8/15/2005

グロッサリーショッピング


私は一週間に一度、どーんと一週間分の食料品を買うようにしています。
人によっては2週間に一度と云う家庭もあり、これはこちらの週給制や月2給制から基就いたところから発しての習慣の様なものだと思われます。
ところが、皆さんもご承知の物忘れのひどい私由、買い物帰宅後にはあれも、これも忘れてしまっていた事に気付く訳で、結局、日参相成る始末です。
と、いうわけで今朝も最寄りの食料品マーケットに行って参りましたよ~。
今日は何か面白い話に出会わないか知らン、と、カメラ持参で(例の孫娘のカメラなんですけど)行きました。
でもいつもとは、なんら変わり無い風景しかありませんでした。
あァ市設シニアショッピングバスが止まっていますね。
そのスケジュール時間帯でした。
店内は日本のマーケットと大差ありませんでしょう?
強いて云えば、丸いスイカはなくて長いのだけとか、あまりカボチャはハローウィーンの時期しか置いていないとか。





レジスターは友人のキャンデーでした。(彼女については後日“風が見える時”ブログの方でお話ししたいと思います。)
彼女も側で食品を袋つめするバッグボーイさん(大人でも子供でもボーイさんの名称ですね)も優に60歳を過ぎています。
このテの職種は学生のアルバイトかシニアのパートとしてが殆どなのです。
帰宅後はこれらを運び入れて収めるのが結構、重労働で買い物を私の好みと出来ない理由の一つでもあります。
「え~っ、また今日もこんなに買い忘れがあったんダ~」と猫にまで飽きられています。 お陰ですっかりこのマーケットの上得意先となりましたが、我が家のエンゲル係数が如何に高くて、その他の知的教養生活費に影響を及ぼしているのがお解かりでしょう。(単にやり繰り下手という事でもあるのでしょうが)
仕事に出るようになったら、こういう買い忘れた物は無くても我慢して時間とお金の無駄が無くなる事を期待している私ですが、そう巧くいくものでしょうか


お知らせ - 上記に記載しました「私が会った興味深い人々 
その3 働く女性キャンデー」を”風が見える時”ブログに更新いたしました。
宜しくご愛読お願いまで。
http://windofflorida.blogspot.com/

9 件のコメント:

チョコ さんのコメント...

6人家族でしかも、発育盛りのお子が3人も
おられる家族は食料品だけでもおそろしく
たくさんの量になりますね。
家の中へ運び入れるのが重そうで大変そう。

マーケットの陳列の写真が珍しくてそれぞれ
拡大して拝見しました。
でもね、私、そのたびに×を押してしまい、
あっ、しまった、の繰り返しをしてしまい
ました。とほほです。
日本は野菜を少しずつトレイに入れて陳列しますが、山のように盛って陳列されています。
下の方の野菜が腐りやすいということはない
のかと余分な心配をしています。

シニアショッピングバスは市の公共のものですか?
日本では店の私営のものが多いと思います。

フロリダの風さん 。
お仕事が始まったら、それなりにまわっていきますから、大丈夫ですよー。

michiko さんのコメント...

おはようさまです。
さすが~~商品がてんこ盛りね^^
拡大して目をさらのように見ました♪

わかりますよ~我が家もそうです。
あっというまに無くなる卵やバター
パンもお肉もと・・
週に1度、娘が買物に行き、同じく週1で
パンフで頼んだ生協の食品も届くけれど
それでも足りずに、私も買物に行きます。
エンゲル係数高いです(笑)
バックボーイさん、映画では見るけれど
実際はシニアの方が多いのですね~

gurefuru8 さんのコメント...

スーパーの見た目は、あまり日本と変わらないですね。むしろ日本のスーパーが、アメリカとあまり変わらないと見るべきでしょうか?
でも、実際に行ってみると、飲み物なんかがやたらとケース売りが多いと思いましたよ。

もしもアメリカで和食を作ろうと思ったら、材料はスーパーで手に入りますか?例えば昆布、かつおぶし、みそ、しょうゆなど。

ところで、市がお年寄りをスーパーまで連れて行ってくれると理解していいですか?

ももたうん さんのコメント...

