2/24/2006

金メダル



今朝のマイアミヘラルド紙ブロワード地区版の一面記事です。
日本のフィギャースケートの金メダル獲得に心からの祝福「金メダルを首にかけられるとは信じられませんでした」とのMiss Arakawaのコメントと共に掲載されています。
新聞記事が拡大出来ないので記事が読み取れないと思われますが、下部にCohenの転んでしまった様子が報道されておりますですね。
金メダル獲得おめでとう!
Kristinaのコーチが日頃から云う『努力の日本人のバトントワーリングとフィギャースケートの技術には本質的にかなわない』という事を証明した日であります。(バトンがオリンピックに取り入れられるのをバトン協会はこれでまた奮起する事でしょう)
これまでの道はいかに厳しく大変なものであったろうと思うとこの金メダリストばかりではなく、その努力も虚しく成果を残せなかった全てのオリンピアンにも「ご苦労様、頑張りましたね」と心から拍手を送りたいと思いました。

今日はKristinaのアルバイトで初級者のバトンをコーチする日です。足の痛みは少しは治まっているのでコーチするだけなら大丈夫といっていますが、4月の州大会に出場出来るのかどうかドクターに相談が必要です。彼女の友人ライバルがトリップルイルージョンという高技術に成功した事を聞いたら彼女ショックだろうなァとちょっと心配です。

お話変わって、いつもとても素敵な感性で写真を撮る方のブログで古代エジプシャンが紙としたパピルスの植物をこれまた素敵な構成アングルにて撮られていて、こちらの方も私の心に金メダルを頂いたような気分になりました。
ご自分の背の高さがこのアングルでの写真になったとご謙遜しておられますが、私はもっと身長がありませんでしょうからやはり感性の問題でしょうね。私の撮影写真では到底このような金メダル候補にはなりようもありませんですよ。

9 件のコメント:

michiko さんのコメント...

荒川静香さんはきれいですね~♪
透き通るような色白の彼女にブルーの衣装が
とても似合ってますにゃ。
TVの前でうっとりしてますよ^^
やっぱり日々の努力なんだなぁ・・と
グータラの私は身の置き所がない(笑)
金メダル おめでとう!ばんざ~い!

kazuyoo60 さんのコメント...

それぞれの選手が、余人の分からない努力をしていると思います。サーシャは美人でチャーミングです。どの選手が金メダルでも不思議はありませんが、荒川選手で嬉しいのも事実です。
Kristinaちゃん、痛いのは可哀想ですね。まず、足を治されてからですね。お辛いでしょうけれど見守って上げて下さい。
パピルスはテレビで見ていますが、長くは写してくれませんから雰囲気だけです。カヤツリグサを大きくしたようなと思っていますが、大王松みたいな雰囲気ですね。最初の紙になったのですね。

manomecchi さんのコメント...

日本時間で午前3時から眠い目をこすり、エキシビジョンを見ました。とっても綺麗でした★そして、すけーとを見ているのにでてくる話題はクリスティーナのこと。あ!!こんなのクリスティーナがやっていた!なんてね。
早く彼女の体調が万全になることを願っています。

ちえこ さんのコメント...

荒川静香さんは、トリノ五輪の結果に沈んでいた日本の人たちに素晴らしい感動と喜びを与えてくれました。
私も何度も何度もテレビを見て感激してウルウルしました。
120パーセントの努力をして出せた力は80パーセントだと何かに書いてありましたが、ひたむきな努力の賜物に心から拍手を送りました。
そして、彼女をサポートしてくれた人たち、とりわけお母様の頑張り、衣装は殆ど手作りと言うのも驚きでした。
お父様も経済的に大変だったと・・・。
でも荒川静香さんだけでなく、出場した選手の方たちも同じようにたくさんの努力をして成果を出せなかった人たちにも心からの拍手を送りたいですね。

クリスティーナさんも故障が早く癒えるといいですね。

ももたうん さんのコメント...

