4/16/2006

復活祭



今日は復活祭。
外は雲一点もない青空好天気のピクニック春日和です。
この日は子供達が待望のエッグハントやピクニックがあり、子供は籠の中にキャンデーやマシュマロのお菓子、縫いぐるみ、玩具等を詰めたのをもらったりする楽しい春の行事なのです。イースターバニーがクリスマスのサンタさんよろしくこのプレゼントを持ってきてくれると子供達に話すわけで、クリスマスはサンタさん、イースターはウサギさんがプレゼントをこっそり家に運んでくれるというものです。
でも、イースターバニーはサンタさんのようにヘルパーも空を飛ぶソリもないわけでピョンピョン跳びながら家々の庭にやってくるのでキャンデーも玩具もほんの小さなものと決まっています。
そこで、昨夜の勤務先ドラッグストアは一晩を通して「これからバスケット積めをしなくっちゃァ」「バスケットを買ったけれど玉子型チョコレートを買うのを忘れてて、、」などのお母さんやお父さんイースターバニー達で大忙しでした。
キリスト教徒の方達は朝はイースタードレスを最高にドレスアップして教会で特別ミサに行き、午後からピクニックやパーティーをして楽しむのが普通です。

我が家の3人ももうイースターバニーを信じる年齢ではないのですけれど、玉子の色塗りは楽しみですし、今年はイースターバスケットの代わりに隠した玉子をみつけた褒美はキャッシュとなりましたが家に来てくれるバニーはちょっとお金持ちではないようなので形ばかりでも、ま、いいこととしましょう。(笑)
左バスケットのが子供達の色塗りしたゆで卵です。いい色にカラー出来たでしょう?右のはチョコレートやキャンデーの詰まったプラステックのイースターエッグです。

ドンの日曜クッキングの今日は復活祭特別出デナーとしてハムを焼き、子供達が色塗りしてエッグハントゲームで使用済みのゆで卵をサラダに入れていただく事になりますが18個ものゆで卵を食べ終わるのはこの大家族でも2日はかかるでしょうね。

***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/ に”軽くお喋り3”を更新致しました。宜しくご愛読願います。

14 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

テレビでも復活祭の事を取り上げてましたよ~~
エッグハントでダイバーが水中に卵を隠していましたが、はてはて誰が見つけるんでしょ~~~???(笑)

kazuyoo60 さんのコメント...

3人で綺麗に色塗りされてますね。なるほどゆで卵でしたか。私は卵の皮だけのを細工してあるのかなと思っていました。
プラスチックの中はキャンデーですね。こちらも楽しそうです。お祭りが生きていて良いですね~。
ひとり暮らしですから、祭りは何も--、お正月だけは一応それらしくしていますが--(笑い)。

gurefuru8 さんのコメント...

そちらでは、こういうイベントがあると、みんな「参加」する姿勢で臨むのですね。
日本人は飲んで食うだけの気がします。
みんなで写っている写真、楽しそうですね。

ももたうん さんのコメント...

カラフルな卵で、皆で楽しめる行事ですね。
それにしても、18個の卵は、ちょっと大変・・・
こちらでは全てのものが冬の眠りから覚めて、復活の日々。うれしい!!

michiko さんのコメント...

私は復活祭でみなが扮装して、ペットまで
一緒に集まってる様子をニュースで
見ました。
とかげとかヘビもいたよ~^^
18個のゆで卵はきついにゃ~
おでんに入ってるゆで卵は好物なんだけど(笑)

香菜 さんのコメント...

昔の人はいろんな行事を作って楽しんだのですね。アメリカ人の知恵を尊敬します。
そして、WOFさんの家族みんなで楽しまれる姿勢がステキです。
色塗りされているみんなの顔、とても楽しそうです。
そして、なんと!
見逃しませんでしたよ!
backにbagを発見!
michikoさんの巾着袋を飾っておられます。
使ってない時はしまいこまないで飾るとステキ!

Minako さんのコメント...

こちら、北欧でも卵に絵を描いたり、エッグハントしたりします。
でもイースターバニーはいません。変わりに私のブログにも書きましたが、イースターの魔女というかおばさんが各家庭を回ります。

満月 さんのコメント...

フロリダの風さん、こんにちは。
うちのピヨピヨ’Sは、キリスト教会の付属幼稚園に通っていましたので、卒園しても日曜日は、その教会の日曜学校へ行っています(最近、続けていけてないのですが)。
先日の日曜日、一足先に日曜学校でのイースターがあったようで、可愛らしくラピングしたゆで卵を「探して来たよ」と持ち帰って来ました。
日本の行事(宗教的なものも)も楽しいですが、海外の行事にふれるのも楽しい様です。

満月家なら、卵のサンドやスコッチエッグ...あとは、お醤油と出汁に入れて煮込む(殻は剥かずに亀裂を入れておく)か...かなぁ。
18個のゆで卵の「その後」が気になる満月でした♪

フロリダの風 さんのコメント...

