8/04/2006

8月背比べ


♪柱の傷は一昨年の~
5月5日の背比べ~
チマキ食べ食べ兄さんが~
測ってくれたせいの長け~
昨日比べりゃ何のこと~
やっと羽織の紐の長け~♪

と私は心の中で唄いながら、この様子を眺めていました。
我が家では毎年8月に3人の孫達の背丈を柱に記すのです。
やはり9才のデビッドが今年一番に伸びたのですが、「もうやはり伸びがあまりないよ~」と昨年嘆いていた14才のクリステーナはそれでもこの一年では約3センチ程伸びましたですよ。
クラスでも背丈は小さい彼女ですが、何故か他人からは年より2~3才は上に見られるのが平常の事で、背丈が年令の決め手にはなりませんけれど、弟達の成長を背丈で判断したり、またチビのグランマの私が年令不詳に見えるのが嫌なようです。
お話変わって、
先日シカゴの日本書店に寄った際に、あまり時間が無くて、店頭に並べてあった単行本のズラリから12冊ほど選んで購入したのみでした。
東野圭吾氏の本が沢山あって、私には目新しい作家でしたので、読んでみたいと思ったのです。
本格推理小説の枠を出て、趣向の好み問題は別として、話筋内容がヴァライティに富んでおり、知識に満ちた頭脳聡明な方とお見受けしました。
東海林さだお氏の相変わらずユーモアエッセイ集は、大の私好みんなのです。(『これは面白いだかんな、見過ごしは許されぬ』と私の心中も東海林氏口調なのであります。)
それと、群ようこ女史の、決して良好とは云えない家族への想いなどを読むと「あ、ははァ~。さもありなん」と笑えるし、(この点は佐藤愛子女史のエックス・ハズバンドの借金苦労話と似ていて)、それと、彼女の飼い猫しいちゃんや近所の猫ちゃんの話が、これまた楽しいのです。
本をネット購入するのは時間がかかって、(読みたい本を探すのに)大変ですし、暫くは書店に赴く予定もないので、旅行から帰宅してからは一辺に読みきらないよう、毎日ちょびり、ちょびりと読んでいるところです。(笑)

12 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

あらコメントが2度も消えて--これが3度目、いつもはこんな事はありませんのに--。
8月3日は何かの記念日でしょうか。お子達がみんな背が伸びて嬉しいですね。
クリスティーナちゃん、グランマがお若いのをウンと自慢して下さいね~。
日本語の本が何不自由なく?買えるのですね。どうなさっているのかと思っていました。

michiko さんのコメント...

宮部みゆきさんと群ようこさんのご本は
読みましたよ。
いつでも手に入る私でさえ、文庫本が並んでると
3・4冊は購入してしまいます。
読む本があると幸せ~(笑)
最近、砂川市の図書館も行くようになりました。
本は少ないけれど、新十津川と本の傾向が
違って新鮮です。
なんせただです(爆)

PaintMonster さんのコメント...

おかえりなさい。
私も先日2週間ほどサンディエゴとロサンゼルスを旅しました。ちょうど異常気象で46度の最高気温をマークした時にその場所に居ました。暑い!!
クリスティーナをモデルにしたフィギュアの複製作業を開始しました。間もなく私のサイトでオンライン販売を開始する予定です。

制作レポートは
日本語ブログの立体カテゴリ
http://plaza.rakuten.co.jp/paintmonsterblog/diary/?ctgy=8
をご覧ください。

香菜 さんのコメント...

PaintMonsterさんのクリスティーナちゃんの
フィギュアー製作過程を拝見しました。
私は勝手に リカちゃん人形のような感じを
頭に描いていたのでちょっと意外でしたが
かわいらしい感じはイメージぴったりです。
フロリダの風さん 、よかったですね♪

keiko さんのコメント...

