3/04/2006

味と音


先週のドンの日曜クッキングはチキンヴェジタブル・スープでしたが、今日のは(土曜日なのですけれど)チリでありますよ。
チリはご存知肉と豆のチリパウダーのスパイス煮といった風で、こちらでは典型的田舎料理の一つです
これもドンのレーパートリーの一つで私自身がチリを作ったことはなく、ホットドックと一緒に食するなどという時には市販の缶のを買ってくるのでありますよ、はい。(それが各一般的で普通かと、、この手抜き主婦の言い訳であります)
全米何処でもチリ・クックオフ・トーナメント(チリ料理コンテスト)が催されますが、この街ペンブルックパイン市での年中行事もその開催時期に我が家から車で5分の地にあるCBスメス公園には腕に自信のある個人やレストラン経営者達のチリ料理自慢者が集まり競うわけで各地元放送局や新聞社の報道陣も入って大盛況です。我々一般人はこの日はその大混雑を避けてなるべく外出しないようにするのですけれどね。
今日のチリのお味もなかなかで、テーブルセンターのお花もドンが今日のクッキングの一部のように買って来て私に贈ってくれたもので、その演出も高点数を上げたいと思います。

3月ともなると夜の外ではカエルの大合唱です。種類でその声に違いがあるのでしょうね。『ゲロ、ゲロ』や『グァ、グァッ』といったのではなく声高の『ル、ル、ル~ッ』の大合唱ですよ。
この周辺は密集住宅街で街灯が夜も明るく照らしているのですが、それでも自然保護地である為か野生動物が多く、私の夜の勤務にはカエルの合唱ばかりでは無く店外周辺の色々な動物の鳴き声が音楽に聞こえて、日中に聞く鳥の声とはまた別の楽しさがあるものです。

***お知らせ-「風が見える時」ブログに”今日を生きる”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com/
尚「Forget Me Not(勿忘草の日々」にも”Lavender Field"を更新いたしました。http://fgtmnt.blogspot.com/

11 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

さすがは素敵な旦那様、お花を度々贈って下さるのですね~。満点のチリ、羨ましいです。。
読ませて頂いて、蛙の鳴き声を殆ど聞かなくなっているのを思い出しました。近くの溜池は、住宅になっていますし、子供の頃には残っていた水田も住宅になりましたし、用水路もフタをして、道路に変身しました。
我が家の水たまりにカエルは?、数年前に一度見たのですが、もう無理でしょうね。

manomecchi さんのコメント...

こんばんは!おじさんの料理大好きです!今でもあのターキーの味が忘れられません。今度行ったらぜひ教えてください!
本日我が家はフロリダの風さんの影響をを受けチリビーンズを作りました。そちらで買ったチリビーンズの素を使い、豆はキドニー豆とひよこ豆の水煮を使用!そして、主品はタコスです!そちらで買ったチーズタコの素を利用。美味しかったですよー★

HISA さんのコメント...

ドンさんというのはご主人様ですか?お花、素敵ですね。チリ料理は日本ではあまりポピュラーではありませんが、そちらはメキシコに近いからでしょうか。私は寒さにとても弱くて、「終の住処」は日本なら暖かい沖縄がいいなーなんて思っていました。でもフロリダもいいな~。春から初夏に向かう頃、我が菜園の周りの田園に田植えのための水が入ります。猛烈なカエルの合唱が始まります。

Cha Cha さんのコメント...

チリは、うちでも、結構食べますね。これって、同じようでも、人によって、つくり方とか、味が違うのね、だから、クックオフとかで、競うんだね。ウチのは、とても、競いあうほどではないが。。。

ウチのカエルは緑の小さいヤツです。あれは、鳴かないのかな???

gurefuru8 さんのコメント...

アメリカでは特定のテーマを持った料理コンテストが結構あるらしいですね。
私が以前見たテレビの番組で、ダッヂ・オーブンやバーベキューのコンテストがありました。調理はシンプルな感じなのですが、「THE 肉」とか、「THE 野菜」みたいな料理が多くて、「こういうのもいいな~」と思いました。日本とは食材を調達する段階で、スタイルが違うんだろうなーとか思ったりして。
シェフの料理&演出も素晴らしいですね。

オリンピックでのシャーン・ホワイトの滑りは抜群でしたね。日本人にとってはワールドカップには参戦していないアメリカ選手のレベルを思い知るような結果になりました。

michiko さんのコメント...

う~~ん!さすがアメリカの旦那さまぞ!
お花までプレゼント♪うれしいこと!
日本の風呂!飯!寝る!の旦那さまたちに
爪の垢でも・・(爆)
私の住むここらはまだ畑も残ってるし
空知川や公園の沼などもあるので
カエルの合唱は聞こえてきますが。
まだまだ先のことですにゃん^^

mico さんのコメント...

