7/09/2006

とりあえず


孫娘の虫歯が痛みバトン練習に支障をきたしています。
それで歯医者さんへ。
一応救急手当てをしてもらい大会後に全面的に治療が必要らしいです。
救急手当ては係りつけ歯医者さんから連絡のその専門オフィスの方に出向いたのですが、このビル4階角治療室の眺めがとても良くて、それに南米移住者のアシスタントの女性がとても親切で、彼女はリラックスして治療を受ける事ができましたよ。

ワールドカップ熱が煮詰まってきた感じで、昨夜出勤すると主任Dさんが興奮冷めやらないおももちで話していました。「昨日スポーツTV観た?許せない!ハイチの国旗にXXチしたんだ。そして汚い言葉で黒人種を冒涜したんだよ」と、「うん、他国はヒットラーの真似までして殺人者国呼ばわりもあったぜ。」
しかしその誰もが「人生そのものの勝負と同じでさ、とりあえず仲良しにスポーツ競技の勝敗声援ができますかってんだ!」との仰せでした。
う~ん、熱狂的ファンはどこの国にも狂人的言動に走る輩が出るのは、困ったものだと冷めた私は思うのですけれどね~。

お話変わって。こちらでスイカと云えば縞模様のない細長い大きなのが普通なので、日本でよく見た小ぶりで丸く縞模様の入ったのが店頭にあったので買ってみました。
この形が珍しかったのでしょう、9才のディビッドは「あれ~、これ何?」
割ってみると皮が薄くて、種が無く、とても甘くジューシーでしたよ。


***フロリダの風一周年記念福袋実施中7月1日記参照の上、どしどしご応募下さい。お待ちしています。

7 件のコメント:

gurefuru8 さんのコメント...

すいかって、丸くて縞のあるのが「普通」だと思ってました。いろいろ種類があるんですねー。

サッカーには、特に熱狂的なファンが多くて、南米ではPKを外してファンに殺された選手がいたり、異なるチームのファン同士の暴動が起きたり、フーリガンなどの危険なファンは、ワールドカップ開催国への入国が制限されたり。信じられませんね。

とはいえ、今回のワールドカップでは、日本でも逮捕者ば出ましたからね。
スポーツは楽しく見なきゃダメですね。

kazuyoo60 さんのコメント...

私も今日歯医者へ行ってきました。今までの不摂生がたたっています。
丸いスイカは日本独特なんでしょうか。ラグビー型の大きなスイカですよね。
このお写真のは皮が薄くて美味しそうです。この頃は皮の薄いのが流行っているみたいですよ。
たまたまですが、黄色の小さなスイカを買ってきました。

ミミのママ さんのコメント...

あらまぁ~、大会前に歯痛ですか?痛いのかしらかわいそうに。試合中に痛まないといいのですが。歯医者さんとは思えないお洒落な感じのところですね。
薄い皮のスイカ、最近はスイカも種類が多くて、真っ黒で大きなラグビーボールのようなスイカが1万円に近い値段で売られていました。買ってもガツガツ食べれませんねー。だから買わなかったの、な~んて見栄張っちゃった。本当は見てただけ!!

フロリダの風 さんのコメント...

Grefuruさん
いつもスポーツの解説を明瞭にして頂いてとても楽しく学ばせて頂いています。
今回もこちらの同僚達との話しに一緒にワールドカップを楽しめたのもはGurefuruさんの前解説あってのものだと思っていますよ。
面白い事にさすが昔サッカー選手の吾が支店長はワールドカップ中はしっかりバケーションで試合密着観戦の日々を送ったようで試合終了後の翌日から勤務に戻っていますよ。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
ブログにも歯科医アポのお話がありましたね。治療は難なくお済でしょうか。
そうそう、黄色いスイカもでまわっていますね。同じ甘みなのでしょうけれど、視覚がともするとオレンジやアプリコットを想像させて食べてから「これ、甘いよね~」なんてお互いを確認したりしてしまいます。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

ミミのママ様
えっ、1万円もするスイカがあるのですか?
中に金やダイヤが仕込まれているわけではないのでしょう?(笑)
きっと何か特別な品種なのでしょうね~。
こちらではどんなに甘く、どんなに大きくて、どんなに有名な品種でも20ドル(2000円)もするスイカというのを見たことがありませんですが。
日本には色々な品や素晴らしいものが沢山あって感心させられますが、でも全てに物価が高くて驚かされます。

Minako さんのコメント...

ガラス張りで素敵な歯医者さんですね。
でもイスに座っていると景色・・見えないですかね?
北欧、スウェーデンにもスイカが出回ってます。縞々でないスイカですよ。