9/28/2005

ゴースト(お化け)だゾ

友人グローリアから便りがあり、ハワイに戻って住んでいる報告と共に下記のお楽しみサイトを知らせてくれました。
ちょっと面白いので、お試しあれ。
http://fcmx.net/vec/get.swf?i=003702

DavidとShaunが何やらハロウィンの用意らしく、飾りつけを出してきました。
「ブ~、ゴーストだぞ~」とあまり怖くないお化けのガーデンステッキをフワフワ中に浮かせる真似事などをして遊んでいたので、ドレドレと振り返ったところをパチリ。あれっ、ほんとだ~。ゴーストだゾ!
2人の子供の目が怖ーいゴーストのように光っている。
君たち、そのガーデンステッキがなくても充分ゴーストできるョ
(でも、本当の彼らは私にはゴーストはゴーストでもエンジェル・ゴーストです -笑)
日本では夏にぞっとして涼しくなろうと云う趣から怖いお話は夏のものですよね。
こちらでは、夏ではキャンプ・ファイアーの時に皆が頭を集めて怖いお話を聞くという一つのお楽しみプログラムのひとつか、それとも秋のハロウィン時のものと云えます。
ハロウィンは10月31日なのでまだ日があるのですが、私もお話をひとつ。
といってもそう怖い話ではなくて、どちらかと云えば可笑しい話です。
先日の夜勤での事。私はお店前方棚の整理整頓を済ませ、いつもながら随分後方を整頓しているパートナーが遅くて終れずにいるので彼女の次の仕事である店の清掃にかかりました。
午前3時半、まだ魔女の時間帯です。
スウィーピングモップで店の後方から前方へと何度も行き来します。その間、棚の品がきちんとなっていないのをまたかたずけながらの前方・後方、前方・後方、そして来客ベルが鳴るとモップをその場に置いて戸口に駆け寄り客に声を掛ける事で店員が常時勤務している事を示して、それをある意味の防犯の役目とします。
女のお客様でした。
何を買うのか決めていなかったのか、夜眠れなくてその時間に近所の店へふらりと遊びに来たものか、とにかくそれはどちらでも良い事で、彼女は後方棚の前で品選びをしています。
私はまたモップに戻り、彼女の横を何度か通り過ぎます。
その度笑顔で「お探しのものみつけられましたか?」とか「すぐに終りますので横を失礼します」などと話しかけたのですが、最初は「ええ、ありがとう」とにこやかに言った彼女が2度目に通りかかった時はちょっと怪訝そうな顔で私を見送り、3度目には(棚の間の掃除は3回ほどの行き来があるのです)少し緊張しているかのような顔です。
「あ、貴方、、、。」と彼女。私はもう少し前方まで行きかけて、聞こえた声に振り返り「ハイ、なんでしょう?」と言うと、「何でもないわ。」と黙ってしまったのです。
次の棚の方をスウィープに掛かった時、戸のベルが鳴り、来客の知らせだと思って走り寄った私の目に先ほどの女の方が店を出て行く後姿が見えました。
彼女が抱えていたバスケットはそのまま床に置き去りです。
な~んだ、買い物じゃなかったんだ、やはり時間潰しかなにか。と、バスケットをかたずけに行った時、私は解ったのです。何が彼女をその場から立ち去らせたのか。
いつもの事で気にもしていなかったのが、周りに人がいなかった事からたまたま彼女は気がついたのでしょうね。
私が通る度に彼女の真上にある蛍光灯が点滅し、3回目には消えたまま暫くしてまたついたのが。
彼女は神経質なタイプだったのでしょう。

私は人には被害を決して及ぼさないのに、、、。(笑)
彼女はこれからは日中に買い物をするようになるかしら、それともこのお店には近寄らなくなるかしら、だったら私のせいでお客を一人なくした事になるのかしラ、とあれこれ考えた夜でした。お・わ・り。


お知らせ - ”風が見える時”ブログに「介護生活と私の負い目 その2」を更新致しましたので宜しくご愛読お願いいたします。 http://windofflorida.blogspot.com/

10 件のコメント:

Cha Cha さんのコメント...

フロリダの風さんが、魔女であるという噂は、やっぱり本当だったんですね。

娘が赤ちゃんだった頃は、よく夜、食料品の買い物に行ったものです。オーランドは都会で、24時間オープンのスーパーマーケットとかありました。娘は、ショッピングカートですやすやと寝ているので、昼間のようにぐずることもなく、買い物がしやすいような。

今考えると、ちょっと危ないですね。

mico さんのコメント...

フロリダさんが通る度に、蛍光灯が点滅?
一寸無気味に感じたんですね(笑
もうすぐハロウィンなんですね。
子供たちは待ち遠しいことでしょう。

フロリダの風 さんのコメント...

