11/17/2005

英語詩の行方


一昨日Blogsite.comからのメールにて11月30日にて私の英語詩の「Forget Me Not忘れな草の日々」ブログのアクセス終了を知らせてきました。
えっ?3ヶ月無料契約ブログだったわけ?(そうだったかな~。と今アカウントを開けた時の事を思い出そうとしているのですが、トンと思い当たらない。)
月額9ドルで継続更新アクセス可とあります。
いえ、いえ。結構です。もう掲載していただかなくても。お金を支払ってまで読者を集めようと思っての掲載記述の程でもないのですから。
という訳で、この英語詩のブログもBlogspot.comの「風が見える時」ブログと同じく、「フロリダの風」のサイドブログとして移行する事にし、今朝はあちらのブログ記事をコピー保管するのに時間を費やした私です。
幸い丁度HPに詩や記述文のコーナーを建てて下さった方のお仲間にもして頂けそうなので、「資金出しゃ読んでやってもいいョ」商法はこちらからお断りデス!

「今晩のデナーは誰が主賓なの?僕ら子供達?それともグランドパとグランマ?それともグランマ一人なの?」
シャーンが聞くのにはそれなりの理由があります。
今までにも子供達が成績優秀者レポートを受理するとその子供の成果を祝ってデナーに出かけるのが常だったのが今回は私達の結婚記念日と更には私の誕生日が近く何やらどれを祝っているのか区別が無い時期なのです。
全部一緒のお祝いで良いではないか、何でそのような不平をノタマウカとお思いの方に少しの説明をさせて頂きますと、シャーンの誕生日は12月25日のクリスマスの日であり、彼は何時も年中一番人気の祭日クリスマスが彼の、彼個人のお祝いをナイガシロにしてしまうのが哀しいのです。
そこで今晩のデナーのように色々なお祝いが重なるのが何か又自分に不利になったように感じたのでしょう。
「無論貴方達子供が今晩の主役、主賓に決まっているでしょう。私はグランパからお花をまた貰ったもの。」との私の言葉に満足の笑みを浮かべた10才でした。

13 件のコメント:

チョコ さんのコメント...

英語詩まで書いておられて!
時間をどのように捻出なさっておいでだったのでしょうか?!
私は今朝のブログネタにさえ困っていたというのに!
脱帽ですぅ!

シャーン君。かわいいですね。
ずっと誕生日で他の子が味わわない体験をしてきたのですね。
私の誕生日は8月6日生まれで広島の原爆記念日。
日本中が浮かれちゃいられない空気の日です。
ずっとそれなのでショーン君の気持ちがわかります。
フロリダの風さんのやさしい言葉で納得された彼もかわいらしいです。

michiko さんのコメント...

そうかそうか・・シャーン君はクリスマスと
一緒なのね~
そりゃ複雑だわ・・誕生日とクリスマスの
プレゼントは別々にもらえるのかな~?

結婚記念日ともうすぐのフロリダの風さんの
お誕生日おめでとう♪

今朝も雪が降っています。
メールしたので読んでね♪

kazuyoo60 さんのコメント...

シャーンちゃん、普通の日なら誕生祝いをして貰えるでしょうが、クリスマスのお祝いと一緒なら、どちらか分かりませんね。どなたのでも何の目的のでも、同じようにご馳走を戴かれるでしょ。
そうだ。プレゼントが貰えるのですね。私などはそんな風に育ちませんでしたので、誕生日さえも忘れられて、自分でも忘れて、貧乏で父母が忙しかったから、それにココは日本でした。(笑い)

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

クリスマスが誕生日なんだ~~!!
私は違うけど12月20日とクリスマスが近いので子供の頃にバースディケーキにサンタさんがいたりすると少し寂しかった記憶が・・・
だから、ほんの少しシャーンの気持ちが分かるような!!!(笑)
しかし、我が家も旦那は12月15日が誕生日だし・・・・
ついでに・・・・なんて思ってしまうのは大人になったからかもしれませんね~~!!

