8/14/2005

脳に老化はないノダソウデス


先日読んだ事を記した本「骨は自分で拾えない」(精神科医 斉藤茂太著)のなかに書かれていた文章が頭にひっかかっていたので、今日またその部分を読み返してみました。

>ひと頃、脳生理学関係の本や雑誌の記事によって、「20歳を過ぎると脳の神経細胞はまいにち10万個以上が死ぬ」と喧伝されたことがある。
これは、若者と高齢者の脳の重さを比べ、その差を日数で割ったことから出された数字だが、そのため、年をとれば脳が衰え、ぼけて当然という誤解が生じた

たとえ脳の神経細胞は死滅しても、脳をつかっているかぎりシナプスは増え続ける。その限りにおいて脳に老化はなく、、、中略、、、神経細胞数そのものが、天文学的数字であることはたしかなことである。


だそうですよ。皆さん。
老化による細胞死滅による体調の衰えは脳自体の老化では無いとの見解です。
曰く脳細胞は体力が萎えるまで幾らでも訓練で増加するのですって。
病原菌などで脳事態に異常が起きた場合は別として、普通に体が老化して健康を損ねていく中でも脳の細胞は破損するより増加し得るというのです。
唯、著者によると趣味を増やそうと努力するのも精神のストレスでマイナスになる事が多いらしく、事はほどほどに、毎日をゆったりボーっとしていてもいいのですって。(これは私も得意の分野かも。)
思考するという脳の育成活性化、シナプスの増加訓練は大事な事ですから思考訓練は怠らず、毎日をあれやこれやと試行錯誤でも考える事は大事な事なのだと知りました。
皆さん、毎日の暮らしには色々ありますが、生活は怒らず、焦らず、急がず、ゆったり行きましょうね。ゆったりと。 (これは、今自分に言い聞かせたところデス。)




12 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

何事もほどほど、怠け者の私には有り難いです。脳細胞は天文学的数字で、多少壊れ続けても大丈夫だとは聞きました。そしてシナプスが連結され続ければ、恐れる必要はないのですね。
なのに、この忘れ上手は??--、今に始まったことではないですが、なかなか目的のが思い出せないのです。

チョコ さんのコメント...

>生活は怒らず、焦らず、急がず、ゆったり

こころがけなくとも だんだんそんな感じの生活になってきました。
でも、最初の怒らずだけはあいかわらず
努力が必要かもしれません。

gurefuru8 さんのコメント...

ストレスが良くない、でも訓練は必要ってことは、好きなことを一生懸命やるってのが一番良さそうですね。
まずは楽しむという姿勢を忘れたくはないものです。

michiko さんのコメント...

脳に老化はないの~~~~?
前から固有名詞が出てこないのですが
(あれ それ あれよ~)
最近は形容詞も危うい。
きっとこれは老化に違いないと思ってました。
動詞が出なくなると危ないって聞いたよ^^

この夢のような海の写真はフロリダさんが
撮ったのですか?

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

脳の細胞!
今、痴呆症なんて不思議な病気もありますが私たち家族も母方が痴呆症です。
ホントに難しい病気ですが家族みんなで焦らずゆっくりと立ち向かって行こうと思います。

チョコ さんのコメント...

写真、とってもステキです。
海から空へブルーのグラデーション。
雲の白もアクセントに。
ヤシ軒も影もアクセントになっています。

mico さんのコメント...

脳に老化は無い、それを知って安心しました
でもこの物忘れのひどさは?
まあいいかのんびりゆったり過ごす事に
しましょう

コバルトブルーの海、吸い込まれそうです
綺麗に撮れてますね

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>私も凄い忘れ物をするのです。父やその父(私の祖父)も痴呆症でしたので心配だった事もあり、こういった本で自分を納得しようとしているのですョ。
でも、それは遺伝的な脳細胞構造の為らしくてやはり訓練で防ぐ事が出来うる病気のようなものらしいです。
脳のリハビリ始めるのはちょっと遅いのかナ~、私。

<チョコ様>私はホルモンアンバランスのせいか時に躁鬱症ぎみになるんですョ。
最近は芸術思考人間(夢見がち、現実性から少々外れたところがある人を指して)にありがちな事だから、いいかって、勝手に思うことにしました。
でも付き合わせる家族にとっては迷惑極まりない私のムーデーなのをストレスを掛けないで温暖な人間形成造りにはブログ交信がとても役にたっています。
皆さん、ありがとう。