こんにちは!
きょうは、仕事がお盆休みなのでめずらしくこの時間です。
私は、仕事帰りに、毎日スーパーへ寄ります。ほんとはまとめ買いのほうが経済的なのですが、まあ、これも日々の楽しみでもあります。
私の住まいする富山では、シルバー人材センターというのがあって、60歳以上の働く意欲のある人が登録しておくと、その人に合った仕事を紹介してくれる公共の機関があります。例えば、得意な障子貼りとか、冬の庭木の雪吊り作業とか・・・(これは、少し特殊なしごとですが)私の仕事先の会社にも、センターから時々衣類の検査の仕事などに、来てもらっています。みんな、元気でいきいきしています。いくつになっても、自分の力が発揮できる場所があるのは良いことですね。
それから、近頃は高齢者が多くなってきているので、コミュニティーバスといって、大型の路線バスが入らない細い道路も回る小型のバスがあって、病院や、大型ショッピングセンターなどへも乗り入れたりしています。これからは、もっともっと、高齢者が出かけやすいようになるといいなあ、と思います。

mico さんのコメント...

バッグボーイ、そんなお仕事もあるんですね
初耳です

やはり日本のスーパーとスケールが違いますね

一週間分の食料品の購入ですか?
買い忘れがあって当然では~
私なら買い忘れの方が多かったりして(笑う

kazuyoo60 さんのコメント...

市営の買い物バスがあるのですね。高齢者向けなんですね。お給料日は週休の所でも違うのでしょうか。それでないとお店の品揃えに影響すると、余計なことを考えました。
私はどうしても欲しいものはメモして買い物に行く時があります。たまにですけれど--(笑い)

kazuyoo60 さんのコメント...

キャンディーさんの頑張りに脱帽です。この年齢でまだ、送金をなさっているかもしれないのですね。もう、ビックリです。
若い副主任が転勤されてラッキーでした。

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

アメリカのスーパーの広さには驚きました!!しかも売ってる物も箱買いっぽく豪快で・・・(笑)
しかし、私も肝心な物は買い忘れて買わなくて良い物は買ってたりしますよ!!

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>少しずつトレイに入れると、それだけコストがかかるという単純なところではないかと思われます。
時々は一個とか2個だけで安く買われるのを避ける為にわざとグループにしてトレイで売っている品物もありますが。
山のようにしておくために、まだそうも熟していない果物や、野菜があったりで、味覚的にはこれが大味の原因を作っているのかもしれません。

その白バスは市営の公民専用バスで、シニアや身体障害者等が利用出来るスケジュールバスで市内あちらこちら市営バスが行かない所にも行けるようになっています。

<Michiko様>退職後に出来る手っ取り早いパートですしね。高校生のアルバイトもこういうのがレストランのバスボーイに並んで多いスキルのいらない仕事です。
よっかった~、Michikoさんちもエンゲル係数高いんだ。ほんとかな~。だって素敵な趣味の焼き物に小物造りのセンスの良さは、じゃァーどこからきてるって云うのッ!と、開き直ったワタシ。(センスは生まれつきの問題デスト?失礼シマシタ)

<Gurefuru8様>醤油や簡単な日本食製品だと最寄りのマーケットにもそのコーナーがあるのですが、私は月1で東洋マーケットにキューピーマヨネーズや何かは買いに出ています。(家族はこのマヨネーズが好きなんです)でもやはり日本食製品は手に入り難いですよ~ここでは。ハワイやサンフランシスコでは不自由しなかったのですけど。

<ももたうん様>シルバー人材センターっていいですね~。こういうのがどこでも必要なのですよね。
公共施設もその時代に合わせてどんどんエコノミー向上に向かわねば文化、生活も後退していき住み難い世になっていきますものね。
生活し易い街創りというのはとても大事な事だと改めて思いました。

<Mico様>スケール違います?国内(アメリカ)での移動ばかりで、気がつかずにいました。私は日本の食料品店って大好きですよ~。ホント楽しくって。
買い置きの物が切らしてしまう時期がまちまちだったりで、そこでも計算はずれをするわけですョ。(ようするに私の思考力に微妙な、いえ、大きな問題がアルノカモ 笑)

<Kazuyoo60様>給金受け取りは週1、月1、と月2というパターンがあり、このなかでもバイ・ウィークリー(2週間毎)というのが一番多いと思われます。
ちなみに我が家は全員(私がこれから副職する所も含め)がこの給金受け取り方です。
企業によって支給週が違うので一家族で違う週になれば毎週収入が入ってくる形になるご家庭もあるのです。

私の他ブログのコメントありがとうございました。あちらもこれと同じコメント欄を設定出来ておりますので改めてお知らせいたします。

<しのぶっち様>でも日本にも沢山大きなマーケットありますよね。
我が家最寄のかのマーケットはアメリカ東海岸では大きなチェーン食料品店なのですが(西海岸にはありませんでした)サイズとしては中です。
今現在このマーケットの真ん前が工事中で年内にはアウトレットフードセンターができるのですよ。(すごく大きい)どうなるのかなこのマーケット、お客がそちらに流れる事眼に見えます。
余談ですがこの工事中の建物横が私が副職の薬局雑貨店です。