7/15/2007

今日は映画鑑賞日



今日は子供達は「ハリーポッター」の新作映画を観にゆきましたが私は息子がレンタルしたDVDで「ハリウッドランド」を夫と二人で観ました。
幼い頃、家に初めてテレビがつけられ、小学生の私にはその頃の一番人気の「スーパーマン」が楽しみで、兄達と夢中になって観たものでした。
当時東京方面では「ララミー牧場」が一番人気の番組だったと話しに聴いていましたが、私の田舎では放映されておらず、スーパーマンだけはロングランでした。
今でもテレビ番組元祖スーパーマンのジョージリーブの死はミステリーとして取り上げられるのが、その当時の文化生活を含めての人間像が興味深く思われます。
結局、彼はその当時の映画界やその文化と溶け合わず、自殺か他殺かは別にしてもハリウッドの男優として生きていけなかったのでしょう。
見終えて、何かしっくりとこない後味が残りました。


兎に角負けん気の10才のデビッドは、お姉さんクリィステーナのチャンピョンの座に負けたと一昨年にバトントワーリングを辞め、お兄さんシャーンのスケボー回転高飛びに負けたとの落胆から昨年にはスケボーも辞めていたのでしたが、この夏休みの退屈には耐えられなくなったものか、またスケボーをやりだして、最近ではプロスケーターからも誉められたとかで、夢中になっています。
二人のボーイズは今や大人と一緒になってすべるようで、来年度はチャンピョンシップに出場を進められているようです。今は夢中でも、ま、いつまでやるのかはわかりません。気まぐれなものですから。
やりたければどんどんやれば良いし、辞めても困る事でもないですしね。
遊ぶのは夏休みに思いっきりおやりなさい。で、新学期になったら学業はしっかりやってもらわなければ、大学進学は奨学金とパートの仕事で自分でやり繰りしてもらうつもりでいますから。
奨学金をもらえないと自分で学生ローンを組むことになるぞョ。(解ってますって、との声あり。)
我が家に資金繰りを当てには出来ないからね、孫達諸君よ、せいぜい頑張ってくれィ!!

8 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

スパーマンもララミー牧場も大好きでした。テレビは一生懸命見ていました。そのころのアメリカのドラマはあこがれでしたよ。
坊ちゃん達はスケボーですか。夢中になることがある、体を動かす、とても良いことですね。
選択肢が沢山あるのも素晴らしいです。成績の良いお孫さん達、何の心配も要らないでしょうけれど、これからもすくすく大きくなって欲しいです。

michiko さんのコメント...

今でも覚えていますよ。
ウチにTVが来たのは、小学校5年生ころです。
TVの前に幕がかけてあるほど、我が家で唯一
貴重な財産でした(笑)

ベン・アフレックが演じるのは
元祖スーパーマンのジョージリーブですか。
最近、日本では「ダイ・ハード4」が
人気です。

ボーイズは元気でよろしいにゃ♪

bambina marinka さんのコメント...

ご無沙汰しております!!!

お孫さんたち、本当に生き生きと才能を発揮されているんですね。素晴らしい!!!
こうやって早いうちからチャンピオンシップに出場したり、プロの人にほめられたり…という機会があることで、才能の芽がもっとのびるんでしょうね。

フロリダの風さんの温かい眼差しが想像できます。

風のたより(S.K) さんのコメント...

フロリダの風さん、ご無沙汰していました。
お元気でお過ごしのようで何よりです。

ニャンちゃんのステンドグラス素敵ですね。
ペイント・グラスもやってらしたんですね。

オーバーザレインボーはつい一緒に口ずさんでしまいました。(笑)

お孫さん達もそれぞれ大きくなられて、、、
そちらでは大学進学は親掛かりではなく、ちゃんと本人が親にローンを組んで貸してもらうかバイトで資金を作るようですね。
親掛かりの日本とは違い立派ですね。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
子供達が少しずつ成長と共に手がかからなくなってきています。
それでも時には疲れたァと思う時が侭あるわけで、しかしこれが私の若返り方でもありますから、このまま老け込まずに一緒に興味のあるものにはもっと関わって共同生活をやっていきたいものだと考えています。

フロリダの風 さんのコメント...

Michiko様
そう、白黒のテレビに近所の人達が集まって皆で楽しんだものでした。
コンピューターで世界を一飛びの今の人達には想像だにしない生活でしたね。
その頃の思い出までがなんだかモノクロ世界だったような、、、あ、それは雪の白に我が家の古木の黒い家の情景の様でした。

フロリダの風 さんのコメント...

Banbina様
日本での私の幼少時代からは想像出来ない孫達ののんびり生活ですが、そうアクセクする事無く、これで良いのでしょうね。
他人を思いやり、心が自由である事が何より大切な事、選ぶ権利がある事が何より大事なのだと思います。
子供の生活に関わりを持つという事が大人に課された責任だと私は信じていますよ。
それで云えば、我が家の3人の両親は100点満点中の20~30点というところでしょうか。(夫に言わせると10点も過分であるとの事)私達がせめてあとを埋めてやらねばと思っているのですが、なかなか、、、。

フロリダの風 さんのコメント...

風のたより様
そうなんですよ。ステンドグラスもやりましたが、これが結構大変で、夫がガラス箱を仕上げてくれて、それっきりやっていないんです。
画が好きな息子とペイントガラスは一緒にやりましたが今はもう。
あと、リボンフラワー、みゆきアートフラワー、パンアートフラワー、ドライリンゴアートドールなど、どれも全部半端です。飽きっぽくて駄目な私です。
こちらでは親から大学資金を出してもらうのは親御さんの出身校か進める学校へ資金投資をしている家庭が多いようです。
多くの学生が自分で学生ローンを組んだりして自分でやり繰りしています。