5/07/2006

キラ、キラ、キラリ












ジョージア州サヴァンナ市アームストロングパシフィック大学で開催された米国南東部バトントワーリング大会から帰宅しました。
フロリダ州代表獲得にならなかった孫娘クリスティーナの南東部代表獲得はかなり難しいものと思っておりましたので最下位も覚悟で気楽に参加出場したのでしたが、何と彼女が優勝したのです。
ミスメージャレット・オブ・ザ・サウスイーストのタイトルを獲得して、いままでに何度優勝しても単に笑顔だった彼女が今年初めてその喜びにこっそりと涙を流しているのを見て、私も涙が、、、。
「これで新しい衣装を全米大会出場の為には作らねばならないね」と嬉しくも、また私の出番にちょっぴり皮肉ジョークもでましたが彼女の涙も、トロフィーもこれから作る私の衣装デザインのライムストーンもキラ、キラ、キラリ。




帰宅すると私にもご褒美が待っていました。
北海道のMichiko WorldブログのMichikoさんからのケア・パッケージです。
これには私もまた、また涙です。
クリステーナの努力の結果がタイトル獲得というトロフィーという形で現れてもそれをマネージする私には私への褒美という物はないのですが、今回はありましたですよ。「ご苦労様、これからも元気に頑張って下さいね」という私に素晴らしい英気を与えてくれるものでした。
Michikoさん、本当にありがとう。これでまた頑張っていけます。
ブログ仲間達の優しい声援が私の生活を輝かせ、心の鏡と明日を思う気持ちにもキラ、キラ、キラリ。
私の今日は思いっきりキラ、キラ、キラリです。

17 件のコメント:

満月 さんのコメント...

フロリダの風さん、こんにちは。
嬉しいお知らせでした。
満月の目頭も熱くなり、ウルウルしてしまいましたよ。
おめでとうございます。
優勝良かったですね、クリスティーナちゃん。
彼女は、つらい足の怪我をキチンと糧にして、こころも技も一段上にアップ出来たのですね。
その努力、大変なものだったに違いありません(あ〜...ウルウル...)。

フロリダの風さんも、お疲れさまでした。
クリスティーナちゃんの影での様々なバックアップ、大変だった事でしょう。
クリスティーナちゃんの表彰台での笑顔と涙が、フロリダの風さんの心に刻まれ、一番の金メダルでありトロフィーになったのではないでしょうか。
おめでとうございます♪

michiko さんのコメント...

おめでとう~♪

何度もくり返し見入ってしまいましたよ。
毎日の努力の積み重ねが素晴らしい形に
なってよかった!よかった!
うれしい涙ですね~

ご褒美なんて言ってもらうと、身のおきどころが・・
失礼かな~と思いつつ、私が楽しんだ本や
音楽を送らせてもらいました。
一緒に楽しんでほしかったのよ~

kazuyoo60 さんのコメント...

クリスティーナちゃん、フロリダの風様、バンザイです。おめでとうございます。ほんとに嬉しいですよ。かなり長い間の演技が何回かあるようですね。頑張られましたね。
お疲れになりましたでしょうが、ほんとに良かったですね。

ももたうん さんのコメント...

おめでとうございまいた!
素晴らしい演技でした。しっかり見せていただきましたよ。
足の具合が悪かったことや、様々な壁を乗り越えての栄光ですね、ご本人の努力もさることながら、家族のサポートのたまものでもありますね。ほんとに、おめでとうございました。
また、次に向って、前進あるのみですね。

Cha Cha さんのコメント...

すごい、すごい、ほんとに、えらいですよ。まさに、Precisionという言葉を思い出させる演技ですね。ハイトス、一瞬のくるいのないものです。

遠いところまでお出かけで、お疲れ様でした。でも、フロリダの風さんと旦那さまの補助があったからこそ、こうやって、クリスティーナさんも最高の演技ができたのですよ。衣装も、すごい、綺麗です。

gurefuru8 さんのコメント...

クリスティーナちゃん、おめでとうございます&サポーターの皆様方お疲れさまでした。
さらにお忙しくなってしまうのかもしれませんが、がんばってくださいね。

バトンを上に投げたときに、しばらく落ちてこないのには驚きました。

匿名 さんのコメント...

しのぶっち

おめでとうございます~~!!
演技も衣装もステキです。
次回に向けて衣装の構想を練られてるんでしょうね!!
う~~ん
もう1回見させていただきま~~す。
ホント
クリスティーナさん&フロリダさんに
拍手~~~~

Minako さんのコメント...

おめでとうございます!!!!
凄い、素晴らしい演技ですよね。
なんだか、スケートの金メダルのド忘れしちゃった・・彼女を思い出す、優雅な演技で、優勝はまったく不思議でないですよ。
本当におめでとうございました。

HISA さんのコメント...

