2/18/2006

3月の催し事












昨日はボーイズの成績優秀者表彰式で、朝学校に出かけてきました。
ママも参観しに来ていたので久しぶりに子供達の日常生活報告を直接話せたのが幸いでした。
クリスティーナが膝と脛に何やら支障をきたしてきておりバトントワーリング・コーチの進めもあって近々ドクターに連れて行って治療法を考えねばならない状態なのです。
健康保険保持者でなければ医療を受けるのが大変なこちらの医療事情ですので、出費は私達でも親の保険会社証明が必要で親代わりの私達には法律的に彼女の医療を全面的に管理出来ないのが何とも不便であり難しいのがちょっと腹立たしくもあります。
3月4日(土曜)に以前に彼女が所属していたバトン学校主催のローカルの大会があるのですが、彼女は3日夜はローカルTV局主催する癌慈善センターの年一番の大エヴェントである「寝ずの一晩募金リレー」がありますので翌日の大会には良い成績が出せないのでしょうが昨年もこのエヴェントの為に不参加だったので今年は何としても出場したいと考えている矢先の足の具合に、ちょっと落胆しているようです。

3月と云えば日本ではお雛祭りの飾りつけが各家庭でも行われている頃でしょうね。
昨年心優しい友人が雛祭りの唄の歌詞を調べて下さいました。
それを保管ファイルからまた取り出して眺め唄いつつ、これまた心優しい友人達から頂いたお雛様をテーブルに並べてみました。
後でダイニングの方に移して飾り、今年も独り雛祭りを祝いたいと思っています。

~♪あかりをつけましょぼんぼりに
お花をあげましょ桃の花
五人ばやしの笛太鼓
今日は楽しい雛祭り♪ ~

~♪お内裏様とおひな様
二人並んですまし顔
お嫁にいらした姉様に
よく似た官女の白い顔♪ ~

~♪金の屏風に映る灯を
かすかに揺する春の風
少し白酒召されたか
赤いお顔の右大臣♪ ~

~♪着物を着替えて帯締めて
今日は私も晴れ姿
春のやよいのこの良き日
何より嬉しい雛祭り♪ ~

14 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

クリスティーナちゃん、ご心配ですね。一生懸命練習されて可哀想ですが、やっぱりお医者さんで治療して貰われて、今回はパスされた方が良いかもしれませんね。お若いからチャンスはまだありますでしょう。
学校で表彰して貰うのは、晴れがましくて、みんなのあこがれでしょうね。パチパチパチ。
可愛いおひな様達ですね。

ニャンパル さんのコメント...

この「雛祭り」の歌詞は、あのサトーハチローなんですからびっくりですね。寝そべって、タバコを咥えながら書いたそうです。妹の佐藤愛子の小説「血脈」からの彼とこの歌詞の雰囲気が一致しません。我が家もお雛様を飾りました。段飾りは場所がなく、押入れに入ったままです。いずれゴミになるのかなぁ!

marikoon さんのコメント...

お雛様についてのコメントも前の日のに書いたみたい。なんてそそっかしいのでしょう。
 前のを読んでみてください。

manomecchi さんのコメント...

おはようございます。
クリスティーナ心配です。なんともなければよいのですが・・・。

さて、ディビットの絵のアップ方法わかりましたか?わからなければ遠慮なくメールくださいね。今日また、スケッチに出かけるので夜かえってきたらUPできますよー★
では良い1日を★

ミミのママ さんのコメント...

クリスティーナちゃん、こちらで言う成長痛のようなものなのでしょうか、背が伸びる時に激痛があるようです。病院通いは大変ですが大事がないことを願います。
沢山の可愛いお雛様達ですね。

michiko さんのコメント...

クリスティーナちゃん 心配です。
医療事情は大変なのですね。
お大事にね。

おひなさまの段飾りは家も何年も出してないです。
引越しの時、大事に持ってはきたのですが
屋根裏の物置に入れたまま・・
いけませんね。
お内裏様だけでも出してあげなければ。

mico さんのコメント...

こんにちは
クリスティーナちゃんお大事に
なさってください。
お雛様好いですね。
私も飾ろうかな~

ももたうん さんのコメント...

もうすぐお雛まつり。3月。
うれしい雛祭り・・・と言うように、成長を喜ぶと共に、春を迎えられた喜びを表現しているのでしょうね。
クリスティーナさんの足の具合が心配ですね、成長期に運動をしすぎても支障をきたすようですから、きちんと診療していただくのが一番だと思います。どうぞ、お大事にね。

gurefuru8 さんのコメント...