荒川静香さんのスケート、とてもステキでしたね。自然と感動で涙がでそうになりました。オリンピックでこれだけの実力を出すのはとても大変なことなのだと思いますね。
メダルの無かった選手達も、ここまでの努力の道のりに金メダルをあげたいです。スタート直後に転倒してしまってそれで終わったアルペンの選手、フライングで、リンクを一周
もすることができなかった選手・・・さまざまなドラマがあってもうじきオリンピックも終わります。オリンピックが開催されるたびに、自分も地道な努力をしつづけなくては・・・と、思います。明日の為に!(ほんとに、難しいことですが)

いつもすてきなコメントをありがとうございます。コメントに感動して、会社の同僚に話すこともしばしばです。そして、写真の紹介、ありがとうございました。

mariko さんのコメント...

荒川さんのスケート素晴らしかったですね。しなやかな身体で蝶のように舞って本当に感動しました。プロフィルを聞いていると五歳から始めて、そして何度も挫折を繰り返しながら今日の栄光を勝ち取ったようですね。私はオリンピックで金だの銀だのメダルが取れなければ落胆したり歓喜したりするのはいやでした。各選手達がそこにたどり着くまでのドラマを考えると観客席でどんな言葉もかけられないような気がしていました。でも、荒川選手の金メダルは日本中を感動させました。私達のパソコン仲間は荒川選手のプロマイドいろんなニュースから手に入れて子供のときのようによろこんでいます。

満月 さんのコメント...

こんにちは。
荒川静香選手、美しかったですね。
静香という名前の通り、しんと静かな中にどこかいい香りのする様な、それでいてちゃんと芯が1本入っている様な...そんな美しさでした。

クリスティーナちゃん、早く治るといいですね。
怪我をした時には、怪我をしたなりに学ぶべきことがあります。気が付く事が、精神的にも技術的にも強くなり上達する為の種まきになると思うんです。
早く元気になって、また思い切りバトンが出来る様になりますように。
日本のへっぽこ魔女・満月が、使いの妖精に元気玉を持たせてクリスティーナちゃんへお届けします。
『あなたなら大丈夫よ♪』(呪文?)とお伝え下さい。
あくまでも”へっぽこ”ですから、クリスティーナちゃんの頑張りが一番です...(^^;。

mico さんのコメント...

荒川選手の金メダルに日本中が
喜びに湧いています。
暗いニュースばかりが続いていましたから。
クリスティーナちゃんの足の痛み
早く良くなって活躍できますよう願っています。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>クリスティーナが「ね、観た?観た?私観たよ~!凄く綺麗ですばらしいね、Arakawa!」と興奮気味でした。
こちらでは選手の名は呼びすてですけれど、これは親しみを込めての事です。

<Kazuyoo60様>大昔の文明に大いに貢献している植物はそこここにあるものですね。
その頃は野生でも今は珍しい植物なのでしょうか。

<Manomecchi様>先月から学科に体育が加わってそれで走るので更に痛めてしまったようです。回転は大丈夫なのですが、ジャンプ・ランドが辛いらしいので思うように練習できないのがちょっと苛立っているようです。
でも普通に歩けますからその点では問題はありません。

<ちえこ様>ええ、選手をサポートする家族というのは本当に大変だと容易に察しがつきます。
大会毎にかかる費用や時間、思い入れなどが全て家族メンバーの献身的な愛情で色々な犠牲や我慢などの上に支えられているのが常ですから。
荒川選手のご家族にも「ご苦労様、そして心からの成果におめでとう!」と皆が祝福してあげたいですよね。

<Mariko様>そうでしょうね。殆どのこういう種目は5、6才に始めるのが最適のようです。その後になると技術の一年というのを取り返すのは1年以上の根気と練習が加算されて結局落ちこぼれていく人もありますね。
メダリストばかりではなく不運にも良い成果をタイミング的に逃してしまう選手達にもその努力には惜しまず応援したいものですよね。

<満月様>そちらからのアブラカダブラ(日本ではチチンプイプイと云いましたっけ?)伝えておきます。
今ちょっと調子良さそうにしているのでもしかして満月さんのが効いてるかも?

<Mico様>本当に素晴らしかったですね~、荒川選手。それに清楚でとても美しい!
クリスティーナは体が固くて荒川選手のように足を頭の天辺まで持ち上げる技が不得意中の不得意。
今は5回転までは膝に負担がかからないでキャッチできるようで、6回転は膝が曲がってバトンを落とす率が多くなりました。
どうでしょうかね~、州大会、心配です。