2/14/2006

資金繰り

ハッピーヴァレンタインデー!
まァ、そうご自分には関係の無い日だとおっしゃらずに、良い思いの日は無いより在るのがいいにきまっているのですからこの私の愛の日のお祝いにもお付き合い下さいませ。

右の写真は今朝のマイアミ・ヘラルド紙の一面記事です。
題して「愛情の実際の値段」とあります。
この記事によりますと、カード会社の報告でヴァレンタイン・デーで出費する額の平均は男性が128ドル、女性は74ドルという事で、男性が女性を引き付けるプレゼント額は年々上昇しているようです。
この日以外でも男性が女性に贈るプレゼント額のリストアップがされていますが、年間平均のトップはヴァケーション(小旅行)で3000ドル近い額で、続いて2500ドルの外食、1300ドルの宝石類とあります。
ご丁寧にも50年間では家一軒買えるほどの金額が女性に贈られるとの比較(?)金額が表示されていますですよ。
このようにアメリカ人というのはヴァレンタイン・デーのみならず、せっせと女性にプレゼントして自分をアピールする男性が多いという記事でした。
愛する人へのプレゼントに世の人々はその資金繰りも大変ですね。
カード会社にしてみるとこれが男性から女性へのプレゼントだろうが、その反対であろうがどちらにしても嬉しい金額なのでしょうが、お金で買えるプレゼントだけが女性を喜ばせると安心してはいけませぬぞ、各々方。(あ、でもプレゼントだけを当てにするちゃっかりやさんも沢山いるのも現実かしらネ)
因みにこちらでは日本であるホワイト・デーなるプレゼントのお返し日などはありません。
だって、愛情の日があって、その表現のプレゼントなのですから、プレゼントのお返しの日と云うのはそれこそ義理行動的で意図からずれているようで何か変じゃありません?

今日は孫娘はこの日に男子学生がお目当て女性やお友達にローズを買うから癌協会慈善募金集めの最良の日だろうと意気揚々と仕入れの花束を(リボンがけは自分達だったので大変でしたが)バケツにいっぱい持っての登校です。こちらの資金繰りも勝負の日なのだそうですよ。

先日に続いて今週も学校の美術指導クラスで花の絵を描いたシャーン(小5)ですが、今日はその絵と共に何やらパンフレットを持ち帰りました。
見ると何と“オリジナルアート”と題し、「子供のアートでオリジナルグッズを作りませんか」というオーダー用紙でした。
キーホルダー、Tシャツやエプロン等々22品ものオリジナルグッズリスト$5.75~$31.00の価格が示されています。
子供のアート精神を育て、PTAの教育資金作りの協力が出来、しかも幼い頃から作り出す喜びが将来にはビジネスワールドに直結しているという実生活をも教えることも出来る一石二鳥ではないかとおっしゃる方もおられるのでしょうが、私には何とも釈然としないものがあります。
無論得意とするものが人に認められ、求められる事が一番の個々の精神に崇高性があるとしても、アート精神というのはビジネスだけの為に造り出すものでしたっけ?学校側が必死になって教育資金繰りのあの手この手を考え出すたびに、何かが壊れていく気持ちになるのは古い考えなのでしょうかね。

***お知らせ-英語詩「Forget Me Not(勿忘草)」ブログに”I just love you”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://fgtmnt.blogspot.com/

14 件のコメント:

michiko さんのコメント...

ハッピーヴァレンタインデー!
一日遅れでごめんなさいね^^

日本のヴァレンタインデーは製菓会社の
陰謀で義理チョコやホワイトデーなるものが
定着してます。
愛のプレゼントにお返しはヘンだよね~
でも、ホワイトデーにちゃんとお返ししないと
「あの課長はケチだよね~」と言われるのだ。
上司も大変ですがな~

シャーン君のお花の絵は鮮やかな色ですね。
子供って思いがけない色使いでハッ!とする
ことあります。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>ハッピーヴァレンタイン・デー!いえ、こちらは今現在もまだ14日のヴァレンタインデーでありますよ。
子供達も先生やお友達に何やらもらって、私も今年のプレゼントはちょっと嬉しいものだったりの良い一日でした。

gurefuru8 さんのコメント...

ハッピーヴァレンタインデイ!


・・・とは書いてみましたが、あまり好きじゃないです。日本独自のヴァレンタイン文化のせいだと思われます。
確かに見返りが設定されてる愛情表現というのはおかしな話ですよね。
私の記憶では、小学校一年生くらいではもうチョコレートのやりとりがあり、私も親に、「もらったらお返ししなきゃならないんだからね」と言われました。

バレンタインもしっかりボランティアに貢献ですね。おもしろい&すばらしいアイディアですね。

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

バレンタインDAY・・・
毎年、お洒落して食事に行っていましたが、今年からは事情が変わってきましたよ!!
頑張って手料理でバレンタインしました。
そんなバレンタインも素敵に過ごせましたよん。
我が娘が父親に初めてのバレンタインは何年後なのかな~~??なんて考えながら(笑)

kazuyoo60 さんのコメント...

