5/31/2007

夏休み~ッ!

一昨年までは夏休みは9月中旬までの3ヶ月間半だったのが州教育システムが変わり1ヶ月短くなったわけです。とはいえ、明日からは子供達が家で遊び放題が(夏休みの宿題なんてのはありませんしね)で親達の精神衛生を妨害する生活がどの家庭でもはじまるわけでありますゾ。
この私は登校の準備やら、運転送迎やらがないだけ、朝寝坊が出来るので楽です。

先日高校でカラーガードの「父兄と卒業生に送るリサイタル」の夕べというのがあって、プログラム中に孫娘が特別出演でバトントワーリングを披露して、父兄や学生が総立ちの賞賛を受け、バトン生活を一応引退して少しは気落ちしていた私の心はもう、彼女を誇らしく思うと同時にこれまでの感慨と感激でウルウル目になってしまいました。それで、この映像がまったく良く撮れていないのは、私が彼女のソロ・パフォーマンスをしっかり心の目で見たいが為に、ついカメラで写していた事を忘れてしまった結果なのです。
(恥ずかしながら、それも皆さんに観ていただこうとここに載せる事にしたのですよ。)

今勤務先のドラッグストアで昔流行したキュービック・ルーブが大売れです。
今日で子供達の終業、6月1日~8月20日は新学期が始まる前の夏休みです。
多分最近ウィル・スミスの映画『パスーオブハッピネス」http://www.sonypictures.com/homevideo/thepursuitofhappyness/
のせいなのかもしれませんが、小中学生、大人にも人気なのです。でも今は色合わせはウェブサイトを手本にしてやったりするので、昔の子供達の頭脳の使い方とはちょっと違っています。(私はサイトを観ても、巧く出来ない。トホホ、、。)
その頭脳回転の遅さとは関係ないとは思うのですけれど、店内メインレジスターにオツリコイン機械がつけられました。これは外国人雇用店員がオツリの小銭勘定を計算間違えない為と(もっとも金額はコンピューターに表示されているのですが、コインの種類を間違えて計算差額が大幅になってきた為らしい)
コンピューターが表示する私の一日の接客件数は約6時間平均で170-250です。その日によって私のプロジェクトが変わりますが、在庫整理や新製品ショーケース(化粧部)&キャンデーとバッテリーの棚が主に私の責任下にあります。
「日本人がこういう所で働いているのに初めて会いましたよ」と日本人のお客が驚いていましたが、確かにそうですね。そう驚かれたのは数回あります。
こちらにいる日本人の方は(以前の私も含め)大抵は航空会社か企業会社の駐在か、学生か観光といったところですから、リテールビジネス、それも低賃金なクラークをしているのをそう見かけないものです。
日本に対する知識不足や文化や思考の違いに触れるにつけ『人間って、面白おかしいものだなァ』とその度思う私なのでアリマス。

8 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

クリスティーナちゃん、皆さんの前で素晴らしいです。
歓声が聞こえます。誰もが出来ることではありません。
キュービック・ルーブ、昔していました。1面は合わせても、全面は1度も出来ません。
近頃のレジは金額を打ち込むと、紙幣はレジのケースから、コインは自動で出てきます。段々進化していますね。
日本人の観光客も来られるのですね。日本語で話されてたら分かりますよね。
250人もの相手をされてるんですか~。接客のプロでもすごいです。

風のたより(S.K) さんのコメント...

フロリダの風さんの久しぶりでした。
すっかりご無沙汰してしまいごめんなさい!!

もうそちらは学校夏休みに入ったんですか?
日本より早いんですね。
お孫さんにとっては嬉しいでしょうが、フロリダの風さんにとってはちょっと大変でしょうか??
でも皆さん良いお孫さんばかりだからお手伝いもするんでしょうね。
かえって助かるかな?

ちえこ さんのコメント...

クリスティーナちゃんの演技を見ていたら、なんだか私までウルウルしちゃいました。
素晴らしいパフォーマンス!
音楽に合わせての動きは、事前に振り付けを決めておくのかしら。
試合のときとは違う振り付けですね。
歓声もすごいですね!
フロリダの風さんの感動のお気持ちがよくわかります。

michiko さんのコメント...

こんばんは。
とってもすばらしいです。
歓声もすごいですね~
ときどき、カメラの画面からいなくなるのが
ご愛嬌ですにゃん^^v
クリスティーナちゃんとフロリダの風さんの
今までの努力に乾杯♪

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
これがホリデーシーズンや大売出しの時期には接客のみでプロジェクトや設定などは一切せず450件ほどの数を持つことになります。でもあまり頭脳を使わない単純作業ですから、あちこち走り回らない接客は8時間立ちっ放しの足腰が疲れるくらいです。
毎日自分のやった事が明快にコンピューターに打ち出されると「よしよし、まだまだ私は大丈夫やっていけそう」と自分の励みになって少しばかりの満足感を味わう事ができます。
私は極端な出不精人間ですから、この仕事をやっていけるのが私の精一杯の社交と健康法だと思っています。笑

フロリダの風 さんのコメント...

風のたより様
子供達は遊び放題、食べ放題ですよ。
見かねた夫が3人交代でグランマの手伝い日というのを設定し、少しばかりの楽をしています。
今年は6年ぶりで孫娘のバトン全米大会に出かけなくても良いわけで、やっと家族旅行らしきものをしようかと今計画中です。

フロリダの風 さんのコメント...

ちえこ様
バトンの試合では技の種類を流れのように体の全ての部分を活かし、リズムとテンポとバランスがくずれないで2分30秒間の間で行うわけですが、この創作バトンダンスはそのソロの技を取り入れて、2本バトンと3本バトンもアレンジしたわけですが、彼女はあまり難しい技をつかっていませんし、普通は5回転から6回転するのをたったの3回転か4回転ですませています。
カラーガードでは彼女は険とハタダンスで、剣は3回転する人が上級ですから、彼女が初めての試みだったわけですので、観客はバトンの技を見て多いに驚き歓声をあげたのでしょう。
バトンを引退した彼女が初めてプレシャーからのがれて笑顔でバトンを楽しんだパフォーマンスでした。

フロリダの風 さんのコメント...

Michiko様
この他にも彼女は3つほどグループでダンスをしたのですが、私は観るのに忙しくてカメラで撮らなかったので「なぜよ~っ。ボーイフレンド相手に踊ったのも撮って残してくれなかったのォ。もう~っ!」と後から散々文句言われてしまいましたです。
だって、これからはたっぷり(あと3年間)カラーガードのグループダンスを観る機会があるのでしょうからね。いいんです。
これで8年間の一つの彼女の歴史が閉じ、カラーガードでも大学の奨学金制度があるので、学力奨学金が駄目になったら、それを狙うのかもしれません。