8/03/2005

壁紙どうしようかナ~。




お部屋割り当て変えました。
他の寝室とはほんの少し大きめの部屋を2人のボーイズが使っていたのをティーンとなってなにやら生活常用品(需要品でなくて)が多くなりつつあるクリスティーナに当て、デイビッドがその彼女の部屋へ、そしてシャーンは私達寝室の続き部屋に建築時に特別料金を支払って壁を取り払ったのにまた壁を造り入れる予定で今はルームデバイダーで仕切って彼の部屋としました。

それで数年前に私が張った壁紙ボーダーがそれぞれの趣味にそぐわなくなった今クリステーナは自分で部屋の色をブルーだかクリームグリーンだかにペンキ塗り変えしたいというのでこの週末にでもペンキを買いに一緒に行ってやる約束したのですが、問題は私が貼ったボーダーが巧く剥がれてくれないらしい。(写真左がミッキーマウス・スポーツスターのボーダー)
デビッドも「プレシャスメモリーの天使のボーダーも剥がし取ってよね。」と言うし。
貼ったときはあっという間にできたと自慢げだった私も今はまた他のを張り替えるのは面倒だな~なんて思っています。う~ン、どうしようかしら。

今日はどういうわけかいつものお菓子を食べるのではなくポテトが食べたいとクリスティーナがお姉さん風を吹かせてボーイズにチーズポテトをつくりました。
写真は近所マーケット・ウィンドデキシーのセールで買ったチーズの宣伝写真のみたいにチーズの袋を抱えポテトが焼きあがるのを待っている3人です。
唯単にポテトをマクロウェーブオーブンで焼いてチーズとバターで食べるだけのものなのに彼女が「これで大学生になったら一人で暮らす時に出来る料理のレパートリーが増えた」と言うのには笑ってしまいました。


* **「風が見える時」ブログ更新しています。http://windofflorida.blogspot.com/
*  短編手記を読む感覚でお気軽にお立ち寄り下さい。尚、コメント欄記入も可能になっておりますのでご意見やご要望を頂けると幸いです。

12 件のコメント:

gurefuru8 さんのコメント...

私もはじめの頃は、目玉焼きに全力を出し切ってましたので。チーズ&ポテトでは立派なクッキングですよ。

模様替えがダイナミックに行われるのですねー。

チョコ さんのコメント...

タイトルからパソコンの壁紙と思い込みましたが、お家のだったのですね。
成長にともなって部屋割りシャッフルみたいなことをされるのですね。
ペンキや壁紙…テレビのマイホームドラマみたいです。
日本じゃあまりそういうことを楽しまないので拝見してるだけでアメリカを感じます。

mico さんのコメント...

クリスティーナのお姉さん風~
微笑ましく感じました
お部屋の改装は大変でしょうが
出来上がったときの喜びが待っていますね、
お疲れが出ないように、頑張ってくださ~い

kazuyoo60 さんのコメント...

壁紙やペンキはご家族でなさるのが普通なんですね。アメリカのテレビ番組で度々見ますので。それにしても、まだこんなに綺麗なのにと思ってしまいます。それぞれに個室を欲しがられる、それでお部屋の模様替えですか。思っただけでも大変そうですがお孫さん達は楽しいんでしょうね。
クリスティーナちゃん、レパートリー1つ増えましたよ。これからも、沢山教わってくださいね。

kazuyoo60 さんのコメント...

「風が見える時」のコメントをこちらへさせて頂きます。
お母様の聡明なところを引き継がれたのですね。それにしても蔵書が沢山あるから養女になるのを承知なさったとは、よほど、学問がお好きだったのですね。
黒人の女性って、風と共に去りぬの乳母さんみたいな方を想像してしまいます。若い男性には年上の女性は怖い存在なのですか。ちょっと面白いような、可哀想なような--。
東洋人は年齢不詳ですか。フロリダの風様がお綺麗ですからでしょうね。きっとそうですよ。
ジョークやユーモアは日本の社会よりも、洗練されていてとても重要視されていると聞いています。可哀想にオサハンさんはそれが分からないのは当然ですのに、いたずらな人ですね。段々慣れてきて、ふるさとの良さが無くなってくるのは、ちょっと寂しいと思いました。
ほんとに綺麗なお話です。

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

私もボチボチ部屋の衣替えをしなくちゃ!!
ポテト大好きですよ~~♪
日本では、なかなか手に入りませんがグレービーソースをたっぷりかけて食べるのが大好きです!!

