5/23/2006

今日は曇り空


あっ、空を飛ぶ絨毯!とよく見ると大きな絨毯に宣伝文句をつけたいつもの飛行広告でありますよ。
これにアラビアのお姫様がのっかっていたら面白かったのでしょうけれどね。



通常平地に大きな国旗がなびいているのが見えたら、それは間違いなく外車ディーラーです。(米国の外車ですので、日本のホンダ、日産、スバル、ドイツのベンツ、英国のBMW、韓国のヒュンダイ等)
外車を生産素国の国旗ではなくてこの国の星条旗であるのが人々に信頼を求めての宣伝広告でもあるわけです。

これ等の写真は両方とも車販売店ですけれど、それが小さな星条旗である場合は大抵が小学校である場合が殆どです。旗の大きさと又は小さくても数の多さから学校であるのか車のディーラーであるかが直ぐに見当がつくようです。
国旗を掲げるそれぞれの意図が異なった神聖な心を表現しているのでしょうけれど、ディーラーのこれらの星条旗はなんだか子供騙しの商売あの手この手といった感じで滑稽かもと思うのは私の偏屈論かしらん。事実この大きな旗が毎日販売には活躍しているのでしょうからね。

曇り空の下を運転して行った先は最寄のショッピングモールです。夫の誕生日が近いので家族で買い物に出かけた私達でした。
私と孫娘がデパートで何やら物色している合間は退屈な男3人はこれこの通り。





***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/に”一巻の終わり”を更新致しました。

8 件のコメント:

michiko さんのコメント...

どう見ても空飛ぶじゅうたんですね~^^
曇り空とはいえ空がひろ~~い!
飛んでみたいです♪
ちょっと乗っけて~~(笑)

デパートでの男性は世界共通でヒマそうね。

kazuyoo60 さんのコメント...

<一巻の終わり >より
講談調の名調子です。パチパチパチ。またまた被害ですか。1年も経たなかったら、無償修理か交換かと思うのですがダメですか。前にも書かれていましたけれど--、度々では退去処分でも仕方ないですね。

<今日は曇り空>より
軽飛行機が引っ張っています。広告に引っ張られて危険はないのでしょうね。
ご主人様の誕生日のプレゼント、良いのが見つかりましたか。男性陣もプレゼントを物色しなくて良いのですか。
賑やかなパーティーになりますね。

mariko さんのコメント...

 大空の中、ゆったりと飛んで気持ちがよさそうですね。どの画像も色彩が柔らかでいいですね。
 下の記事のバイバイばあちゃんかしら今日の朝、NHK番組で作者が語っていましたね。

フロリダの風 さんのコメント...

<Michiko様>この3人が読んでいるのは、日本の漫画本であります。
最近は日本の漫画本も英語に訳されていて、大人気です。
「誕生日のプレゼント品は適当に見ておいてよとは何事ぞオイっ」といった感じでしょう。
息子はこの時ダヴィンチコードの本も買いましたけれど。

フロリダの風 さんのコメント...

<Kazuyoo60様>やっと少しはマシな乾燥機を購入してきてちょっと気が楽になったような、、。なにせ私の休みの日は「洗濯婆さん」そのものといった山のような洗濯物の生活なのですよ。
この思わぬ出費に夫のプレゼントの方の資金が大幅に削られてしまいましたけれど、なんとか。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

<Mariko様>どこの国でも昔の人というのは芯の強い、苦労を苦労とも思わせない頑張り一徹の女性が沢山存在したように思います。
何が幸せで、何が理なのかを理解し、わきまえた人生を送りたいものだとこれ等の素晴らしい女性達から学ぶ事しきりです。

Minako さんのコメント...

空とぶじゅうたん、面白いですね。
いろんなマーケティング法を思いつくものです。
しかし、男性諸君は本当にショッピングが苦手で、我が家は男ばかりの所帯ですのでつまらないことしきりです。
でももう一人産んでまた男だったらと思うとそれもできません・・・(涙)

フロリダの風 さんのコメント...

<Minako様>ええ、女の子とドレスを見たり、小物を買い物したりはやはり楽しいですよ。息子が小さい頃は彼を連れて自分の物を買い物する時は何だか可哀想で必要以上に玩具を買い与えたのが私の間違い子育ての根源だったような、、(笑)