である。

先ほどジョニーが勤務から戻って云うには、1月に連休があるのでジェンママをハワイへハネムーンに連れて行きたいと。ついてはその2,3日間をエクボちゃんの生活を見てくれないだろうかとの事。
ハネムーンであろうがなかろうが、家族を一連托生で引き受けたからにはエクボちゃんも一緒に連れていくべきだと私は思うけどねェ。
世話をするのは簡単なことかもしれないけれどね、エクボちゃんもハワイの友人達に合わせてあげられる方が好ましいのでは。そう説明すると「そうだね。考え直してみようかな」とジョニー。
ジェンママはローズママとは子供に対する思いが少し違う性格のようだから、きっと子供と一緒にハワイへ行ける方が良いと考えるだろうと思うのだが、どうかな。
昨日は少し温度が下がったのだが、今日はまた何時ものように蒸し暑い。それでも確実に年末がやって来ているのが解る。
何処もここも感謝祭やクリスマスのセールで大忙しになってきているもの。
感謝祭にはシャーンとテレサがデナーに来るけれど、我が家は満杯の感があるので、クリスティーナの所に泊まるのだとか。
毎年欠かさずにデナーに参加していたローズは今年はどうするのかな、来るのかどうか。
🦃🍴🦃🍴

11/10/2019

鬼婆姑記 季節感

1昨日午前1時半頃にクリスティーナが勤務終了後にカーナーを迎えにやって来て、書斎ベッドから2階の自室ベッドに横になり少しウトウトとした頃、ニャガーォ、ギャオーンとニャントリオの騒ぎで目覚めるとどうやらニャントリオが大人げなく喧嘩をしているらしい。
あまり長い事(といっても10分程だが、夜中の10分は長~いノダ)ニャギャ~~と大騒ぎしているので、重い体をヤッコらと起こして階下に様子を見に行くと、キオニとイカイカがツルンデ小さなアシュリーに喧嘩を吹っかけていた。
居間の窓枠の所で3つの黒い影は2つのデカイ影がアシュリーに猫パンチをくらわしてアシュリーがフㇶ―ッと短い毛を逆立てていた。
「何なのよッ!静かにしなさいッ!!兄妹喧嘩もいい加減にしなさいッ!!!」と私は階段を降りて行って、それぞれに注告。
ちょっと前まではキオニとアシュリーが仲良くしていたのが、その時はイカイカとキオニの雄同士で雌のアシュリーに嫌がらせをしている恰好である。
小柄でもなかなか気の強いアシュリーである、朝にはイカイカの首輪がはずれて失っていたのはアシュリーに強烈な猫パンチを食らったのかもしれない。
今日現在は3匹とも何もなかったかのように振舞っていて、近所のサイミーズ猫ちゃんがパテオの外に現れた時は3匹で仲良く見に行って、アシュリーがキオニに何やら囁いていた。(『またあのニャンが来たにゃ~~』と言っていたのだろう)

😼🐱😿😸

このごろエクボちゃんのジェンママに対する態度が私にはちょっと不思議な感じである。
以前にはオドオドしっぱなしだった彼女も今では自分が可愛がられているのに慣れてきたものか、ジェンママには大声で反発したり、自分勝手な行動を押し通したりするようになった。
子供を大事に思う私達の気持ちを知った上でのママへの反抗か、カーナーが2才児独特のお山の大将ごときの行動がママに「エクボは私の赤ちゃんだよ」と言われて、そうか、カーナーのように喚いても許されるはずなのだという気にさせているようでもある。
それで時々階下の私達に聞こえるように大声でママに「私はこれが嫌いだって言ったでしょうっ。」と叫んだりしているのである。
ドンが「この頃クレイシャンがよく泣き叫んだりするなァ」と云うのだが、私は「それだけ、この家に慣れたという事でしょうから、黙ってましょうよ」と応えておく。
今も何やら泣き叫んでいる。何なのかなァ。やっぱりママに甘えたいのだろうねェ。
🌷🌷🌷🌷

今日は久しぶりに摂氏27度と過ごしやすい。
これからは徐々に冬気候になっていくのかもしれない。
クリスマスはやはり寒い方が雰囲気的に季節感があっていいもの。
ニャン達の毛もフサフサに冬型になるしね。

