9/02/2005

非防備政権

極力政治に関する記事を書くことを避けていた私ですが、今日はどうしても一言書かなければ気が治まらない気持ちでおります。
ハリケーンが最強5でニューオリンズに上陸する事が既に予測されている3日前にも米国政府はその援助や防備の準備をする事を怠り、今日数千人もの死者を出すに及んだ事は許し難い人災と言えます。
今回ハリケーンの被害地のミシシッピ州、アラバマ州、ルイジアナ州は貧困黒人家庭が多い州です。白人政権からやっと平等を勝ち取って歴史の浅い土地でもあります。
今のブッシュ政権は資本家のみの私服を肥やす事が何時も先決のようです。
必要がない軍事に資本と軍力を使い、自国の貧困や災害防備には無頓着という愚かな行動があるのです。
数万の人が収容場(非難場だったわけですが)に送られただそこに押し込められただけで水も食料も無く、乾きで死亡者が続出しています。
道端に沢山の行き所の無い人々が当ても無く、歩きそこで死亡したご主人の側で途方にくれている女性の姿があります。
餓死を防ぐ為、已む無く壊れた食料品店に押し入って銃を持って制しられた父親が泣いている姿もあります。
あちこちで援助募金が手広く始まっていますが、今、このたった今、乾きでの死亡者が出ているのを防ぐ事を出来ないのが、何とも情けないではありませんか。
水が溢れて死に至る人、水が飲めなくて死に至る人と、今の米国は先進国の姿ではありません。

7 件のコメント:

michiko さんのコメント...

ニュースを見て、同じことを私も
思いました。
豊かな国のアメリカで、どうして避難所に
水や食料がすぐ手配できないのか?
日本でも自慢できるほどの防災対策では
ありませんが、毎年のように台風の災害に
合うので災害なれしてるのかもしれません。
胸がふさがるおもいでニュースを
見ています。
少しでも早く復興できるように祈るしか
ないのでしょうか。

mico さんのコメント...

こちらの日刊紙でも、被害は想定できていたと報じています。しかも五年前にです、机上演習も実施済みだとか。
結局予算の問題でしたね。私はお金とその地域に住む住民層とを考え合わせるとこうなる、と言うサンプルを見た思いがします。
貧苦の中から生み出されてきた「ブルース」を思い浮かべます。トランペッターのサッチモ(ルイ・アームストロング)はどう見てるでしょうか。
逃げる資金も無かった、に至ってはもう何も云えません。
ソースはこちら
http://www.asahi.com/international/update/0903/002.html

kazuyoo60 さんのコメント...

先進国のアメリカが一番非常時に強いと思っていました。非常に強いハリケーンは周知済みですよね。車で町を出て行かれるのが写っていましたのに、人的被害がこれほど多いとは--、被害者に食料と水と、安全な眠る場所が早く与えられますように、願っています。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>世界中にこの愚かで恥ずかしい行為を示したブッシュ政権、これから如何に汚名を挽回出来るのか、もう信頼感等はひとかけらも起きません。

<Mico様>先進国が聞いてあきれる愚考に無念の死を強いられた人々が居る事に胸がふさがります。加え、馬鹿な宗教家達がこれはブッシュ政権に逆らって堕胎行為を続けている神の怒りを駆ったのだなどと言い出す始末。(嵐の形が堕胎児の影と同じだとか言い出して)なんとも恥ずかしい、愚かな人達の言い訳ではありませんか。
世界中が情報をいろいろ見ていただけてこの愚行を世に知らしめる事は少しは今のこちらの政権に薬になると期待しております。
ありがとうございました。

<Kazuyoo60様>今私達にできる事は祈る事ぐらいしか無いのが歯がゆい思いです。
戦争に無駄な命と資本を費やし、今こうして自国をも守れない政権に怒りを感じております。ブッシュ政権は宗教を傘に翳してこのような愚行をするのが許し難いものがあります。死の嵐が近くに来ているのを予測しながら当の政治頭はゴルフ三昧の日を興じていたのですから、なんとも情けない事ではありませんか。恥ずかしい事です。

チョコ さんのコメント...

いつもと書き込み時刻が違いましたので
お休みかな?って思っていました。

私もテレビでハリケーン後の様子を見て
なんで?って思いました。
兵士は皆戻ってきて自国の災害応援を
と思います。
ほかに、車が無い家が多いとか、
ガソリンを入れるのに何時間もかかる様子を
報道していました。
責任者の言い訳も伝えていました。

とにかく、関係者は 今 困っている人が
少しでもよい生活ができるように、
最善のことをしてほしいと思います。

gurefuru8 さんのコメント...

少々批判的な意見になります。
私のアメリカに対するイメージは、「中間層」がいなくて、お金持ちと貧乏人しかいない、国内政治はちょっとわかりませんが、外交政策に関しては、世界の警察、THE正義のアメリカを押し通すのに四苦八苦って感じです。でもこう感じている日本人は多いのではないでしょうか?

黒人が迫害されていた頃からのなごりで、マメの煮たものをソウル・フードと言うそうですね。そういうソウルは、物質的な豊かさの影にかすんでしまうのでしょうか?であれば物質が破壊された後には何も残らないですね。

政治は最高のサービス業でなければなりません。そうでなくては政治など必要無いのではないでしょうか。
しかし、これはアメリカに限った事ではなく、日本もその通りですね。

先進国だといっても、こうなると本当にもろいものですね。

ハリケーンなどの自然災害を避けることはムリなことです。政治家や行政は真摯に受け止めて、真剣に問題解決や対策に取り組むべきですね。

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>夜勤のパートの娘の親、兄弟が行方不明で毎晩彼女がとても嘆いているのを見るに付け、なんとか力になってあげたいとも思うのですが、そのすべもなく、彼女が連絡待ちの待機時間を持てる様にスケジュールを調整して代わって上げることしか出来なかったのです。彼女もニューオリンズの貧困家庭に育った黒人なのです。

<Gurefuru8様>現在のブッシュ政権に殆ど怒りを覚えています。
宗教を掲げているのに人道主義とは思えないただの奇麗事を並べて、その裏では沢山の人達が犠牲になっているのです。
何とも情けない限りです。
しかし、私個人は今回の問題点が黒人差別問題にあると捉えているわけではありません。
あくまでも政府官僚の防備不手際、リーダーとしての思慮判断不足の結果だと考えています。