2/09/2006

暖かい過ごし方


「寒い日の犬も楽しむ冬陽射し」
なんて一句を詠みました。寒いのです今日は。クッキーが日溜りを求めて居間で寝ています。
太陽の陽射しが暖かく午後現在は摂氏19度くらいです。
雪国の方達からすれば問題に成らないほどなのでしょうけれど猫も犬も今朝は日溜り探していました。「よそ様のワンちゃんなんか雪の中をかけまわってるってのに、、、何たる弱気な事だっ!」と云ってみたところで我が家の動物達は全員南国生れであります。

本屋さんにあるコーヒーコーナーというのがどのようなものかちょっと説明しようと思い丁度孫娘が読みたい本を購入するのを機に取材に行って参りました。(大袈裟な表現)
で、はい、このようなもので御座います。









要するに本屋さんの一角がコーヒーショップなわけで、コーヒーやクッキー、ケーキなんかを楽しみながらそこで購入した本、又は購入したい本を自由に持ち込んで読んだり、人と待ち合わせたり、お喋りしたりする場所です。
時にはそこで作家のサイン会や詩作朗読会などが催されたりもします。
因みにこちらの大手の本屋さんはこの形が多く、店内にはあちらこちらにベンチや椅子、テーブルも置かれていて立ち読み(というより座り読み?)もOKですよ。
子供の本のコーナーは特に小さいお子さんが楽しめるように出来ていて、ここに散歩がてら通って幼い子供に本を読んであげているお母さんの姿もあり、本に親しむようにと図書館の様な役割もしています。
こうして子供達は大きくなっても本好きとなり将来はこのような本屋に通う事となり強いてはその購売力へと繋がっていくのでしょう。
本屋さんのコーヒーコーナーでチーズケーキとモカコーヒーを頂きながらめくる本は寒い日には心を暖めてくれます。

13 件のコメント:

Cha Cha さんのコメント...

寒いですよね、こちらは、今晩は霜がまた降りそうなんです。

「購入したい本を自由に持ち込んで読んだり」って、これ、ほんと、微妙ですよね。日本人だからかしら、まだお金の払っていない、つまり、自分の買っていない本を持ち込んで、コーヒーまで飲みながら、読むというのには、抵抗あるのだが。。。これ、アメリカ人、平気でやってるもんねー。

あ、でも、いっつも立ち読みだから、どうせ立ち読みで終わるのなら、座って一服しながら、呼んだ方がましなのか???(笑)

gurefuru8 さんのコメント...

うわー、このコーヒーコーナー、素晴らしいですねぇ、テンション上がりまくりますよ。
コーヒーコーナーに行きたいというか、ここに住みたいくらいですよ。

買ってない本を本気読みって、ちょっとおかしい気もしますが、専門書とか内容のある本を買う時ほど、中身を確認したいですよね。これはいいなあ。
でも、本を汚さないように注意も必要ですね。

michiko さんのコメント...

いいなぁ~ 
本屋さんでコーヒーとチーズケーキ♪
いつも行く本屋さんがリニューアルして
赤いソファが2脚置かれただけで
感激したのだ~まだまだこちらの本屋さんは
遅れてるな~
本屋さんが大好きなので、こんな本屋さん
だったら一日いたいよ~!

mico さんのコメント...

好い雰囲気の本屋さんですね~
こちらの本屋さんとは全く違います。
幼い子に本を読んであげているお母さん
微笑ましいですね。

多摩 さんのコメント...

あれっ私のコメントが消えてますね。

所で日本では本屋の中にcoffee shopと言うのは無理でしょうかね。国民性の違いかもしれませんが、アメリカならではと言う所でしょうか。

kazuyoo60 さんのコメント...

本屋さん、良い雰囲気ですね。。ちょっと広い場所が必要ですけれど。
こんな場所なら気楽に行けて、本も読んだり買ったり出来て、構えなくても良いですね。
真似の上手な日本人、私が知らないだけで出来ているかもしれません(笑い)。

チョコ さんのコメント...

先日お書きになっておられた本屋の
コーヒーコーナーですね。
随分先を見据えた経営ですね。
言われなきゃ上2枚は普通のコ-ヒーショップで
下2枚は図書館の風景です。
でも、新品の本にシミがあるってことは
ないのでしょうか?
図書館にもコーヒーショップはありますか?
それはないですかねえ?

フロリダの風 さんのコメント...