クリスティーナさん、快挙ですね。凄いです。フロリダの風さんはじめご家族の協力、応援もさることながらご本人の努力だと思います。人生、キラ・キラ・キラリと思えることがあるなんてお幸せです。ブログって不思議です。お会いしたことはないのですが、読ませていただいているうちに親しい友人のような気持ちになってきます。ブログ友達からの贈り物よかったですね。私まで嬉しくなります。

香菜 さんのコメント...

優勝、おめでとうございます。
ビデオのクリスティーナちゃんの演技にうっとりしました。
クルクル回ったりバトンの妙技をしたりと休みなく演技を続けられるのを見て感動しました。
優勝にも納得です。
ご家族の皆さまの協力が実ってうれしいです。
michikoさんからのタイミングの良いプレゼント、
うれしいですね。

ちえこ さんのコメント...

クリスティーナさんの演技を何度も何度も繰り返して見せていただきました。
難度の高い技がたくさん入っているように見受けられ、それを美しくこなしているクリスティーナさんをにこやかな笑顔で見守っている人も印象的でした(判定している審判の方かしら)優勝もうなずけるような素晴らしい演技でしたね。
フロリダの風さんには、又新しい衣装・・・の嬉しい心配の種が増えたようですが(*^。^*)
嬉しい結果もお疲れには変らないでしょうが、michikoさんからの嬉しい贈り物で疲れも吹き飛んだことでしょう。
まさに、心がキラキラしているのも察せられます。

フロリダの風 さんのコメント...

<満月様>何が一番私の気をつかうところとかといいますと、やはり彼女の精神的安定を図る事が一番大変と云えます。
何せ多感な年頃、自分の成果を出し切るには彼女の心に不安や乱れがあってはそれが無我の境地でその事に専念出来なくなるわけです。そして失敗があった時にはその落胆感、怒りと不満を全部私が受け取って上げなければならない、、精神不安定の逃げ道、思うやり場が無い心の何処かえのはけ口になって上げなければならない、そこが私の最大に辛いところです。(私の人間修業も足らなくて、、)
でも皆さんに沢山声援を頂き、大いに助けとなって私達を励ましてくれました。
ありがとう。

<Michiko様>本は読み切るのがもったいなかたのですけれど帰宅しての2日間で夢中で読ませて頂きました。いや~、面白かった~。
本はいっき読みですがあとのCDは小出しでちょびちょび大事に時間のある限りを繰り返して楽しませて頂くのが私の今の計画です。(私の『ちょび、ちょび、ハァ~楽しい、ちょびちょび、ハァ~大作戦』なんです 笑)
本当にありがとう。

<Kazuyoo60様>殆どの大会は3~4種目で計5~7パフォーマンスをします。(今回は3種目の5パフォーマンス)
朝7時半から準備期間で大抵の大会終了は午後6時位でそれから表彰式が1時間程あるので一日ががりのものなのです。
全米大会のみが1週間のエベントで個人・グループのバトン、旗、ポンポン、マーチ吹奏楽などの各種競技種目を競うのに数万人の若者がインディアナ州のノートルダム大学に集まるのですよ。

<ももたうん様>ありがとうございます。
この彼女の競技の付き合いは彼女が6歳の時からですからもう8年間もなのですが、全米大会出場は2000年からです。(2002年に初級者としての全米優勝を果たしましたが、中級、上級と進んでの成果はちょっと息止まりを感じていたところなのです)
この競技の為に私も色々な面でのセンスや精神力を学ばなければならなくなり、ブログ仲間の皆様には本当に色々な面でご指導頂いているといる次第です。
ももたうんさんにはその素晴らしい感性で大いに私を助けて頂いております。

<ChaCha様>お嬢さんの州大会ももうすぐというところなのでしょう?
この競技をする人達は皆「楽しんでいる」と口では言いつつもそれは厳しいものがあったりで、お互い親や保護者には「体力&忍耐」が必要ですよね。ChaChaさんにはここのところは誰よりも理解して頂いているところなのだろうと勝手に考えていますけれど。(笑)
お嬢さんにもレディーバグやクローバーのラッキーチャームを渡して上げたかったですよ。(私達も単なるジンクスだと解っていてもそれすらにも頼ってしまってます。ふふふっ)

<Gurefuru8様>少しずつ皆さんにも何となくバトントワーリングがどういうスポーツなのか知っていただきたくもありました。
優雅に見えるこのスポーツもかなりの率で怪我人が出たりするハードなスポーツなのですよ。フィギャースケートと草分けのようなスポーツで未だにオリンピックに認知してもらおうと数年来掛け合いがあるようですが、多分何時の日かKristinaが私の年になっている頃にはそうなっているのか、はたまた消え去っていく過去のスポーツとなるのかは興味深いところです。

<しのぶっち様>ありがとう。
これから紫音ちゃんが大きく成られたてどの様な分野のスポーツや学習や知識に興味を見出して進んでいくものかが楽しみですよね。
親は子供の能力は希望をサポートして一緒に悩み、祈り、一緒に頑張って生活を分かち合うわけですから。

