6/13/2006

曇りの日

嫌々ながら歯科医に今朝行ってきました。
夫の急な外出でアポイントメントをキャンセルする代わりに、なかなか通院したがらない私にその日を利用して埋めることを半ば強制されてしまい行ったという次第です。
歯科医も病院も私がなかなか行きたがらない理由の一つに他患者からのものなのか帰宅後に必ず熱を出すなりの風邪の様な状態の体調を崩す事にあります。
他、親切心のものなのでしょうが一応にお喋り好きなお医者だとか、無愛想なナースだとかに気をくばるのがとても嫌なのです。
待合室でぼんやり待つ間(何故アポイントの時間きっちりには治療できないのか、クリニックは常にオーバーブック状態なのですよね。治療時間に余裕をもさせての予約をしていては収入に響く為か待たされる患者にもスケジュールがあろうものとはおかまいも無しです)小さな待合室ガラス越しに外のハイビスカスが満開なのをぼんやりと眺めたりして番を待つのです。
今朝の歯科医のアシスタントを一目見て「アッ、しまった。手のごつい例の彼だ。」
以前にも彼のゴリゴリした手が何やらの器具で口に入れるたびに私の唇を切った記憶に「今日はあまり熱心にやらなくてもいいかんね。適当でいいのだかんね」と何故か漫画家東海林さだお氏のエッセイ本ショージ君口調で心の中でつぶやいた私であります。
「いいのだかんね」と心に思ったのが通じた(とは思えないけれど)か今日は前よりも短い時間で左上唇を少しばかり切れたに過ぎなかったのに安心しました。
腕は確かなこの歯科医さん。「今日も曇り空だな~。今年はハリケーンシーズンの入って既に熱帯性嵐が数多く発生しているからね、嫌になっちゃうなァ」とお喋り好き歯科医さんはそのごつ手アシスタントとハリケーンシーズンの話に始まりさして重要とは思えないおしゃべりを続け、あまり気の無いあいずちを打ちながら歯科医の椅子に寝そべっている私の心も曇りぎみなのでした。
熱帯性低気圧はアンドリアという名の嵐となりフロリダ州を北上ノースカロライナ州に上陸しているようです。

帰宅後子供達とランチに最寄のサラダバーに出かけました。
客の入りが少ないこの時間はファーストフードの方が人気なのでしょう。
子供達は自分で勝手に好きなものだけ取れるここのサラダとチリとヨーグルトアイスクリームがお気に入りなのですが夫と私には好きなレストランではないのです。
ファーストフードを食べる感覚でサラダを食べられるのが野菜好きの我が家の3人はいつもは好物のパスタやピザもここではパスするのです。

先日よりBlogspot.comの調子が悪く写真がアップ出来ずにおります。
写真がアップにならなかったり記事の編集がスンナリトとはいかなくなってもう数週間になり、気長にアレコレやってみたり待っていた私もだんだんこのブログプロバイダーの対応の遅さに嫌気がさしてきていますが無料でお借りしている場であり文句不平をウダウダ述べるのがちょっとばかり気が引けています。(といいながらこの赤文字はナンナノダ 笑)
アップ可能になりましたら随時写真を追加したいと思いますが、その時にはこのブログに訪問の方もいなくなっているのかもしれませんね。(哀&溜息)

2 件のコメント:

Minako さんのコメント...

Blogger,私も調子が悪い日が多く、アップデートを断念することしばしば・・なんとかしていただきたいですよね。
歯医者さん、私もよく、口が小さいのでやりにくいとかいわれます。アジア人の口ってやっぱりちいさいのでしょうか?

kazuyoo60 さんのコメント...

えっ、唇が切れたのですか。小柄なフロリダの風様、大きな手で不注意に扱われたら困りますよね。
それで、お帰りになってからの体調は如何ですか。心配です。いずこも同じ、予約時間にはなかなか診て貰えませんね。
ハリケーンの季節の始まりですか。カトリーナの記憶が生々しいです。