10/12/2006

写真整理

先日写真整理をした際に昨年のラスベガス旅行(クリステーナのバトン大会、オールアメリカン選抜)に行った時の写真をフォトストーリーにしました。

アップついでに、他のフォトストーリー一緒にご覧下さい。

ブログお休みの間に何かいつもにしない事でもやろうかと、あれこれ手がけたのですけれど、結局何もこれとしてやり遂げていません。
その一つに、これまでに溜まりに溜まった写真の整理なんぞ、、と思ったのですが、まァ、この作業の大変さに2時間後にはもうギブアップでした。
そこで、せめてと、最近マイペースサイトに時間をかけているクリスティーナがそろそろ自分の幼少期の写真を保管するのに相応しい年令になった事かと、数枚を取り揃えてあげました。
その一枚にクリステーナが3才の時に「リトルミーツイン」という当人そっくりさん人形をある業者さんに2体造って貰い(それがちっとも似ていなかったのですけれど)、それが届いた時の写真が出てきましたので、その人形が棚の奥で埃をかぶっているのを思い、取り出してみました。
ところが、何と、この写真ではちょっと解り難いかと思いますが、お人形の茶色の眼が12年の時を経て、紫に変わっていました!

4 件のコメント:

香菜 さんのコメント...

おはようございます。

最初の写真ではフランスやイタリアにまで
旅行したような気分になりました。
2枚目はディズニーランドのアーケードの天井?
どこかで見たことあります。
こんなにいろいろな表情を見せるのですか!
一日道路に寝転がっていたいです。

お人形はまったく日本人のような顔ですね。
目が紫にとは不思議!
本物のクリスティナちゃんは茶色?
瞳の色は生まれたときからずっと変わらないのでしょうか?

kazuyoo60 さんのコメント...

普段全く目にしない綺麗なお写真ばかりです。ラスベガスは夢の町ですね。楽しませて頂きました。
この可愛いお人形の目が紫にですか。拡大してもそこまでは分かりませんが、2体もですか。クリスティーナちゃんだけですか。アメリカでは普通にされているんですか。熊ちゃん達も結構大きいですね。

フロリダの風 さんのコメント...

香菜様
2番目のライトはラスベガス・ダウンタウンのアーケードライトショーです。
時期的にプログラムが変わって、行く度に違うのが流されているのですが、この昨年のが一番綺麗で私の好みだったのですよ。

そうなんです。創作人形業者さんが当時あまり東洋人を扱ってなかったらしくて、クリスティーナの写真を参考にしたにもかかわらず、私がオーダーしたために、彼女が混血だと思わなかったようで、この鋳型を作ってその後の東洋人のサンプルにしたのです。
12年前の一体が200ドルはとても無駄で損をした思いを未だに拭えないで居ますよ。
でも、当時人形収集していた私は已む無くこれをコレクションに加えました。(他の一体は彼女のママにプレゼントしたのです)

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
Kristinaの眼の色は薄茶なのです。
彼女のママもダデイも茶色眼で私も茶で、一番血を引いたらしい夫のがへーゼル(グリーン系)なので、彼女のが薄茶に出たようです。
この熊ちゃん人形は夫がオーストラリアに出張の時、当時熊人形収集もしていた私にお土産として買ってきてくれたもので、居間のカウチに座って日頃私の話し相手もしてくれているものです。
私の人形収集癖はもう4年前に終了していますけれど、私は未だに人形や置物類が好きで日常の私の生活を共にする仲間でもあります。ちょっと(大いに?)精神年齢が幼いですが。(笑)