<Gurefuru8様>そうですね。楽しむ心、人や物を思う心ですね。
これらは一生生涯の宝になりますもンね。

<Michiko様>名詞に始まって、形容詞になって、それからが問題の動詞の健忘なのですね。ウ~ん、解りますね~それって。
私は動詞に入りそうな所で危うくブログの皆さんに助けて頂いているのかも。

あ、この写真ね、ズルなの。自分で撮ったのがまずかったから。(それでこんな綺麗なのが載ってたのか~と納得でしょう?)

<しのぶっち様>おかえりなさい。鹿児島のお話し楽しみにしています。
私の父もアルツハイマー老人痴呆症だったのですよ。他界前役一年の自宅ホスピス介護でちょっぴり疲れた私でした。
で、私も遺伝で同じ状態になるのかな~と深刻に思う時があったりで。
この年でまだ3人の子持ち(孫ですけど)ですから心配したりしてね。

<Mico様>でしょう?脳の細胞自体には老化はないのだから後は自分の訓練次第で体力がもてるその時までシナプスを利用すればいいのだ、と解っただけでも良かったかなと。
その意味でも皆さんの楽しいお話や考えを知るのは私の脳活性化に繋がるのです。
Micoさんの家族旅行のお話なんかも楽しかったナ~と考えたり、ネ。

ももたうん さんのコメント...

いつも、書き込みありがとうございます。私のブログの詩をを書いていただき、とっても感動しました。ほんと、うれしかったですよ!
「500人に一人の心臓」読ませてもらいました。フロリダの風さん、いろいろな山や谷を乗り越えてここまでがんばってこられたんですね。まだまだ、自分は甘いのだと思ったりしました。人生、遠い海の向こうでもいろいろあるのだとつくずく思いました。
車の、ナンバープレートも、好きなように付けられるのがあったら、自己主張ができて、楽しいだろうと思います。そして、賛同する団体に寄付ができるというのも、良いアイデアですね。
今、日本では脳の活性化に、簡単な計算問題(小学生低学年程度)練習や、声に出して文章を読むと良いというので、お年寄りにちょっとしたブームになっています。確かに、声を出すと言うのは、だいじなことかもしれませんね。近頃、ラップを持って冷蔵庫に入れに行く・・・なあんてことがちょくちょくある私。こつこつ努力型ではないので、のんびりもっと、楽天的に空を眺めながら、やっていこうと思います。

フロリダの風 さんのコメント...

<ももたうん様>私こそありがとうございます。毎日こうして皆様に英気を頂いているのは私のほうです。
人生、人それぞれ、色々ありますね。
有るがままを生きて行くしかない。
それが生きるという醍醐味でもあるのでしょうね。(何か偉そうに当たり前の事を言ってしまいましたが)

gohan さんのコメント...

こんにちは。こちらでは初めまして、gohanと申します。

いや~素敵なブログですね~・・・なんか僕の好きそうなオーラがあふれているような・・(^^;
で、大好きなヤシの木に反応してこちらに・・(^^;;;

欧米諸国では歯をとっても大切にしていますよね。
僕も、もう20年以上通っている歯医者さんの指導で歯を大切にしています。
それは80歳以上で歯がほとんど無い人と、20本以上歯が残っている人を比べた場合、痴呆症を患っている人の比率は歯のほとんど無い人が圧倒的に大きいと教わったからです。
確か90パーセント以上だったと記憶しています。
歯の残り数と脳の関係はちゃんと証明はされていないそうなんですが、事実としてそういう統計があるそうです。
それを教わってから年に1~2回歯医者さんでせっせと定期検査を受けています。

すみません初めてなのに長々と・・・(^^;
これからもよろしくお願いします。

フロリダの風 さんのコメント...

<Gohan様>あ、今コメントあけたところでした。ご返事遅くなって申し訳ありません。
わざわざの書き込み、ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたしますね。
ハワイの事、私まだ沢山覚えています。
友人達もあちらにおりますし。
まだ家の一つは(小さ~いコンドですが、それはまだ処分せずにランタルにしています)於いてあるままですし。
いつでもブログにお越しくださいね。
お話ししましょう。