12/07/2005

 クリスマスの飾り


今月の子供達の学校でのプロジェクトはデビッド(3年生)はアメリカ・インデアン(チャクトゥ)、シャーン(5年生)は電池発電回線、クリスティーナ(8年生)は女性大統領でした。
デイビットのはネット情報を集め写真デザイン加工と彼が書いたエッセイのタイピングを私が、ボード創りはダディがヘルプ。
シャーンのはグランパが情報、ダディが部品提供。
クリステーナは全て自分なりに情報を集め、デザインやエッセイを作成し、女性大統領になったとの仮定で国旗や国家、モットーなどを作りました。
クリスマスツリーを飾るつもりの休日がこれらのプロジェクトやら家の掃除に負われてしまい、今週末にはなんとかツリーをと思ってはいるのですが、、、。
今年は新しいのに代えようと思いつつもう10年も同じのを使っており、3メートルのツリーの枝ぶりがちょっとアンバランスな感じです。ハワイ在住最終年には5メートルもある生の松の大木をファミリールームに飾ったのですが、無論身長1.5メートルしかない私はほんの下部しか飾れず、長身のドンでさえ大きな梯子でやっとの思いでツリートップを付けた苦労と、クリスマス後大きな黒アリが幹に巣を造り、側にあったステレオがアリの産卵部屋と化し危うく家を乗っ取られそうになったこわ~い経験があり、以来生の木を家の中に飾るのは懲りています。


我が家は日頃から日曜教会に参加するような宗教家族ではありませんので春の復活祭や冬のキリストの誕生を祝うクリスマスはあくまでもこちらでの慣習的行事として家族で楽しむ祭日としての生活の一部です。
ここはは多種人種の溜まり場のような土地柄からユダヤ教信者の方達のハニカとアメリカ黒人の方達のクワンザがクリスマスと同時に祝われます。
子供達も低学年のクラスでは作文などの課題で「我が家の祭日」としての年中行事を書かされたりします。
多種多様人種が共同生活を営む割合は少ない日本ですと地方色豊かな行事の話しをする場合があっても、人種的文化の違いを課題にされる事はあまり聞きませんでした。
そしてまだ保守的人間もいるこちら米国東海岸では今の時代にもまだいるのかと首をかしげるかもしれないようなスキンヘッドと呼ばれる人達やKKK所属人間である事を言ってはばからないような愚かな人種偏見差別人がいるのです。
その心無い人達の仕業で昨年の街中に立てられたユダヤ教ハニカのキャンドル台メノラが壊されたりした事件があり、今年はそれが建てられませんでした。
自分がその宗教を信心するかしないかに関わらず、物を壊したり、人を差別視したり、拒否したり、傷つける行為はそれ自体が悪であり人道から外れる事であるとどうして理解できないのか、理解に苦しむところですね。
と、同時に宗教を信ずるが為に、それで他の人達に無理強いしたり、束縛しても良いと勝手にルールを作っている宗教家の方達にも問題がないとも云えません。
とかく、人の心をコントロールしたり、思考の自由を奪う行為というのはどのような形に表れてもそれは「悪行」であると今日は昨年にメノラがたっていた場所を見て思ったところでした。
クリスマスの飾りにはあまり関係なかったのですが、ツリーの写真が今のところはまだアップ出来ないので、お花に添えてフィガロの相も変わらない「鼻黒、オイラ顔」にしました。

12 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

先日ラジオで、この頃のアメリカはキリスト教のクリスマス一色から、いろんな宗教の祭典になっていると聞きました。いくら自身が正しいと思っていても、他宗教を正しいと信じている方がいる以上、相手のも認めないと争いになりますね。宗教上のことで争うなんて一番の悲劇だと思っています。
生木に蟻ですか。この頃は北欧でも合成品なのでしょうか。光ファイバーのツリーも綺麗ですよね。私はブログで拝見して楽しんでいます。
お孫さん達の力作、お手伝いも楽しい半分、大変さ半分ですね。

michiko さんのコメント...

こんばんは。

今日はうれしい日でした。
郵便屋さんにキスしたいくらい(笑)
CDを聴きながら絵本を眺めていると
涙腺がゆるみポタポタとこぼれるものが
あって、自分でもびっくりしたよ。
宗教が違っても住む国が違っても
人の思いやりの心は伝わるものですね。
本当にありがとう~♪

フィガロちゃんの「鼻黒、オイラ顔」
ステキです^^

mico さんのコメント...

