10/04/2005

ちょっとマズイ


今日火曜日はRosh Hashanahと云うユダヤ人種祭日で子供達の学校がお休みです。(同じ政府機関公共学校である夫の大学は普通にオープンなのがちょっと不思議)
ユダヤ教に関しての知識がまるで無いので私達はどういう祭日なのかは皆目見当がつきませんが。
そして、明後日の木曜日は午前中のみ半ドン登校日、翌金曜日はティーチャー・プラニングデー(TPD - 教員が学期末報告書を製作したり、教育方針会議があったりの)につきまた学校はお休み。
来月11月は感謝祭ホリデーがありますし、TPDも多くて子供達の登校日は更に少ない月でもあります。
これですから日本ほど年間を通しての政府規定祭日が少なくても学校のお休みは結構多いのがこちらの教育法というのがこの夏休みを短くする必要があったのはうなずけますでしょう。これはマズイのでは。

今夜と明晩が勤務休みとなりさァーてと家の掃除に追われるだろう事心構えております。
何故かその2日間の間に地区重役が管理視察に来店するとの事で主任達は戦々恐々としたところのようです。
私の友人でもある夜勤シフト主任が特別休暇とやらで先週から新しい主任長がシフトを任されていて、私は彼とは初めて一緒に働く事となったわけで、お互いお手並み拝見といったところがあったのでしょう。
彼は2晩ばかりは遅刻出勤、女の子達とふざけてばかりいて、私が今までに接した何人もの主任長とはかなり違います。(主任長になると支店長になる修業として数ヶ月単位であちらこちら各店を回り勤め上げなくてはなりません)
するとどうでしょう。ある時から急に働き出し、昨夜には店の清掃とモップも自分でやっているではないですか。
「あれ~どうしちゃったの、アンタ」と一緒にふざけていた女の子がびっくり。それに対して、「これはマネージャーの仕事の一部なのさ。ネ、Nさん(私に向かって)」と笑うのです。私自身も内心で「オッ、やはり解っていたのね。ちゃんと本店マニュアルにも書かれてるもんね。やっぱり主任長トレーニング終えてたんじゃないの」思っても「そうね」としか云いません。
後に薬局の友人の話はこうです。「あまり彼が仕事そっちのけだからねちょっと脅かしてやった。Nは滅多な事で怒らないけど君は彼女を知らなすぎるぞ。彼女は僕を締め出そうとした悪徳前支店長を飛ばしてくれたんだよ。その支店長でさえ彼女をとても気に入っていたんだ。それに君は知らないのか、彼女はジャーナリストでもあって色々書き物をする事でも知られているのさ。するとね、彼大慌てさ。いい薬だ。僕は薬剤師だからね。」とすましたものです。
2人が話している時は何を話しているのか気にもしていない私でしたが、そういえば彼が慌ててその場から去る時いった言葉は聞こえてました。「げーっ、(実際には悪い表現言葉を使ったのですが)だったら皆の言ってる噂は本当だったのかァ!こりゃマズイ!」

7 件のコメント:

Cha Cha さんのコメント...

ははは、これ、最高。

その薬剤師さんは、結構、いいお薬を調合されたようです。なかなか、フロリダの風さんのこともお見通しのようで、こういう人、仕事場には、必要ですよ。フロリダの風さんとは、いいコンビです。必殺仕事人。。。

娘の学校、休みで無いんですよ。今月は、確か、休みないです。来月は、ベテランズデイと、感謝祭でお休みですが。。。

ちえこ さんのコメント...

すばらしい薬剤師さんがそばにいてよかったですね。
でないと、そのチャランポランの支店長はほっといたら一体どうなっていたでしょう。
日本でしたら、遅刻2度しただけで信用問題、仕事もしないで女の子とふざけていたりなんてとんでもない、まぁ~お国柄の違いとはいえフロリダさんも気が揉めることですね。
しっかりしてらっしゃるから大丈夫でしょうが、私は胃を壊しそうです~┐('~`;)┌
しかし、フロリダさんがいらっしゃらなかったらそのお店、悲惨なことになっているんじゃないかしら┐('~`;)┌

チョコ さんのコメント...

おはようございまーす。
お二人のコメントに「んだ、んだ」と
深~く うなずきました。
しかし、その主任長ってマンガみたいな人物なのですね。
そして、薬剤師さんの言葉を裏付けるだけの風格がフロリダの風さん にあったということは間違いないようですね。

kazuyoo60 さんのコメント...

楽しくて嬉しいお話です。その彼、ちゃんとお仕事してくれたら、フロリダの風様は少しお楽になるかと思います。そうなって欲しいです。
お家のお掃除ね~~、ご気性から無理もないと思いますが、疲れすぎないようにしてくださいね。

フロリダの風 さんのコメント...

<ChaCha様>ブロワードカウンティーの規定はちょっと独特なのでしょうね。
それでチャータースクールの市政規定ともかなり違っていて、国政、州政、地区政それに市政と合致させて暮らしが成り立つのでしょうが、ややこやしくってかないませんね。
もっともそう思うのは日本人の私だけなのでしょうかネ~。

<ちえこ様>過分にお褒めを頂きありがとうございます。あ、それでなのかしら。私胃薬欠かせない身なのですよ~。(笑)でも、違います。私のは体質。
いえ、いえ。大陸気質とでもいうのでしょうかね、日本のように皆がしっかり気配りしながらの職業意識という根本が違うのではないかと思います。チンタラ、チャラチャラしながらも何となく経営が成り立っていくようです。もっともこういった職種なのでしょうね。経営学など必要がない下層部の暮らしぶりに目くじら立てても仕方ないという。

<チョコ様>あ、それ的確な言葉。そう、彼はマンガ的人物です。これ、イタダキ。
モップしながら彼の耳にはイヤフォーン、音楽を聴きながらで、時々その音楽に合わせて奇声を発し、側を通る度私にお愛想笑いを繰り返す30代黒人の彼はマンガキャラに出来ますコレ。(ついでに加えると、19歳と6歳の子供がいて、元妻と現ガールフレンドがいながら女好きという、マサにマンガ的キャラ)

<Kazuyoo60様>いつも優しいお言葉ありがとうございます。
ブログに描いている限りは毎日が色々でこれが生きているという事なのだろうな~などと都合良く考えています。
Kazuyooさんもどうかお体をご自愛下さいませね。いつも沢山のお花や日常のお話しありがとうございます。私の毎日の楽しみの一つとしてすっかりお世話になっております。

gurefuru さんのコメント...

喜んでいいのか悪いのか分かりませんが、とりあえず薬は効いたようですね。

やはり根本から違うと理解することは難しいでしょうけど、極論すれば上手に付き合うしかないでしょうね。(表現悪い?

薬剤師さんと、フロリダの風さん、お店の風紀粛清班ですね。

フロリダの風 さんのコメント...

<Gurefuru8様>まったくその通りです。
良いも悪いも在るがままを極論は自分の受け取りようで、いかに自分がそれを共同生活の一部に取り入れられるのかという点につきるようです。
いえいえ、面白い話が周りにあるというか、私は只のオバちゃん店員、接客サービス係の何以上でも何以下でもありませんョ。それでお給料もらってる。(話の種にもさせてもらってる。笑)