スポーツに打ち込むと、やはり体に支障をきたすことがありますね。
私も小学生の頃に膝、中学で膝&股関節、学生時代に腰&頚骨と、打ち込むほどにケガが増えていきました。
ここらへんは自己管理ですから、ムリは本当に禁物です。

お雛様、飾っていただいてありがとうございます。いただいたチョコレートも嫁の母&私の母に届けさせていただきました。とても喜んでいました。ありがとうございます。

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>2,3日バトンの練習を休んでいますと今は痛みが治まっているようです。彼女の負けず嫌いの精神にもお休みが必要かと私は考えております。
こういった表彰式などの催しにその場で自分の親に向かって手を振るというのが子供達にはより大事で嬉しい出来事のようです。
子供達は自分が家族に愛されているという確信さを常に求めているのでしょうね。

<ニャンパル様>私は佐藤愛子女史の作品が大好きで、そのエッセイ集には多々影響を受けて生活をしている感がありますし、サトウハチロー氏のそのものぐさ、ぐうたら有態からは思いも出来ないほどの繊細で心優しい詩作文は私を魅了してやみません。
が、この雛祭りの詞がハチロー氏の創作であったとは知らずにいました。情報ありがとうございました。
えっ、飾らないお雛様がゴミ化しつつあるですと?う~ん、もったいない。

<Marikoon様>日本のお雛祭りっていいですよね~。私の幼い頃にはお雛様を飾る資金状態や心のゆとりもありませんでしたが今になってお雛様に特別な思いを寄せております次第。Marikoonさんブログ掲載のご友人がお造りになったお雛様、とっても素敵です。

<Manomecchi様>昨日ママの所から戻った子供達は姫は相変わらず姫やってて、ボーイズはもうビュイーンと近所の友達の家に行ったきりで、「ウン、画描くよ」といっていたのも忘れてしまってるようです。
子供達の興味が何時、何処にあるのか子守オババはついてゆけませぬ。(溜息)

<ミミのママ様>スポーツ歴7年のトワラーですので骨折やら打撲やらはどのチャンピオンにも見られることとしてそれなりの対処をしたいと思いますが確かに成長期体の変化もあって心とのバランスを取るのが難しいです。
ありがとうございます。
そちらのお雛様のセピア写真がとても素敵で印象的でした。

<Michiko様>そちらはお嬢さん、くるみちゃんがおりますから(あ、それにチーコちゃんも女の子ですものね)楽しい雛祭りをなさるのでしょうね。ええ、いつか是非お内裏様見せて頂きたいものですよ。
今閃いたのですけれど、お人形か縫いぐるみを頂いた巾着(いつも飾ってある)に入れて首を出して、巾着内裏雛と云うのを飾ろうかしら。これ、いいアイデアかも。

<Mico様>そう、ぜひ花の節句をお祝いなさいませよ。節句が違うとオロオロされるかもしれませんけれど別邸離れの鬼さん達にもお手伝いさせて雛人形を蔵から選び出させるというのはいかがかと、、、。

<ももたうん様>春を祝う桃の節句とこちらの復活祭。どちらも何か心温まるものがありますね。
今年の復活祭は4月です。キリスト再来復活された日としての復活祭、その日が毎年変わるのがちょっと変ですが、マァそのあたりは春が来るのも毎年違うということで良しとしましょう。(笑)

<Gurefuru8様>そんなにスポーツ上での怪我をなさってるのですか。スキーのほうでも毎日頑張っておられるのでしょうから、どうぞ充分健康管理を怠らずに頑張って下さいね。
日頃は棚の中に飾ってあるお雛様、この時期にはテーブルに飾り楽しんでいます。
こちらこそ本当にありがとう。生涯の宝物が増えました。
                  

Cha Cha さんのコメント...

あら、かわいいお雛様。そういえば、もう、そんな季節なのですね。

ウチの娘も、最近ひざの痛みをよく訴えてまして、来月の半ばにセントピータースバーグであるコンペティションにむけてがんばってるのですが、ちょっと心配。

お孫さんたち、成績優秀で、よくがんばりました。クリスティーナさんのひざも、お大事に。

フロリダの風 さんのコメント...

<ChaCha様>お嬢ちゃんもそうなのですか。先日までは左手親指打撲でフィンガートスは大丈夫でもフィンガーキャッチが大変のようでした。バトンが危険スポーツだとは一般の方にはまだまだしられていませんものね。
オリンピアンフィギャースケートのクリスティ山口が「スケートよりバトンの方が危険で難しい」と云ったとか、、。

今年の復活祭は4月ですね。
これを機に春が来たと解るというものですが、その頃からは暑くなりだすのでしょうね。

Minako さんのコメント...

遅ればせながらコメントしてすみません。
でもお孫さんたちへお祝いを一言と思いました。素晴らしいですね。おめでとうございます。

フロリダの風 さんのコメント...

<Minako様>わざわざのお言葉ありがとうございました。
そう大袈裟な事でも無いのに皆様にお祝いのコメントを頂きこちらが恐縮してしまいます。
こちらの子供達は自由気ままというか、個人性を伸ばすというか、成績が必ずしも将来の成功に繋がるということは無いようですが、一応私と夫が「教育係」として指定されているので(保護者というのとはちょっと違うのですが)子供達には頑張ってもらっています。ちょっと気恥ずかしいのですがブログ話ネタにしてしまいました。