1/03/2006

私のお正月休み



晦日から元旦にかけてのドラッグストアでの夜勤はあちこちで大人達のパーティーが開かれているのが常のこちらの事情、来客もなく静かな年越しをしました。
元旦から売りに出される新DVDの棚に何点かのDVDを置きつつ、お正月からホラー映画でもないだろうに、、などと考えていたらこの休みを映画でと考えたらしい息子がレンタルで借りてありましたよ。
そこで新年の抱負なども考えるでもなしにそのDVDを見ることに決定という安易な結果に、、。
The Exorcism of Emily Rose「エミリーローズのエクソシズム」のタイトル画像脇には真実話の映画化とあります。
で、映画を観終えた感想は?
なるほど、そういう宗教的&精神的裁判であったのかという思いのみ。
怖いとか、信じていないとかそういう理由でもありませんが、一時はよく好んで観たこのテの映画を見る回数が最近では減ってきています。
ただ単に自身の生活事情とはマッチしずらくなっているからなのでしょう。
それとも感性に低下をみる自分の感覚が全ての受け入れから鈍感になってしまっているのかもしれません。
昨夜キャーキャー云い、云いこの映画を観ていたティーンの孫娘の姿こそ、人間らしい純粋で素直な感性なのだなァと変なところに感心などしているこの者はヒネクレ者になりつつあるかも、とそちらが心配。

その後動物好きのシャーンに付き合って「March of the Penguin(ペンギン帝国)」を観出した私でしたがどうも私は動物映画にとても弱くって途中からダディにバトンタッチ。厳しい自然の中でスバィバルするペンギンの姿に、その強さに感動するどころか、生きるというサガの哀しさで私の心は一杯になってしまったのです。2人が感心感動している側で涙を隠して本を読み出した愚かな私でした。

日本からの機内時間つぶしに読んでしまったと甥嫁から単行本『一リットルの涙』を頂き、昨夜読み通しました。
一生懸命な身障者の若い女性の生き様を読んで度々涙がこぼれました。
このお休みでMichikoさんから頂いた『しゃばけ』、Gurefuruさんからの『山猫博士』も読んで、私の頭は色々なジャンルの色々な思いが行き交う結果となったのでした。(これらの読書で自分を叱咤激励し自身に実がついたものとして活躍できる日が来る事を期待して)

ブログ書きもしましたし、こうして文にしてみると2日間のお休み中家事をしながら沢山の事をして得をしたような満足感はあります。
しかし私の暮らし振りには何か一貫性というものが無い感じがしないでもない。でも、ま、なにもしないでいるよりはこれで良かったのかナァ。

7 件のコメント:

花桃 (#^.^#) さんのコメント...

良いお休みになりましたね。

私も同じ、映画を見るのも年の所為かしら?好みが変わったように感じます。

でも、読書は未だに大好き!! 此れからも、時間を作って読みたいと思っています。

 

kazuyoo60 さんのコメント...

年齢によるか体調によって見たい画面も本も違いますね。どちらにしてもだらだらではなくて、家のこともなさった上で、本も読まれてビデオもブログも、やっぱりスーパーウーマンでいらっしゃいます。

チョコ さんのコメント...

和代さんのフロリダの風さんのスーパーウーマン説に、うんうんと大きくうなずきました。
私も映画を見ると涙が出てきます。
感動しても悲しくてもおかしくても涙が流れやすくなってきました。違いますか?
恐い映画と動物映画は私もあまり見ません。
後者は「ペンギン物語」として日本でも放映されたものだと思いますが見ていません。
『一リットルの涙』は私が娘の時に読んだように思います。本はとんと読みません。
映画館で「The Da Vinci Code」を読みたい!と思った(久々の感覚)ので本屋へ行ったら、高すぎてすごすごと帰ってまいりました。

mico さんのコメント...

充実した休日を過ごされましたね。
私も最近涙もろくなりました。
歳を重ねたせいでしょうか。
体の休養も取れましたか。

ちえこ さんのコメント...

今年もよろしくお願いいたします。

kazuyoo60さんが仰っていることに同感です。
ほんとに、フロリダの風さんはスーパーウーマンです!
今年も大いに刺激を頂に伺わせて下さいね。
そして、私もすごく涙もろくて。
近頃、台所でお料理しながらゲイリームーアのBALLADS&BLUESを聴きながら涙がこぼれちゃうの。年かしら(^ ^;)ゞ

満月 さんのコメント...

こんばんは、満月です。
大変遅ればせながら...で恐縮しています。
ご挨拶が遅れてしまってすみませんでした。

明けましておめでとうございます。
昨年は、魔女繋がりでお声をかけて頂いて以来、素敵な時間をプレゼントして頂いていました。ありがとうございました。
自分のパスポートは、一度も作った事がない満月です。
この目で外国を見た経験がありませんが、こうして海外で暮らしていらっしゃる方のブログを読みながら、「あらぁ...」「ほほぉ〜」「おぉぉ〜〜♪」...と興味津々で尽きる事がありません。
今年も、せっせと通って参りますので、どうぞよろしくお願いします。

フロリダの風 さんのコメント...

<花桃様>読書をしたくてもなかなか日本書が手に入り難い状況に私達はおかれていますものね~。それに古い本でももう2度と目を通さないと思いつつも捨てきれないでいます。でも昨年にはスペースつくりでどっさり涙を呑んで捨てたのですよ。
メールでご住所教えて頂けましたら日本の単行本などお回しいたしますが、いかがでしょう。
(もっとも花桃さんのところではアトランタに日本書店がありますものねェ。)

<Kazuyoo60様>いえ、いえとんでもありません。毎日が惰性で動いている様なものでスーパーウーマンなどとは程遠い生活にございます。Kazuyooさんのようにお花や植物の知識が豊富で、それに加え色々と生活の情報を通して前向きな日常をお暮らしのKazuyooさんこそ真のスーパーウーマンというものです。

<チョコ様>現在はダウィンチコードの単行本が安く売りに出されておりますよね。(日本では無いのかしら)私はハードカバーの本は殆ど持ちません。置くスペースもありませんし。「一リットルの涙」はそちらでTV映画化されてませんでしたか、そのような記憶が私の中にあるのですけれど。

<ちえこ様>皆さんも涙もろくなっておられると聞いて私だけが精神不安定ぎみなのかしらんと思っていたのがちょっぴり解消された思いに少し安心しましたよ~。(笑)

<満月様>お優しいコメント本当にありがとう。私こそどうぞ宜しくお願いいたします。是非、そうなさって下さい。私もブログでいつも楽しい会話を楽しませていただきます。サクちゃんもね。