10/28/2006

ホリデーシーズン

今の時期はこの時勢漫画のごときでメリーサンクスギブウイーンです。
どこの店頭にもハロウィーンのキャンデイの側には感謝祭のテーブルデコレーションと一緒にクリスマスのストッキングやキャンドルが並べられています。
ジングルベルや聖夜の曲が流れる中、来る客は殆どが口を揃えて「あ~、もうこの時期なのだ。嫌になっちゃうね。気が重い。」とホリデーの忙しさと、金銭上の問題等を溜息交じりの軽口不満をする事で日常の挨拶を交わす今日この頃です。

写真を撮る機会が多いこのホリデー時期だというのに、またもや私のデジタルカメラが壊れてしまい、もう、がっかりです。暫くはまた息子のカメラを借りたり、携帯で撮る事になりそうです。

先日、日本のTV番組「あるある大辞典」でピスタチオがコレステロールを下げたり、体内をサラサラ血にするのには大いに良い健康食であるというのを見ました。
日本ではピーナツ以外のナッツをそれ程食するという事が無かった私も、こちらではこのピスタチオは時々スナックとして頂く機会は多く、好きなナッツと云えます。
このシーズンになると胡桃やカシューやこれらのナッツが沢山ギフトセットとなって出回るのでナッツの箱詰ギフトセットが店頭に表れ出すと、あァ、ホリデーシーズンに入ったななどと思わされるのも事実です。


***お知らせー「風が見える時」ブログに”或る日の職場にて”を更新いたしました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com

8 件のコメント:

michiko さんのコメント...

コレステロールの高い私としては
ピスタチオを買占めねばなりましぇん(笑)
血液サラサラというのを聞けば、玉ねぎも
ソレソレと食べるのですが、根気の無い
性格なので、長続きしませんわん。
だめだ・・こりゃ ><

こちらでも市役所や図書館の前に
かぼちゃがくり抜かれて置かれていますが
イマイチよくわかってないのが現状です(笑)

香菜 さんのコメント...

そちらはハロウィーン+クリスマスの出費が多いでしょうか?
こちらはクリスマス+しょうがつが頭を悩ませます。
ふうううっ。

ピスタチオやカユーナッツが大好きです。
ピスタチオはおもそうな見た印象と違って
働き者なのですね。いいですねえ!

gurefuru8 さんのコメント...

日本では、ダイエットや健康志向の番組で、この食材がいいよ、などと紹介されると、とたんに買い占められたり品薄になったり、何てミーハー揃いなのかと思ってしまいます。

私もそういう食材は、ちょっと気になってしまう、やはりミーハーなヤツだったりします。

これからは、子供にとっては楽しいイベントが目白押しですね。

Cha Cha さんのコメント...

メリーサンクスギブウイーン、分かる、分かる。ほんと、皆、一緒に売ってるものね。

今日は、ハロウィーンでしたけど、そちらはトリック オア トリーティング、出かけました???ウチは、今年は行かなかったの。。。なぜか、娘が今年はクールで、もう、行かないでいいよってことでした。あら、中学生だからってちょっと、大人になったかな???なんか、つまらない。

これから、ホリディシーズン、開幕。今から、疲れてるわー。

フロリダの風 さんのコメント...

Michiko様
聞くところによりますと、最近は日本でもハロウィンを楽しむ人達が出てきたようですね。
こちらにしても、この日は単に子供達が仮装してキャンデイを貰う日であり、スピリットがさまよう日らしいとの解釈のようですよ。
ちょっと日本のお盆ににてますが、日本ではキャンデイではなくて、ろうそくをもらいあるきましたよね。”ロウソク出せ、出せよ、出さないと引っ掻くぞ、おまけに食いつくぞ”なんて怖い唄を唄いましたっけ。

フロリダの風 さんのコメント...

Gurefuruさん
私もミーハーなんですよ。
何か情報を得ると、それを直ぐ試してみたくなるんです。
でもどれもあまり長続きしないのも特徴なのがミーハーのそれでありまして、、、。
ええ、これからは子供達には一番の時期ですよ。登校日もぐんと減りますしね。
しかも我が家やこの時期が子供達の誕生日でして、フ~ッ・・・(溜息)

フロリダの風 さんのコメント...

香菜様
カシューナッツやピーナッツを使った料理はありますけれど、ピスタチオはあまり料理にはつかわれないですよね。
唯、お菓子類にはよく使われますが。
私と夫の一番好きなアイスクリームはピスタチオのです。
でも1日10粒で良いコレステロールコントロールも10粒だけで抑える事が出来ない私はやはり無理があるようですよ。(笑)

フロリダの風 さんのコメント...

Chacha様
子供達の毎年の成長がこの時期に良く解りますよね。
クリスマスのプレゼントにしても玩具では納得しなくなってきますし。
ハイテックの品は未だちょっと高価ですしね。
大人達の懐具合と子供にかかる費用は反比例ですよ、これをもって”成長反比例の原則”と名付けましたデス。(笑)