Cha Cha さんのコメント...

ははぁー、有料版があったわけですねー。月9ドル。そうねぇー、無料でもいいのがある時代、9ドル払うのはやっぱり、割りにあわないなぁ。

クリスマスが誕生日のシャーン君の気持ちよく、わかりますよー。実は、ウチの娘も27日生まれですから、誕生日とクリスマスのプレゼント、親がダブらせて、ズルすると思っているみたいです。(笑)ははは、あたらずしも、遠からず。

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>英語詩は以前に出版のお話があった頃からのコピーを手直ししたりしたもので大した物ではありません。中にはお友達の恋文を代筆したり、カード製作してあげたりの恋歌もあり、また小スートーリーや自作童話絵本用なのがあったりのゴチャゴチャ幼稚雑文集といったものです。
チョコさんのブログは沢山の情報や話題満載で私はいつも楽しく拝見しています。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>私も早速郵便局へ。
シャーンは誕生日のプレゼントを別に貰うのでクリスマス日にはディビッドより2個は多いのが常と解っていながら2人ともちょっと不満足なのです。(シャーンはパーティーだともっと数多いプレゼントが貰えるだろうと、デイビッドはその日の自分のプレゼントの数がぐっと少ないという事事態しか目に映らないようで)かといって、パーテーをしたところでその時期には人は集まらない。これは彼らにとっては一生の問題なのです。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>私も日本での誕生日と言えば母が夕食に私の好物を食卓に乗せる程度のものでしたよ。当時はそれでも結構誕生日お祝いの気分になったものでした。今は日本でも子供達はお友達を呼んで誕生会をするご家庭が多いようですね。
生まれた事を祝うのは良い事でしょうね。そしてこの世を去る時は静かに人知れず去るとしたいものです。

フロリダの風 さんのコメント...

<しのぶっち様>そう、それが合理的で便宜的であれ「、、、ついで」というのはオトナの都合感覚なのでしょうね。
人生、日常生活そのものが生まれ出たついでの行動である事からしても。(笑)
子供にとっては毎日がその日、その日と向き合った状態なのでしょう。
そう思うと私の日常は「ついでに」が溢れています。でもそれは私の生活体験を通した知恵として善き事としましょう。一生としての私の物差しが過去の方が未来より短くなりつつありますのでネ。(笑Again)

フロリダの風 さんのコメント...

<ChaCha様>お嬢さん、お見通しなのですね。子供には子供の、大人には大人の都合がありましょう。上手く折り合いつけてクリスマスのプレゼントが気に入れば全てがOKです。(笑)
今年あたりからもうサンタのせいには出来なくなったので、ここはじっくり検討せねばこちらのセンスが疑われる事にもなりそうな気配がしますデス。むむっ。

mico さんのコメント...

こんばんは
私も誕生祝をしてもらった経験が
ありません。終戦後でそんなゆとりが無かったんでしょうね。
現代の子供は幸せですね~
シャーンちゃんに喜んでもらえてよかったですね。

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>子供にとっては誕生日は大事な日ですものね。私の年齢になると、ま、どうでも良いというか、馬齢を重ねたようで気恥ずかしくもあります。でも人に祝って貰うのには年齢に関係が無く受け取る気持ち大いに嬉しい。自分の存在はまだ確かなものであったか、と安堵したりして。(笑)

keiko@愛媛 さんのコメント...

フロリダの風さん、こんばんは。
昨日から四国の宇和島に帰っています。フロリダさんはこちらにいらっしゃったことがおありでしょうか?
南国なので神戸より一段と暖かく今日はことのほか雲一つない好天で久しぶりにお布団を干したりいろいろ家の雑用をすることができました。

ところで素敵な英語詩をHPに載せて下さり私にとりましてはとてもありがたいことと感謝しております。
私のサイトを開けて下さる方々もきっと英語の詩を御覧になって喜んでいただけるものと思います。
これからもよろしくお願いします。