クリスマス其処までやって来ましたね。
ツリーの出来上がり楽しみにしてます。
蟻にお家を乗っ取られなくて
よかったですね(笑う
宗教の問題難しいです。
フィガロちゃん凛々しい顔で
おすましですね。

gurefuru8 さんのコメント...

わたしは無宗教の唯物論者を気取っているのですが、その理由のひとつに宗教の歴史に攻撃性を感じたからというのがあります。
私個人の印象になってしまうかも知れませんが、一神教っていうのは「異教徒」をかなり激しく攻撃する性質があり、多神教では割と共存を望む感じなのかなと。でも、その宗教の考え方が唯一無二だというスタンスはあまり変わらないような気がします。攻撃性はなくても排他的ではあると言えると思います。

クリスマスを、家族と過ごす日というとらえ方は考えたことがありませんでした。ただ、「宗教のイベントはキライです」と思っておりました。世間様があまり宗教観無く便乗しているのを見て「愚かだなー」と思っておりました。逆ですね。宗教も関係なく、あくまでも「いい日」なんですね。自分の了見の狭さがよくわかりました。結局私自身が差別的に見ていたということでしょうね。

フィガロちゃん、超カメラ目線ですね。カッコよく撮らないと、承知しないぞ!ってところでしょうか。

満月 さんのコメント...

おはようございます。
今朝は、富士山が朝焼けを反射して、いつもの白い化粧がピンクに染まっています。
写真を撮ろうとしたのですが、何回やってもピンボケ。
...残念ながら断念しました。

自分の想いが大事ならば、他人の想いも大事にすべきですよね。
言葉が違っても肌の色が違っても、人々がお互いに認め合える日が来る事を願っています。

花桃 〈*・。・*)/ さんのコメント...

写真がホント綺麗ですね~。。。って、何時も思うんですが。 〈*・。・*)/
実は、我が家は今回は生の木をツリーにしようか?と言っていたんですが、ツリーと蟻のお話を読んで、やっぱ止めようかな?と思っています。
宗教は、個人の自由である筈なのに、何処でも色んな問題が出ているようですね。御互いの自由を認められない何て、悲しい事です。

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>生の松の木はとても良い匂いで、家の中が緑の森のような良い香りにつつまれるのが素敵なのですが、家の中では乾燥するのも速くて火事を出す原因になったりする危険性があるので最近ではファイバーのツリーを使うお家が多いと思われます。
子供達にとっては生の木も人工加工品もツリーはツリーとして変わりはそうないみたいです。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>喜んでいただけた事で私も嬉しくてなりません。こちらこそありがとう。
フィガロサンタと先日のチーコちゃんサンタの写真を並べて猫好きのこちらの友人にカードを造って上げました。題して「日米ニャンタ」受けましたョ(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>フィガロの顔の造りがなんとなく不満顔なのですよ。子猫の時はもっと愛らしいと思ったのですが、年々ふてぶてしく見えてくるのは年のせいかと思うと、フム、これは自分も鏡を見て笑顔の練習しなおさねばなどと考えさせられました。

フロリダの風 さんのコメント...

<Gurefuru8様>最近のフィガロはカメラを見ると「ン?何。撮るならさっさとネ」ってな感じです。以前はよく可愛くポーズなんて事もやってくれたのに、、。
何が不満なのか、もう少し話し合いをせねば、デス。

フロリダの風 さんのコメント...

<満月様>お話から富士山の奇麗な景色が想像されました。
美しい姿を見ることが出来る満月さんはラッキーですね~。
富士山、私も夫も大好きですよ。
「富士は日本一の山」です!(私にとっては世界一素敵だという思い入れがあります。)
先日は満月さんのブログで人を思いやることを書かれていましたね。同感々々と思いながら拝読させて頂きましたよ。

フロリダの風 さんのコメント...

<花桃様>でも生の木は本当に良い香りですよね。家中が森の中にいるような気分にさせられますね。
こちらに出荷されてくる松ノ木は虫除けが万全を尽くされていると聞きますが、昨年は最寄お店前のテントの木には白い虫が発生したとか。自然に勝つものはないのでしょうから生の木の素敵さは他に似せるのは難しいでしょうし、、、。良し悪しどちらも甲乙付けがたいですね~。
改築終了しましたか?
私の方はまだ始めてもいません。ハリケーンの修復に業者がひっぱりだこで我が家はあとまわしみたいです。