優しいだんな様ですね~羨ましいです。
家の周りにはまだ田圃が沢山あり、
田に水が張られると蛙の大合唱が始まります。

kazuyoo60 さんのコメント...

<今日を生きる>より
Dさんがお亡くなりになったのは寂しいですが、ご本人がおっしゃってたように、十分にこの世界で尽くされたのだと思います。ご主人も良い方ですね。それにフロリダの風様のご家族も、そっとされてたのでしょ。思いやりが素敵ですね~。
メール有り難うございました。

ももたうん さんのコメント...

こんにちは!
突然ですが、きょうはお願いがあります。イメージバトンを、受け取ってもらえないでしょうか?私のところに、「空」というテーマでバトンがまわってきました。その言葉からイメージして、また、次の方にべつの言葉でイメージしてもらう・・・という、連想ゲームみたいなものです。こちらにTBの仕方がわかりませんでしたので、私のブログをのぞいて見てください。ブログの中で、勝手にリンクも貼らせてもらっていますが、よかったら、受け取ってくださいね。決して、あやしいゲームではありませんから、安心してください。
昨晩遅く、コメントを入れたつもりだったのですが、うまくいかなかったようです。もし、ダブっていたらごめんなさい。

満月 さんのコメント...

フロリダの風さん、こんばんは。
ふと画面右側に目をやったら、7799の数字。
おぉ〜っ(*^◇^*)、フロリダの風さんのところも、7777ヒットを終えられたんですね。
満月は踏みませんでしたが、7777超え、おめでとうございました♪
これからも、折々の優しくて素敵な文章を楽しみにしています。

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>私のお花好きは皆の知るところで、動物に並んで一番に私の心を癒すものとしてこれらに関するプレゼントが自然多くなるようです。
以前にも記述したように当時一緒に勤務していた主任と彼女Dが両名共に若くして亡くなってしまったのが不思議なめぐり合わせのようにも感じています。

<Manomecchi様>そうでしたね。チリの素で作ったのでしたか。Donはこのところ他社からの誘いを断ったようです。飛行機いじりには大いに未練があるのでしょうが、学校運営学にも少し興味が出てきたようですよ。
どちらにせよ60%の心臓ではね、、、。健康維持が大変です。

<Hisa様>春のお掃除も済んでカエルや自然には益々いごごちが良い環境になられたでしょうねぇ。これからの沢山のお花が楽しみです。もっとも私は皆様のブログでのお話ですけれど。(笑)

<ChaCha様>ChaChaさんもチリはスクラッチからお造りになるの?チリは缶かレストランでと思う私は本当に面倒がりだと自分でそう思います。いますね、すごく小さい青いカエル。家の中でピョンピョンやってて、いったいどこから入ってきたのだろうと思うことがあります。大きいのは以前はよくお隣のニャンにあげた餌を目当てに家の前をウロウロしていて、猫もびっくり。猛毒をもって小動物と戦うのだそうで、ボーイズにも触らないように言いつけています。

<Gurefuru8様>コメント待っていましたよ~。リカヴァリして良かった!
数人の方がブログ辞めたのに重なった故障だったので私にもショックでしたよ~。
シャーンホワイトはスケートボードのトニーハークに次ぐ大物として皆が注目していて、うちのシャーンにとっては神様みたいなものですしね。(笑)

<Michiko様>カエルの声はまだまだの北国、そちらでのカエルの声は春ではなく夏の音ですよね。
私のお花好き気分を満たす事がDonにとっては一番手っ取り早い精神安定剤の役目をすると思っているようです。(実際そうなのですけれどね 笑)

<Mico様>カエルの合唱は秋の虫と同じにその時によっては楽しくもあり、うるさくもありといった感じです。ハワイでのガマカエルのギャーギャーには閉口しましたが、こちらでのこの春のルルル~ッ、コロコロ~ッは音楽的でいい音だと思います。

<ももたうん様>早速バトン受けました。このブログがTB機能が無くて失礼しましたが、それも返って知らないサイトをはじいてくれるのに役立っているのだと考えました。
PWの方をすっかりご無沙汰してしまっていますがももたうんさんは投稿を続けていらっしゃる?あちらはプロを退いた方も沢山おられて勉強させて頂きました。

<満月様>本当。そうですね。7777の懸賞でも掛けておけば良かったかなァなんて思いました。7月の一周年の事ばかり頭にあったのですが、、。満月さんの次のターゲットの数字は?