11/26/2005

この時期に

11月第4週目木曜日の感謝祭翌日の金曜日は学校などは週末に続けての4連休となり、その日が全米を上げてのブラック・フライデーと呼ばれる大セール日です。
何故ブラック・フライデーと呼ばれるのかといいますと、多分各商店に於いては赤字を黒字に挽回する、又は年間の最大黒字売り上げが成される日だからなのでしょう。
ニュース報道に寄りますと、今年もまた早朝5時に開店したバーゲン店Wにてどっと押し寄せた人の波に踏み倒されての怪我人が出たようです。
TV画面で見る大勢の人の波が開店時にはワーとかキャーとかの歓声と共に大慌ての相で店内に走りいる姿が何とも奇異に感じられました。
私自身はここ数年はその混雑振りにへきへきでショッピングには出ませんが今年はその買い物日のあとかたずけの勤務でいつもは4時間程で出来る商品整理整頓がたっぷり7時間かかったのは、その真夜中の出勤で見た店内がどのようなものか皆さんのご想像におまかせします。
この後始末の大変なのが嫌でその前に勤務をやめる人が毎年多いのです。(実は私もその一人でした。昨年11月から9ヶ月家に居たのですから)
「今年は宜しくお願いしますね」なんて念を押されてしまいました。「何とか辞めないで居て下さいよ。スケジュールも定休日セットでいきますから」と今朝の主任長の言葉です。
日曜、月曜、火曜と金耀日の週4日勤務決定。少しゆっくりとした勤務時間の新しいスケジュール表に「特殊チェックアウト係り」(何なのかよくは解らないポジションですが)と記されていました。
ブラックフライデーほどではありませんでしたが、本屋さんも周りのお店もとても混雑していました。
これから毎日、クリスマスショッピングに向けてどのお店もこのような混雑振りかと思うと、考えるだけで疲れが出る気分になってしまいます。

嵐が過ぎ去った昨日、今日はこれぞフロリダの観光気候と思わせる晴々とした太陽の輝きです。
そこで夫と息子が、ともすると我々の家を飲み込むほどの勢いで伸びているツタ払いをしました。
つい先々月も大分取り払ったすもりでもまだまだうっそうと根を張って屋根まで伸びています。
ふと脇を見ると赤い花が高いところに見えましたのでスクリーン越しに写真を撮りましたが、夏の景色と同じで季節感がありません。

太陽が輝いていると云えば、Kristinaが手持ちの本を全部読んでしまったので本屋さんに連れて行って欲しいといいますので、行って来ました。で、その太陽のお話し続きなのですが、いつものようにアレコレ見ているうちにちょっと可愛いイラストの本に目が留まり、買ってしまいました。今は亡きカントリーシンガーのジョン・デンバーの唄『サンシャイン・オン・マイ・ショルダー』と『テーク・ミー・ホーム、カントリー・ロード』をアレンジした絵本2冊です。彼の甘い優しい歌声のCD付きでした。
♪~Sunshine on my shoulders makes me happy.太陽が肩にかかると幸せだ。
Sunshine in my eyes can make me cry. 太陽が目に入ると泣けてくる。
Sunshine on the water looks so lovely,太陽が水面にはとても奇麗だよ。
Sunshine almost always makes me high.太陽はいつでも私をご機嫌にしてくれる。
If I had a day that I could give you,もし私が貴方に上げられる日があるのなら、
I’d give to you a day just like today. 今日のような日を上げたいよ。
If I had a song that I could sing for you,もし貴方に上げられる唄があるのなら、
I'd sing a song to make you feel this way.~♪こんな気分になる歌を唄うだろう。

私は太陽の輝きを、愛情を、分ち合う事を唄ったこの曲が大好きです。
遠い日本の故郷の北国では雪の話をしているのに、夏の様な花や太陽の話がこの季節にはミスマッチだなァと思いながら黄昏の中でももう家中に取り付けた色とりどりのご近所の美しいクリスマスライトを眺めている私でした。

14 件のコメント:

チョコ さんのコメント...

おはようございまーす。
さっきね、テレビでニューヨークのブラック・フライデーのことを報道していました。
1年の売上の1/3を売り上げるって言っていました。
ハリケーンの復活ができていなくても、消費は莫大にあると言っていました。
凍えそうな中を前の日の8時から並んでいる人の行列と開店のなだれ込みの様子をうつしていました。
日本でいうと大晦日感覚かな?って思いました。
フロリダの風さんも対応が大変そう。
万全な体調で出勤してくださいませねー。

kazuyoo60 さんのコメント...