<ChaCha様>他の州でもバーンズ&ノーベルやボーダーズはこの形式が多いですよね。
音楽店でも(レコード、CD)音楽を先に聴いてから選ぶという形が多くなりましたから、それと同じ事なのでしょうね。
でも音楽店内にはコーヒーショップコーナーが見当たりませんが、これも検討するといいのに。どう思います?

<Gurefuru8様>一日そこで専門書を読んだり写し取って勉強している人の姿がよくありますよ。ここを訪れる人達にはやはり図書館感覚で本を汚さない姿勢はあります。
雑誌やニュース紙のコーナーにはベンチが数個おいてあってそちらでは床にも座って読んでいる人達が大勢ですよ。
そのお店を訪れる人達はおおむね本好きで本を大事に扱うのを読みこしての企画です。
購買力は破損本被害より下る事は決して無いと思われますよ。

<Michiko様>こういう設定は本が好きで大事にしたいという本屋と買う側のお互いの信頼感が無ければ成り立ちませんよね。
日本でもこのような企画が大手本屋で始まっても不思議では無いと思われますがどうなのでしょうね。
こういうのが出来たらMichikoさんは足げに通うのでしょうね。そしてそのコーナーにもMichikoさんの造る陶器や巾着も置かれていたら更に最高なんだけどなぁ。

<Mico様>こういう所で子供に絵本を読んで聞かせるのは良いアイデアですよね。
幼い子の想像力を養い、遊びながらにして学ぶという情操教育ができますもの。
公園を駆け回って体力をつけ、こういった場所では思考力をつけられますよね。

<多摩様>日本では社会の成り立ちが個人選択の自由が侭ならぬ状態ではこういった形式はやはりちょっと無理なのでしょうかね。

<Kazuyoo60様>確かに心がとても楽で自由な空間です。そういえば本屋さんには本の他にカード、縫いぐるみ、チョコレートや小物が置いてあって、本を自分の為ばかりでなくて人にプレゼントする体制もあって、楽しみを分かち合うという意味に於いてもこういう感じは楽しいですよ。

<チョコ様>ええ、チョコさんにお聞きになって初めてそうか日本ではあまりこういったコーナーは無いのだったかと思った次第です。本に破損が出てもそれは本屋としては当たり前なロスとしてシステム化されているわけです。
大抵の図書館では映画鑑賞会や子供のクラフトや絵画指導日、詩作、演芸会や色々な催し物がスケジュールされていますが、食べ物とお喋りが厳禁なのはこういった本屋のコーヒーコーナーと違ったところでしょうね。

ニャンパル さんのコメント...

日本の書店でコーヒーを飲めるコーナーはないですね。ジュンク堂が椅子を置き始めていますが・・・・。
で、お知らせです。四葉のクローバーとGarfieldの写真をアップしましたので、見てくださいね!

フロリダの風 さんのコメント...

<ニャんパル様>日本でも本好きの方は大事に本をじっくり吟味してから購入したいでしょうからこのアイデアが普及しても成功すると思われますけれどね、どんなものでしょう。
私の代わりにクローバーを育てて下さっているようなもので、本当に嬉しいです。
早速お伺いします。

PaintMonster さんのコメント...

こんにちは。ひさしぶりです。
購入前の本の持込ができるコーヒーコーナー付きの書店は札幌にもありますよ。
読み終わった本は元の場所に戻さずに、レジ横の返却コーナーに戻します。
ただし雑誌とまんが、そしてグラフィック系の高価な本はダメです。
でも雰囲気はとても良いですよ。

写真のお店はたしかディビッドたちと一緒に行きましたね。
今年の7月に再びアメリカへ行くことになりました。こんどはサンディエゴです。
アメリカ最大のコミックのイベントが開催されるので、そこでロサンゼルスの友人と一緒にテーブルを出すことになりました。
夏のアメリカは久々なのでとても楽しみです。

フロリダの風 さんのコメント...

<Paintmonster様>やはり札幌にありますか。これから大きな本屋さんはこの形式が多くなるかもしれませんね。
ええ、家の近くのペンブルック・レーク・モール真向かいショッピングセンターのバーンズ&ノーブル店です。
7月のLAX近辺は暑いでしょうね~。
その時はまたSFO方面にも行きますか?

PaintMonster さんのコメント...

そうですね。時間があればSFO方面にも行きたいと思っています。もしかしてILM(ジョージルーカスのスタジオ)のクリエーターに会えるかもしれないので、楽しみです。

そして、以前行ったPIXARアニメーションのクリエーターから連絡があり、今度の日曜日に東京で会うことになりました。
とても楽しみです。