<しのぶっち様>おや~っ、水中でのエッグハントとは。
ダイウィングスクールかなにかのお楽しみ余興だったのかしらね。
先日の紫音ちゃんのイースタードレス、とてもお似合いでしたよ。

<Kazuyoo60様>こういう催しは街中がそれに大のりするので、私もついつい子供達の為ばかりではなくてものってしまいます。(根が単純なのです。笑)
季節感があまりないので、「春だよ~」と皆が浮かれるのはいい事かもしれないと思っています。心にちょっぴり春の優しさが芽生える気持ちになります。

<Gurefuruサン>全米挙げての年中行事ですからクリスマスや感謝祭同様に家族、学校、も皆が習慣としても参加する事になります。
キリスト教のお祭りなのですけれど、結構春の到来を祝うには宗教に関係なく楽しめる日ですよ。

<ももたうん様>そちらもチューリップが咲き、春風が優しく吹く頃なのでしょうね。
新芽に息が吹き返るのをファインダーからいつも眺めておられる事でしょうか。

<Michiko様>コレステロールの問題もあるので、私は朝ゆで卵の白身だけを食して、もう少しで、多分今日あたりには全部始末つけられるかもです。
それで、多分全部やっとやつけたと思ったところで子供が「あれ、もうゆで卵なにの~。じゃァまた茹でてよ」というに違いないのです。(苦笑)

<香菜様>やはりお気付きになりましたね。
そうなのです。Michikoさんの巾着毎日眺めて楽しんでいるのですよ。
Gurefuruさんのおうちから頂いた和製バックは毎日使用して何処へでも私のお供で、Michikoさんの巾着はインテリア用。素敵でしょう?

<満月様>ピヨ君も楽しいエッグハントをしたのですね。
満月さんのお宅はキリスト教徒なのですか?
私はキリスト教徒ではないのですけれど、日本でキリスト教関連学校へ1年間行きましたので一応聖書など読んだ(読まされた?かな)のですがこちらでは習慣としての行事をするのみです。
ええ、サラダにしたりの後はゆで卵は私が白身だけを頑張って食べましたですよ。(頑張ってというところがちょっと馬鹿げてますね。笑)

HISA さんのコメント...

日本ではイースターはそれほど身近ではないですね。イースターにしてもクリスマスにしてもキリスト教のお祭りとされていますが、時代をさかのぼると、冬至の祭りだったり、春の訪れの祭りだったりします。世界の行事はほとんど豊穣を祈る祭りなんですね。それだけ生きるために食べるということが人類にとって最優先のことだったといえます。理屈はともかく楽しい行事にはノリノリでいきましょう。

Bambina さんのコメント...

色塗りされたイースターエッグの色がとってもきれいですね。パステルの春らしい色、素敵です。

イースターエッグチョコの中、そちらではどんなものが入っているのでしょうか?
昨年はアクセサリー入りのエッグチョコをgetしましたが、ことしはうさぎちゃんのイースターチョコを選んだので、中のおまけはナシでした…。
我が家では小さな子供がいないので、24才の姪と30代の私たちだけでなく、40ー50代の姉達もはしゃいでチョコエッグをあける次第です。

mariko さんのコメント...

イースターって子供達にとって楽しい日なんですね。キリスト教徒でない私にはちょっとわからないですがいろんなお祭りがあるんですね。玉子に色を塗るのも面白そうですね。日本にも成田さんのお祭りとかいろいろありますが。子供達が提灯を持って練り歩く七夕のようなものなのかしら。

Cha Cha さんのコメント...

今年は義母のうちに20数名、集まり、イースターの食事をしました。

あら、綺麗なタマゴに仕上がりましたね。今年はやりませんでしたが、いつも、ウチでもやりますよー。

そうそう、タマゴは、ウチではデビルド エッグにして、食べます。しかし、こんなにタマゴたべたら、コレステロールが多すぎで、身体にわるいではないかしら???あ、それもそうですが、こんなにキャンデー食べ過ぎたら、ぜったい、ダイエットにはよくないですね(笑)。

フロリダの風 さんのコメント...

<Hisa様>春になって自然に息がふきかえるのをみるのは嬉しいことですね。
我が家での復活祭は春のを知る行事にはとても大事なものなのです。
動物と自然と子供達の春のこの行事が私には何か心温まる優しい気持ちを運んでくれます。

<Bambina様>玉子型のチョコレートを卵型のプラステック容器にいれたりするのが多く、おまけつきチョコレート形式のチョコレートというのは少ないです。
ウサギの形にしたチョコレートも沢山出ます。あとはひよこ、うさぎの形にした色々なカラーのマシュマロのお菓子とか、シュガー細工が主ですよ。
今年の我が家のエッグハントはこの18個のゆで卵と21個のキャンデー詰めプラステックエッグの計39個でした。

<Mariko様>そうですね。最近だんだん日本の行事もこちらの行事を取り入れてきているところが多くなってきてはいるようです。
日本の七夕に一番似ているのはこちらではハロウィンという秋のお祭りかなとは思います。日本のお祭りが懐かしいですよ。
成田さんのお祭りがとても楽しみだったのを思い出しました。

<ChaCha様>Easter Get-togetherでパーテーをなさったのですか。
楽しかったでしょうね。
私達は親類が側にいないので皆が集まるパーテーやReunionはあまりないのですよ。
子供達も大きくなってイースターバスケットもあつらえるひつようもなくなってきて、もしかして今年か来年でエッグハントも終わりになるのでしょうが、、。
いずれにせよ子供達のお楽しみの一環である年中行事でした。