<ChaCha様>ふふふっ。やはり、バレバレでしたか。このお店近辺はマイアミ地区とは大違いで、危険性が低い地区ですし、魔女が空を徘徊するには良い環境かも。(笑)
ところで、ブログの更新巧くいくようになりました?Blogspot.com以外のブログとリンクするのはテンプレートを開いて入れ込みすると容易に出来ますので、日本の方達とも交信されてはいかがです?Chachaさんとフロリダ記を知りたいと思っていらっしゃる方も大勢いるのではないかと思いますよ。(おせっかいな意見でごめんなさい)

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>以前に記述した事があるのですが、ちょっと変な電気性があるらしくて、コネクションの弱いところのアンテナの役を私がしてしまうらしいです。
雨天の時が雲からの電気と私の体アンテナが繋がり易いのか、時にはレジの機械までに異常が。でも大したマジックが出来ない魔女失格です。(笑)

チョコ さんのコメント...

おはようございまーす。
ご紹介のサイト、おもしろかったぁ!
つぎになにが起きるの?ってずーっと
見つめていました。

フロリダの風さんの影響。
具体的にはこうなるのですね。
bashiままさんちの先日点滅していたあかり
にもhttp://plaza.rakuten.co.jp/geiyouen102/diary/200509260000/ 
フロリダの風さんが影響?
んなわけはないですよね。

gurefuru8 さんのコメント...

記事中の絵のサイト、拝見しました。骨格から絵をおこすなんて、ダヴィンチみたいじゃないですか。

魔女さんも、家ではほうき、お店ではモップなんですね。
子供達もハロウィン楽しみにしているのですね。これから来月にかけて、どのように盛り上がっていくのかとても楽しみにしてます♪

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>その時私こちら辺りを飛んでいましたから、Bashiママさんとところへは行っていませんネ。多分Bashiママさん自体がご自分で気がついていらっしゃらない媒体であったとかじゃないかしら。
と、いう事は彼女は「まだ知らず魔女」かも。(笑)

<Gurefuru8様>ほうきとモップは家でもお店でも両方使いますョ。
お店ではあのモップの後、ほうき持って外の駐車場掃除へ行くのです。(そして満月の時はひと飛びして夜空を駆け巡り、ついでに子供達の寝顔を窓から眺めてきます。と、いうのはウソですけど 笑)

ちえこ さんのコメント...

フロリダの風さん、こんにちは~♪
初めてお邪魔いたします。
これからよろしくお願い致します。

今日はまず、お友達からの面白いサイトと言うのが興味深く楽しめました。
こういうの初めてです。
ただただ見とれるばかりでした~!
そして、フロリダの風さんが魔女と言うことを知りましたよ~(*^m^*) ムフッ
面白い現象が起こるのですね~!
そのお客様、ちょびっと怖かったかも~(*^。^*)

そして、“風が見える時”を読ませていただきました。
ただでさえ大変な介護生活。
夫の父親も認知症でしたのでその大変さはよくわかります。その昔、元気な頃は、子供の世話になど絶対ならないと豪語していた親でしたが、認知症ではそんな言葉を言ったことなどどこ吹く風でした。幸い施設にお世話になっていたので、年老いた母も大分気持ちが楽でしたが、フロリダさんはアメリカと言う遠い異国での壮絶なる介護生活!
ただただご苦労様でしたとねぎらいの言葉しか申し上げられません。
お父様に対して十分な愛情をもってお世話できなかったことに対して悔いていらっしゃいますが、お父様はあちらの世で恨みがましい気持ちなどこれっぽちも持たないと思います。むしろ娘に迷惑をかけてすまなかったと思っていらっしゃると思います。
私も高齢になったときには子供達に大変な思いをさせたくない。いつもそう思っています。

フロリダの風 さんのコメント...

<ちえこ様>来ていただけた事、とても嬉しく思います。ありがとうございました。
それに心温まるコメントに感謝の限りです。
私思うのですけれど、猫というのは人間の知りえないところで感が働く動物だと、そしてその動物に近く接していればいるほどに何か人間離れしたエネルギーを受けているのだと考えるのです。
現にMichikoさんところのチーコちゃん、ちえこさんところのごくうちゃん、Micoさんのところのミーちゃん、タマチャン、満月さんのところのサクちゃんなどなど、ブログで拝見するだけで私は大いに元気エネルギーを受信するのですから。
これは単に私は猫ズキという事を証明したにすぎませんでしたね。
ちょっと理屈っぽくて大袈裟な私をお許しあれ。ごくうちゃん、毎日お顔みたいです!
(ウチの焼きもちフィガロにはナイショで合いに行きますよ、ブログで。 笑)

kazuyoo60 さんのコメント...

フロリダの風様は十二分にお父様を介護なさったと思います。よく倒れられませんでしたね。親の死に際を引き受けるのはたいていのことではありません。そのことで、負い目を感じるなど全く必要ないと思います。私は娘さんに面倒を見て貰われたお父様が、どれほど感謝されているか分かります。
例のサイト、線書きから始まってどうなるのかと思っていましたら、無事完成!。
魔女の時間帯?、やっぱり不思議ですね。