🎄🎄🎄🎄



11/08/2019

鬼婆姑記 ニャンコ達と私


👆今日のフェイスブックに載せられていたサイモンズキャットのストーリーがまるでウチのキオニばりにヤンチャなので、面白かった。
ウチのキオニはこの悪戯好きなサイモンのニャンコほどでないとしても、とても似たような悪戯を私に仕掛けてくることがある。
先日も吸入器をかけて座っていた私の背後から急に私の頭に抱き付き髪の毛を齧ってじゃれたりした。
キチンテーブルで吸入器を朝夕使っているので、その時が私の気を引くのに一番適していると勘違いをしているらしい。
👈今朝は珍しくイカイカとキオニがプレイタワーで遊んでいた。
私が側に行くと私の頭をチョイチョイと触ったりしてふざけ遊んでいた。(画像ではあまり解らないと思うが、イカイカが窓枠に片足を前に出してパテオを眺めている所である。)中部のポールはキオニの爪とぎで今はボロボロになっていて最近はアシュリーが上部の見えているところのポールで爪とぎをしている。イカイカは、もっぱら叱られながらも毎日壁や扉や家具で爪とぎをする。

今日のエクボちゃんの下校時には既にカーナーがやってきて騒いでいたので、私と少しの会話を楽しみたいと思っていたらしいエクボちゃんはがっがりして不満顔で2階の自室に直行した。
最近どういうわけかエクボちゃんが私に懐いてくるのは一番臆病者のイカイカがエクボちゃんと仲良しになったのが一番の要素なのかもしれない。
昨日もエクボちゃんの側で彼女の宿題する姿をイカイカは見守っていたようだ。👉
エクボちゃんとはかなり親しくなってきたニャントリオだが、アシュリーが時折カーナーにスリスリしてきてカーナーを喜ばせるくらいで、イカイカとキオニは『リトルモンスターとの交友はお断りニャ』といったところである。

多くの愛らしいニャンコがいる中、ウチのニャントリオはサイモンズキャットを思わせるのである。(これは誉め言葉では無い。😓)
ま、私自身にはいつも彼等が天使ニャンコと思って付き合っているわけだが。😍
😼🐱😸🐈



11/05/2019

鬼婆姑記 ネンネタイム

週3のジム通いを欠かさないドンは帰宅時にスーパーへ寄って日常雑貨品の不足を補ってくれるのだが、昨日は珍しくジム体操中の彼から電話が入り「お爺さんですよねクレイシャンの。(エクボちゃんの名前)ご両親に連絡を入れたのですがどちらも伝言不可の状態ですので、そちらに連絡を入れさせていただきました。今朝の自由時間で外庭で遊んでいたクレイシャンがどうも体調が悪いらしく吐いてしまいました。早い時間にお迎えに来て欲しいのですが。」と小学校から連絡を受けたのだそうだ。
ジェンママもジョニーも家に居る時間であり、何故か電話拒否のプログラムにして寝ていたに違いない。
直ぐに事情を話して学校にエクボちゃんを迎えに行くように伝えた。
家から小学校までは車で15分位の距離である。
あわてて迎えに行った両親に連れられて直ぐに帰宅したエクボちゃんであったが、ニコニコ笑っていて、ちっとも具合が悪くなさそで私の顔を見て更に笑顔になった。
ジェンママは「ちょっと吐いただけで、別に異常では無いのです」と云う。え?ちょっと吐いただけですって、そんなことが普通だと思っているのか、私には少々解せない。(特に、栄養バランスが取れていない小柄な子供だし)
午前中だけで下校できたエクボちゃんはルンルンでパジャマに着替えて部屋でスキップしている。フ~ㇺ。😷
夕刻には珍しく「ラザニャが好きなの。もう出来た?」と夕食を催促してきた。
😯😮😯😮



👈は昨日フェイスブックに載っていた変わり目のニャンチャン。
片目ずつ違った色の目をしたニャンチャンは知っていたけれど、両目が半々に青と金色に分かれているニャンチャンって珍しいよね。
ま、ニャンコはどんな目の色でも可愛い事には変わりが無いのが解るけれどね。



今日と明日はカーナーが来ない日とあって、ニャントリオも私も少しゆっくりしている。
昨夜は何故かイカイカがミィーミィーと暫くの間鳴いて私が様子を伺いに寝室から出ると走り寄って来た。その物音で階下ではキオニがニャ~ゥニャ~ゥと騒ぎだした。
イカイカは夜中に目覚めて余りにもの静けさに寂しくて泣いていたようである。キオニは『だ~れニャ~、煩くしているのは』との文句つけのようであった。
何時もはアシュリーがイカイカのように、私を起こそうとして騒ぐのだが、アシュリーはどこかでぐっすりと寝ていたようである。
毎回カーナーがネンネタイムをゴネて騒ぐようにその真似をして私の気を引こうとしてもダメなんだョっ。
みんな、静かに寝ようよ。

😻😼🐱😸