常夏のフロリダならではの快適な季節なんですね。11月までがハリケーンの季節と何処かで聞きました。
お店もお客も大変なんですね。7時間も整理に掛かるなんて、これでちゃんとみんなお金を払っているのでしょうね。心配になります。
何も怪我人まで出さなくても--、商品は逃げていきませんのに。
チョコさんのおっしゃるとおり、1人で作業を背負い込まないでくださいね。

michiko さんのコメント...

くれぐれも無理しませんように。
一人で頑張っちゃダメよ^^

心のこもった「ばくるべや~」の
ギフト届きましたよ。
玉手箱のようにたくさん出てきてびっくり!
たくさんありがとう~♪
嬉しくてニタニタしてます。
ブログにもアップしたからね。
いい日曜日でした^^

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>ありがとう。私の勤務スケジュールが主任達のヘルプにそって造られていて、克休みが多くなって楽になりましたから大丈夫です。

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>昨年とは支店長が違う方でお店の仕入れが随分違い整頓も簡単になってきているので今年は楽だと思われます。只その分新しい主任達は仕事が遅いとかちょっと不出来な訳で、ヘルプとしてはあくまでもヘルプの立場でいられますので、まァ良い事にしています。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>私のが届いてまずは一安心です。私は毎日Michikoさんからの巾着、お洒落に使わせて頂いていますし、Michikoさんからの本の中の記事を真似て、お部屋のインテリアとして使う事も思って玄関ホール手すりに掛けてみました。

mico さんのコメント...

ブラックフライデー大変ですね~
お疲れが出ませんように・・・
そちらでは穏やかな天気が続いてる様で
好いですね。
ジョンデンバーのこの曲大好きです。
メロディーが頭に浮かんできました。
歌詞も好いですね~
こんな優しい気持ちで過ごせたら好いな。

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>私はMicoさんのブログを拝見するたびにお花たちや軽いお話がいつもSunshine on my shoulder~といった感じにさせられています。
この曲はブログ仲間の優しい気持ちが太陽のように溢れている感じにも似ていますよね。

Bambina さんのコメント...

歌の歌詞、こうして見ると一段とその良さが感じられます。
歌詞は「詩」なんですよね…。と、つくづく実感しております。

1つ質問なのですが、もし「つた」払いをしないと、どのようになるのでしょうか?やっぱり隙間からお家の中まで入り込んだりするのですか?
幼い頃にお世話になったプロテスタント教会が街で一番古く、いつも「つた」に覆われておりました。
でも、これが一層「味」を出してくれていて、好きでした。

多摩 さんのコメント...

アメリカではクリスマスまで商戦が大変でしょうね。無理をして体を壊しません様に。

フロリダの風 さんのコメント...

<Bambina&Manu様>ツタを掃わなければもううっそうとして隙間あらば伸び放題で字のごとく家を呑みこむ勢いなのです。アイビーのような小さな葉ではなく雨傘にして遊べるほどの大きな葉がにょき、にょきで、ジャックと豆の木のような感じなのです。
春には2階のバスルーム窓は両方太陽に光が差し込まなくなってしまいました。
そしてそのツタの葉を寝ぐらにマウスやリスがちょろちょろ渡り歩いたり、鳥の巣ができるわで、ちょっとしたトロピカル・ズーになってしまうのですよ。とうていロマンチックとは程遠い感じ。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

<Mr.Tama>Thank you for your concern.
I shall take care of my health to my best.
How is your work now?
Are you getting use to the way of your new life? You, too, please do take care.
I sure hope we'll be hearing from you more whenever you could manage your time, so we could find out more about your job and also about the granddaughter of yours.

gurefuru8 さんのコメント...

確かに北海道とはずいぶんちがうようですが、太陽のありがたみって言うのは世界中全ての場所で感じることができるでしょう。(旱魃で悩まされているところもあるでしょうけど・・・。

真っ白な雪原に輝く太陽っていうのもいいものですよね。目が痛くなるような日差しと雪からの照り返しのスキー場もたまらんですよ。

フロリダの風 さんのコメント...

<Gurefuru8様>私はウィンター病の気があるのですよ。(日本語の病名が解らないのですが)雨降りの灰色の空が自律神経失調をきたすわけです。(ちょっと大袈裟な表現をしてしまいました。)
寒さにも弱くなってしまったのですが、冬の晴天の雪の白さに反射する太陽は最高ですね~。Gurefuruさんの「たまらん」という表現が良く解りますよ。サンシャイン・イン・マイ・アイズ・メーク・ミー・ハイです。