<Minako様>子供の希望や夢や思いを理解しサポートしていく廻りは只々忍耐があるのみと思うことがありますが、これが私の人生なのだと開き直っています。
それに子供達がそれぞれに私の生活に夢と希望をも運んできてくれているのも確かな事実ですしね。
私はこの年になっても人間修行がなっていなくて毎日が試行錯誤の繰り返しなのかもしれません。子等を見て自分の不勉強さを思う私です。

<Hisa様>ありがとうございます。
ブログを通して色々な方と知りえた事が私には大きな心の支えと宝になっています。
Hisaさんともお知り合いになれて本当に良かった。お花や日常生活のお話にいつも色々なことを教えて頂いています。
自分以外の方の考えや生活を知る事によってそれらがいつも私に自分の生活をまた新しい観点から見る感覚を教えてくれるもので、このインターネットの恩恵あっての皆さんが私の宝もののような存在になっています。

<香菜様>ありがとう。
バトン競技とはこのようなものだと知っていただけて嬉しいです。
いえ、いえ。どの子もそれぞれにとても凄い技があり、その時のジャッジが彼女のパフォーマンススタイルを好きかどうかで違ってきますし、点数シートを見てそのコメントを度にクリアしていく方法しかないのですよ。
(それで上級は2人のジャッジがそれぞれに点数をつけるシステムです)
この日のオープンの種目ではちがうジャッジがダンススタイルを善しとしない人であったのでそちらは初めて7位という不成績だったのです。こういう時は体調と運とが合致しなければ好成績を残せない事になります。
何だか納得のいかないお話になってしまいましたね。

<ちえこ様>ありがとうございます。
ジャッジスマイルといいまして、ジャッジは常にパフォーマーを笑顔で応えるある意味での礼儀でもありまして。
顔の表情、体型運動バランス、ショーマンシップなどに20点の最高点を取るのは難しいものがあります。(笑顔を崩したり、苦痛の表情は減点の対象になります)
フロアでは明るく溌剌と演技していてフロアから一歩降りてから自分の成果に泣く子も沢山いるのですよ。でもその同じ子が次の種目の隣デスクの前ではまたにこやかに笑顔を作り、、と観客席で観ている親やサポーターには辛いシーンも、、。
こういうなかでの今回の予測しなかった優勝には本当に嬉しいものがありましたから一段落ホッと帰宅して、私にも御褒美が待っていたのには大感激しました。

ミミのママ さんのコメント...

クリスティーナちゃん大会優勝おめでとうございます。やりましたねー。無心の心が勝利をつかんだのでしょう。
ところで、演技画像を見たいのですが・・・開けません。横文字苦手、恥ずかしいから小さな声で聞いてます。
いろいろとお忙しいのに、お手間を取らせてしまって申し訳ありません。

フロリダの風 さんのコメント...

<ミミのママ様>ありがとうございます。
動画を開くのは画面真ん中の三角印をクリックしますと自動アップロードになりスタートしますよ。
動画はどのプログラムも三角印がプレイで四角印ボタンが停止ですのでお好きな時にお好きなようにクリックしますと動画始動&停止が出来ます。
皆様にクリスティーナのパフォーマンスを見て頂ける事を感謝しております。
他の方にこうして見ていただけるのも私達には大いに励みになっています。

ミミのママ さんのコメント...

やはり見ることが出来ません。あきらめることにしましたが、堂々と演技するクリスティーナちゃんの姿が見えます。フロリダさんや家族の力強い応援に答える姿に拍手です。
こんな素敵なキラ、キラ、キラリは何度でも歓迎します。
お騒がせしてすみませんでした。

PaintMonster さんのコメント...

こんにちは。
フロリダの風さんのお助けマンのペイントモンスターです。

おそらく、ミミのママさんのパソコンには
FlashPlayerが組み込まれていないのだと思います。
FlashPlayer日本語ダウンロードサイト
上記のサイトからダウンロードしてインストールしてください。おそらく見ることができるようなると思います。
もしもそれでも見られなかったら再度ご質問ください。

ミミのママ さんのコメント...

ペイントモンスターさん、ありがとうございました。
おかげ様で映像を見ることが出来ました。

フロリダさん、ペイントモンスターさんのおかげでクリスティーナちゃんと会えることが出来ました。お世話をおかけいたしました。
ハラハラドキドキ、バトンを投げるたびに、「落とさないで、しっかりキャッチして」と息が止まるようでした。
ドレスを着て優雅に立ち振る舞う姿に、ちょっとウルッときてしまいましたよ。演技の時とは別人のようです。堂々としていましたね。ステキです。これからも楽しく、怪我に気をつけて練習、大会にも頑張るようにお伝え下さい。
フロリダさんも、あまり無理をせずに、精一杯応援してあげてくださいね。