思いもしないことで、とても嬉しかったです。有り難うございます。
学校の資金に使われるとしても、半強制みたいな感じを受けますね。
シャーンちゃんの絵が注目されて、私まで嬉しいです。

フロリダの風 さんのコメント...

<Gurefuru8様>あんな素敵なプレゼントを奥様から頂いてもまだ何かしっくりしない行事なのですか?
私はハワイの女友達から素敵なメールカードいただいたり、夫からのプレゼントにご機嫌なヴァレンタインデーでしたよ~。
お店では山のようにおかれていた生バラの花がほとんど売り切れていました。
お花はやはりいつの時も一番人気です。

<しのぶっち様>今年からは家族3人でヴァレンタインデーですね。
ご主人には(しのぶっちさんにとってもでしょうけれど)最愛のヴァレンタイン・スィートハートは紫音ちゃんでしょうね。

<Kazuyoo60様>日常生活の一環を試行しただけの一日ではありますが、贈るのも受けるのもどちらでもかまわないただ皆が人を思う事の出来る嬉しい日でした。

ミミのママ さんのコメント...

今年のヴァレンタインデーは忙しくて手作りできず、チョコケーキを購入してしまいました。結構美味しかったので、来年も同じところで買っちゃおうかななんて考えています。
メインはしっかり日本的に、日本酒にお寿司を頂きました。なんか、チグハグですね。

^婆^ さんのコメント...

こんばんはー
発表します
私のヴァレンタインデーの出費は
300円でした
義理も義理
生命保険のおばちゃんが配る
チョコ程度です
みんな職場の若い女の子が手配してくれました
ありがたいですわ

あ゛~ 愛情かけたいですわ

フロリダの風 さんのコメント...

<ミミのママ様>特別チョコレートを購入して更に美味しいお食事だったのですか。
私でしたらお寿司だけで充分ラッキーなヴァレンタイン・デーですけれど、ちぐはぐどころか豪華お祝い日で楽しそう。

<^婆^様>ふふふっ、300円でそれなりの日が送れたのですね。
それはそれで大いに結構な事でした。
最後の一言、解ります。いえ、冗談でなくて。

チョコ さんのコメント...

ああ、アメリカで生まれたかったです。
でも、そのアメリカでプレゼントをもらわなかったら
ショックだから、やっぱ、日本でいっか。

シャーン君の絵。大人だったらバックの色を
変えるところだけど、あえて、花の色も鉢の色も
同じにしてる。
これはその色がきつくてまわりに反映している
ように写ったのかしら?と分析してみました。

Cha Cha さんのコメント...

バレンタインは特別、何もプレゼントしなかったんですよ、今年は。こういうのは、知り合って6年で、初めてです。

あ、でも、その代わり、月曜に、タンパまでフロリダステートフェアに行ってきました。まぁ、娘も一緒でしたが、それは、それなりに楽しい1日でした。

あ、これ、これ、この小学校でやってる子供の絵のアート、ついつい、買ってしまうのが、親心でしょうか。娘の絵は、はっきり言って、あまり、上手ではないのですが、彼女の絵のついたマグネットが冷蔵庫に数点ついてます。

フロリダの風 さんのコメント...

<チョコ様>もしチョコさんがこちらにお暮らしでしたら、多分ご主人や息子さん達そして彼らのガールフレンドなどからプレゼントがあったことだと容易に推測されますよ。
私は夫からは香水、息子のガールフレンドからはハート型チョコレート頂きました。
チョコさんもお気ずきのシャーンの絵のバックグランドですが、2月1日の私のブログにアップした絵もやはり茶色の鉢に茶色のテーブルでした。
彼の頭の中では何かを統一したつもりなのでしょうかね。

<ChaCha様>やはりそちらもマグネットなどお作りになりましたか。
私は時々自分で写真加工やそういったものをコンピュータープログラムで造るのでそれで間に合わせて勘弁してもらちゃっています。(無論専門家が作ったのは良いのですけれど)何もオーダーしない私は学校では資金繰りの足しにならない家庭と捕らえているのかも、、です。(苦笑)

mico さんのコメント...

ヴァレンタインデー、日本では間違った
使われ方をしてる様に感じました。
シャーン君の絵はっきりした色使いで素敵ですね。

フロリダの風 さんのコメント...

<Mico様>そうかもしれませんね。
でもすっかりヴァレンタインデーが今は定着しているので、これからだんだんに家族やお友達とも友情、愛情を確かめ合う日になりつつあるのかもしれません。
何か違うと感ずるのは、クリスマスもそうですが、日本は習慣が商法を産むのではなく、商方が習慣を先取りしようとするからコマーシャル化されて日常生活に密着性を感じなくなってしまうせいでしょうか。