フロリダの風 さんのコメント...

<Gurefuru8様>クリステーナがグレフルさんのような料理人として腕を上げる日はいつの事になりますやらね。期待して待つノン料理人の私です。
家の改造や模様替えはこちらでは生活日常に行われています。
それだけ家の造りもしっかりしていないのかも。それと家を買い変えるのも頻繁ですからそれに伴う直しや手入れも必要となるわけです。
我が家もまだまだ手直ししたいところですが資金不足で、、。

<チョコ様>家の外装は本職を雇わなければ無理ですが家の中は自分達でやります。
数年前までは暇さえあれば家具を動かしたり装飾テーマを変えて部屋の使い方も変えたりとしたものでしたが最近は寄る年も加えそのエネルギーが無くなってきています。

<Mico様>若い彼女は今張り切っているようですが、その手伝い後始末考える私はちょっと尻込みがちです。(本当は私がやる方が早いのでしょうが。)
彼女の親友も自分の部屋をトータルデザインして自分でやったのでどうしても自分でやりたいそうです。それと最近では私のセンスが気にいらない。(笑)

<Kazuyoo60様>早速サイトを読んでいただけたのですね。コメントありがとうございます。長年の自分の感覚思考に麻痺しているところがありますのでこのように他の方からのコメントでまた新しい何かを教えて頂ける歓びを感じております。
本当にありがとうございました。

<しのぶっち様>お部屋の衣替えは無理のないようにネ。ベービーがビックリしない程度に。
え、品の豊富な日本でグレービーソースが手に入り難いのですか?
パウダー袋で良かったら送って上げましょうか?宜しければメールにてアドレス知らせて下さいませネ。

多摩 さんのコメント...

Dear Florida-sann

First of all, I wish to express my sincere gratitude for your kindness. I understand that Kristina takes care of your grand son nicely as elder sister.

I sincerely hope that your grandsons will help you some day in
some place.

フロリダの風 さんのコメント...

<Mr. Tama>Yes, they are my little helpers.
Boys just went to store tagging along with me and help carrying those items I bought there back home to my pantry.
Sometimes I have to beg them to help, but usually they are good to me.

michiko さんのコメント...

クリスティーナさんがとてもお姉さんに
見えます^^仲良しですね~♪
ペンキ塗りはこちらではめったに
やりません。
庭の椅子を塗り替えるくらいでしょうか^^
壁紙も貼ったことはないですにゃ~
昨日は一番蒸し暑い一日でグッタリ・・
道産子は暑さに弱いですね。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>幼少時代もこのような暑い日々があったのでしょうか。
子供の事とて元気であまり覚えがないのかもしれませんがアツ~ィと云っては旋風機の前でブイ~んとやったらそれで結構暑さをしのげていた様な気がしますが、、、。
それとも異常気象になりつつあるこの時代はあの時とは事情が違うのかもしれません。
Michikoさんにお聞きしたかったのですけれど、、暑い日に陶器の焼き物をするのと、寒い時とは作品の出来にどのように影響を及ぼす物なのでしょうか。
(チーコちゃんの可愛さにはちっとも影響はみえませんね~。)

michiko さんのコメント...

私たちのグループは週に1度の陶芸です。
作りかけの作品は乾かないようにビニールで
密封して次週まで置くのだけど、冬はそれが
しばれることもあります(笑)
戻るとヒビが入ることも^^
夏は早く乾燥して良いのですが、同じ教室内
に窯があるので焼成中はあちち~ぃな気温!
どちらもたまりましぇん><
春・秋が最高ですね
出来具合は腕の良し悪しが大事なので
ほにゃらら~~~ら さっぱりざます。
今日は室温で33度!エアコンが無いから
一日扇風機が活躍しました^^