8/11/2005

面白かった本&ハリウッドのセミノール


先月の旅の機中で読んだ本です。
「女の底力、捨てたもんじゃない」(岸本葉子)と「骨は身分で拾えない」(斉藤思茂太)。両方ともとても面白かった。
為になるとか勉強になるとかそういった感じではなく、唯々「面白かった」と書いておきます。
前者は怪傑女史作家であった佐藤愛子先生の著書に似た快い毒舌もあったりで「そう、そう。同感」とニンマリするところが沢山ありました。
後者は私は精神科、心理学などにとても興味があるのでこの精神科医である著書は大いなる期待と興味で夢中でページを繰りました。
あ~ァ、オモシロカッタ~。

先日お友達からセミノールインデアンのビーズ刺繍の施したペンを頂きました。
セミノールインデアンはフロリダを本拠地とするアメリカンインデアンで我が家から東部約30キロの地にあるレザベーションは一国をなしており独自の治安政治を米国政府下の下で施行しています。
セミノールインデアンのビンゴセンター、スモークショップ(タバコや葉巻が免税で売られている)カジノは大勢の人達の集まる所で、一昨年には日本でもお馴染みナイトクラブ・ハードロックカフェをフロリダのハリウッドにオープンし、それらの利益で独自の行政を行っているものです。
http://www.seminolehardrock.com/

ハリウッドと聞けば先ずカリフォルニアの映画とスターを思う方が殆どと思われますが、こちらフロリダのハリウッドは地元人間もとより沢山の観光旅行者が海水浴をしたりビーチカフェでの気軽なランチや飲み物を取る憩いの場が並び、ずっと地続きの海岸沿いに立つと遠くヤシの木の合間には右手にマイアミ、左手には豪華船舶の寄航地フォートローダデール港が見渡せます。

この地にセミノールインデアンが住み着いていたのはこの温暖な気候と多くの食料に恵まれていたからなのでしょう。


知らせ -先日こちらのブログから削除しました「いい話し 心の買い物籠」は”風が見える時”ブログに更新いたしました。 皆様のご愛読宜しくお願い致したくここにお知らせいたします。http://windofflorida.blogspot.com/

10 件のコメント:

gurefuru8 さんのコメント...

フロリダと聞けば、やたらと青い海と空、白い帆のヨット、みたいなリゾートを想像します。
 そこにネイティブな人たちがをリゾートを売り物にした施設をやっているんですね。英語だからよくわかりませんでしたけど。(汗

昨日、アメリカ人のSさんに、
「フロリダって、夏休みが短くなったらしーよ」
といったら、びっくりしてました。
Sさんはミネソタの人です。

kazuyoo60 さんのコメント...

フロリダのハリウッドですか。セミノールインディアンの人たちは、別に自治区をお作りですが、普段の生活では別段地域の人たちと一緒なのでしょ。
あの営業利益で行政をしているとか、勝手に想像しました。頁の翻訳機能で概要は分かります。(笑い)
”風が見える時”、ますます充実ですね。

michiko さんのコメント...

女の底力はすごいですよ~~
今までさめざめと泣いていても
ムクッと立ち上がって食事を作るのが
女だもの(笑)
男はチカラはあるけれど、精神的には
もろいよね。
?私の周りに力強い男性がいなかった
だけかな(爆)

チョコ さんのコメント...

本も読まれているなんて フロリダの風さん は時間作りの名人ですね。
私は最近、とんと本を読みません。
異常に目が痛くなるってこともあるようですが。(焦点距離あわせに疲れるようです)

「セミノール」はオレンジを連想しました。
それくらいしか知識がありません。
ビーズ刺繍の施したペンてすごいですね。
私なら もったいなくて飾るだけになっちゃいそうです。
4本ともまったく違う模様です。
昔ながらのこの種族独特のパターンがあるのか?はたまた新しいアイデアからなのかステキです。

匿名 さんのコメント...

こんばんは!
ダンさんは、すごく器用なんですね。家まで改築してしまうなんて、、。富山も公共の交通機関が便利ではない土地なので、ほぼ車は一人一台の土地柄です。どこに行くのにも車。もう少し、年をとって、車に乗れなくなったら、どうしようか?と、思ってしまいます。自然の多いところは良いのですが、実際に生活することを考えると、年をとってからは、都会のほうがいいかなと思ったりします。

ももたうん さんのコメント...

↑のコメント ネームを入れるの忘れました。失礼しました。
ももたううん でした。

ももたうん さんのコメント...

ごめんなさい。大切な人の名前を間違えてしまいましたね。本当に失礼ばかりで、はずかしい私です。

mico さんのコメント...

いつも有難うございます
4時ごろ帰宅しました
子供たちは元気そのもの
夕食後花火を楽しみ10時にようやく
就寝、猫もほっと一息伸び伸びしています、近況報告まで。

フロリダの風 さんのコメント...

<Grefuru8様>フロリダは米国最古の街(セント・オーガスティンと云う街です)でこのネィティブ達が米国に最初の都を築いた地です。
昨夜小5のシャーンのオープンハウスで学校に行ったのですが、朝8時半~12時半までは休憩時間も無い授業が為されているいて、(其の後の昼食時間も30分ですし)全米平均成績アップの汚名返上に大変のようですよ。
もっとも午後が1時間しか授業がなくて2時半には帰宅時の宿題1時間必修家庭授業となります。(それで親達も大変なのデス、ハイ)

<Kazuyoo60様>アメリカ・インデアンはどの種族も米国政府統治下で独自の治安行政を行っていて各レザベーション地が一国をなしているわけで、私にはちょっと解らない内状でもあります。
北海道でのアイヌ村と同じ感じなのでしょう。
「風が見える時」ブログは私の記載に一貫性がなくどれも前後してのものなので面白みにも欠け、あまり魅力あるものとなっていませんが一応の投稿記録にはいいかしらンなどと自分に云いきかせております。
お眼を通していただけた事に感謝致します。

<Michiko様>明るいMichikoさんのブログからも底力の強そうなエネルギーが感ぜられますよ~。なんてったてくるみちゃん、拓海君そして、そしてチーコちゃんがいる。力をくれる源のようなネ。

<チョコ様>いえいえ、時間造り下手ですよ私。こちらをやればあちらがオロソカといった手抜き家事で切り抜けています。(笑)
セミノールという種類のオレンジがあるのですか?あ、それフロリダオレンジの事かしら。サンキストはカリフォルニアオレンジの商品名ですけれど。
インデアンビーズはどの種族もそれぞれに独特のデザインがあるようで、お土産品ではなく芸術品として売買されているものだとものすごい高額です。

<ももたうん様>そうですね。私個人の理想の住居土地条件は「大きな街がすぐ側にある静かな田舎暮らしができる温暖な所」です。
ここはそれに近い条件地ですが日本の街に比べるとすごい田舎然としていますしハワイのような快適気候とはまたちょっと違う。
でも色々粗探しするときりが無いですからここらで、ま、いいかって、そういったところです。

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>おかえりなさい。
楽しい旅で良かった~。
またブログにて事後談など伺うのが楽しみです。
ミーコちゃん達は顔はクールを装っても「寂しかったョ~、もうどこにもいかないで~」でしたでしょうね。