フロリダの風さん、ご無沙汰をしております。三人のお孫さんはどうしていらっしゃるかなと思いつつ、わがやのたった一人の孫に振り回される日々でした。

背比べの歌のようにおじいちゃまがお孫さんの背丈を計っていらっしゃる光景は微笑ましいですね。ミレには近くにお爺ちゃんがいないので年に極わずか里帰りして会うぐらいです。その代わり婆は大奮闘です。

こちらは雨が降らずかんかん照りの毎日です。孫は園が休みの時は冷房の部屋の中で本を読んだりテレビを見たりして時間を過ごしています。このごろ英語のCDと絵本がセットになった教材をママが買ったのでそれを親子共々楽しんでいるようです。今朝は婆も一緒と言われて踊りました。

またお邪魔させてくださいませ。

Bambina さんのコメント...

こんにちは、フロリダの風さん。

お孫さん達の成長、うれしいですね。
写真の1枚もとっても素敵です。

そちらでは日本の本はどれくらいの金額で売られているのでしょうか?
私も日本の活字が恋しいです…。外地にいると日本の本は贅沢品になってしまいました。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
アメリカ東海岸のこちらは、ニューヨークだと日本のものが全て手に入りますし、西海岸はサンフランシスコでも同様ですが、各州でも大きな都市やホノルル以外の他の地での日本製品入手はかなり難しくて、こちらマイアミではインターネットで購入する以外では左程の方法がありません。
お隣の州ジョージアのアトランタに行っても小さな本屋さんが2軒ありましたが、本の数を少なく落胆して、その後は其処へは行きません。
やはり、ネットで詮索オーダーしか方法はないようです。
いえ、クリスティーナは私がママと思われるのがとても嫌なようです。(ママが綺麗なので、やはり綺麗なママ似と云われたいのだと思いますよ)

フロリダの風 さんのコメント...

Michiko様
足げに図書館に通う事をなさるという、その行動力には「凄いなァ、偉いなァ、素晴らしいなァ~」と感心しておりますですよ。
私のモノグサではとてもとても真似が出来ません。
もっともこちらの図書館には日本書物がありません。が、ハワイの大図書館(ホノルル)には大きな日本書籍棚があって友人が通いつめていましたから、私はやはり唯のモノグサですから、こちらの図書館に日本書物があったとしてもどうでしょうねェ。

フロリダの風 さんのコメント...

Paintmonster様
そちらもおかえりなさい。
DIDOのプルーフリード一応見ていただけましたか。
こちらではちょっとスケジュールのチェンジなどであたふたとしてブログの更新などをしていないのですが、後ほどRブログの件でメールします。
Kristina Doll(Baton Girl) は素敵!
モノクロの写真をそのまま彼女に見せたら、とても感激していましたよ。
彼女の心配は”But, will anyone buy?”だそうですよ。

フロリダの風 さんのコメント...

Keiko様
お久しぶりです。
来てくださって本当に嬉しかったです。
ミレちゃん大きくなられましたね~。
そうですか、一緒に英語ご本で踊りを・・ふふっ、楽しそうです。
私もやりましたもの。(今となっては懐かしい ♪Itty bitty spider went up the spud~Then came the sun and watsh the spud out~~)
ええ、是非またこちらを覗いて見てやって下さいませ。
私もそちらに伺わせて頂きますね。

フロリダの風 さんのコメント...

香菜様
Paintmonsterさんのフィギャーは玩具といっても収集用のマーケットラインなのです。
彼のアニメやカード、コマーシャルなどがだんだん世に認められてきていて、私達も大いに誉れに思っているところです。
何せ彼の会社マミーズがクリスティーナのスポンサーですしね。

フロリダの風 さんのコメント...

Bambina様
特にあちらこちら海外を回りすんでいらっしゃるBambinaさんにとっては日本の物は書籍に限らず全てが入手し難いでしょうね。
時に活字に飢えて、なんでもいいから日本語を目にしたら飛びついて拾い読みしたりする感じが私にもよく解りますですよ。
ネットで購入可ですけれど、やはり時間と資金に限りもありますものね。(これは私の場合の事ですけれど)
趣味が同じの人が近くにいたら、廻し読みも可能なのでしょうけれど、海外にいてはそうも簡単にいきませんしね。