8/31/2005

フットボールシーズン


何が如何したというのか裏庭で沢山の鳥が来て大騒ぎの声に、外に出てみたのですが別状無く、もしかしてこの嵐で家を無くした鳥達の新居取り合い合戦でもしていたのかと思われます。倒れた木にも沢山の鳥が留まっていましたが写真をとっても真っ黒で鳥の姿が紙面上には見取る事ができませんでしたが。
野生動物達も行き場を追われてしまったのでしょう。
近代文化に追われ、自然にも追われる哀しい宿命です。

こんな中、フットボールシーズンが始まり、毎週のMonday Footballのゲームを応援する日常もあります。
マイアミ・ドルフィンが活躍して勝利する度に学校を挙げての応援に子供達の宿題免除の日があったり、ドルフィン・デーと称して応援帽やシャツを着て応援歌を唄う日があったりの熱狂振りとなるのが少し可笑しくもあります。
むろん各店頭にはこのようにドルフィン・グッツが置かれて人気を呼びます。
音楽やスポーツを学業と同じくらいに歓迎する教育方針は決して悪い事ではなく健全な競争心を養うのには良い事なのでしょう。
但し、他の州から越してきた転校生などは少なからず地元の応援振りには肩身の狭い思いをする事もあるとか聞き及びます。そしてそれはそれで、また他への比較心や感心にも繋がって他人との交流、対応などの勉強心へと繋がっていくのでしょう。
私自身は熱狂的なスポーツファンではありませんので、ちょっと全部を理解しているわけでもありませんから多分そういう事なのだろうと思われますが。

7 件のコメント:

チョコ さんのコメント...

おはようございまーす。
人間と自然に追われてダブルパンチの
行き所がない鳥。かわいそうですね。
我が家の近くにもカラスが多くて
ゴミにいたずらをするのでゴミにあみを
かけています。
こんなに増えたのも同じように
自然界にえさがなくなったから?

フットボールシーズンの開始ですか。
日曜ではなく月曜なのですね。

フロリダの風さんは、さし絵を駆使されて
とてもわかりやすくていいです。

多摩 さんのコメント...

furoridaさん

今晩は。今回のハリケーン、大惨事で大変なようですね。処でnickというニックネーム有難うございます。早速使わせていただきます。さしずめNicholas Itoですね。ニックボックウインケルというアメリカのプロレスラーの名前を思い出しました。フットボールはアメリカを代表するかっこいいスポーツですね。

kazuyoo60 さんのコメント...

段々被害が膨らんでいますね。亡くなられた方も千人以上になるかもしれませんね。お気の毒です。
椰子?の木の上の方に鳥の姿が見えますよ。鳥たちもハリケーンの被害者ですね。
カラフルなボールですね~。学校が休みになるのですか。さすがにアメリカ、皆様熱狂なさるのですね。

gurefuru8 さんのコメント...

日本に暮らしていると、他の国でのスポーツファンの熱狂ぶりが不思議に思えるほどです。ファンの暴動みたいになったりすることすらありますよね。
でも、どうせ見るなら思いっきりのめりこんで応援したほうが面白いですよね。

ハリケーンのニュース、たくさん報じられてます。
これだけの災害であれば、予防とか、対策とか何が出来るのでしょうか?全く思い浮かばないです。

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>自然の中で共存するというのは色々な面で難しくなってきているのでしょうか。地球温暖化の問題もありますし、科学と進化をしても自然との闘いには人間は時として無力です。

<多摩様>ニックネーム気に入っていだだけて良かった。ニコラスといえばサンタクロース(セイント・ニコラス)かラストネームでは俳優のジャック・ニコラスを思い浮かべるかしらとも思ったのですが、その名のプロレスラーがいるとは知りませんでした。

<Kazuyoo60様>学校が休校に成るほどの事は無いのですが、どの州でも地元チームを熱狂的に応援するのは日本での高校野球でのあの雰囲気かもしれませんね。シーズンが大つめになる頃にはあちこちの家庭でゲームを観戦するパーティーが開かれたりもします。

<Grefuru8様>被害は日に々々、その数字を増していっているようです。
本当に痛ましい限りです。

日本はサッカー観戦が此の頃ではヨーロッパ諸国と同じくらい熱狂的だと聞き及びます。
この地区も南米からの移住者が多いので、サッカーも人気のスポーツですが、フットボールほどではなく、次がバスケットボールに野球です。プロ野球は日本でも大人気のスポーツですよね。

mico さんのコメント...

ハリケーンの被害のひどさに驚いています。
早く立ち直れる日をかげながら祈ってます。

フットボールの試合熱狂的なんですね
アメリカらしいなと感じました。

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>テレビでも各お店などでも救援募金運動が大々的に始まっています。
夜勤仲間の一人の家族の生死がまだ報告されていないとかで彼女が泣いていました。
何とも慰めの言葉もありません。
今の時代に?と驚かれるかもしれませんが南部では未だ黒人差別問題もあって救助が黒人地区では遅れているとの話でもありました。