8/22/2007

少々ごたごた


姫のご登校にあられましては、誠にめでたく、ごきげんようお目覚めにごさいます。健やかにご成長のしるしあられましては、お召し物も一段と映えて美しきお姿に感涙の至り、また、ご学友との再会も喜ばしく、我、下の者としては陰から姫の行く末にご多幸あれと祈るばかりであります。
と、早朝一番に登校の孫娘クリスティーナの登校を見送ったわけで、というのは、夢の中のお話でありまして、まァ、何とこの姫の不機嫌顔。「ねェ、そのスェーター、ボタンかけが低すぎない?子トナだわよ。刺激が強すぎない?朝ごはん、何にする?」との私の言葉はぜ~んぶ無視。
自分でさっさとランチを用意して、さっさと何やら食べて「じゃあね。」と出て行きましたデス。
いつもはお互いの喧嘩口調のやり取りをするデビッドも今朝は姫の険悪顔に圧倒されたか、途中から「みっともないなんて冗談だからね。とても綺麗だよ。アイラブユー!」と折れたのには始めての展開でした。
朝寝癖が身についてしまったボーイズもさぞかし不機嫌起床かと思いきや、意外や意外、二人とも上機嫌で「ね、早く起きられたでしょう?」と得意顔。

一昨日にこれを書いてから、あれやこれや少々忙しくしておりましたら、何ということか、孫娘が咽の痛みを訴えていたのが学校より通報でお医者に連れて行く事となりました。結果、マノニュークリストシス(日本語では何でしょうかね、扁桃腺炎症の病原菌があるとかで)1週間の登校禁止で、家庭隔離生活を強いられました。当人は新学期二日目にしてまた朝寝坊三昧ができるとほくそえんでオリマスゾ。治療は適当に解熱剤を与えるほかは何も手当てなしなのだそうだ。
それで日長ベッドでテレビを見たり、本を読んだり、音楽を聴きながら、食べたり、PCでお友達とチャットしたりの天国であります。
ふ~ム、お医者様と彼女何処かで前に打ち合わせでもしていたような、何だか彼女には都合良さそうな病状であります。
過去の記事にコメントをしていただいる皆様へこちらからの返答もせず、どうぞお許しくださいね。

3 件のコメント:

風のたより(S.K) さんのコメント...

三人のお孫さんとの微笑ましい日常が彷彿としてきますよ。
クリスティーナちゃんの扁桃腺、早くよくなりますように。
でもご本人は違うかな??

下の猫ちゃんのピアノにはビックリ!!!
凄い!!天才!!

そしてこの猫ちゃん、なんと三軒先のモモスケ君にそっくりなんでしょう。
まるでモモスケ君が弾いているようで見入ってしまいましたよ。

kazuyoo60 さんのコメント...

どうしたお姫様は不機嫌だったのでしょうね。
扁桃腺炎の痛みですか。それは可哀想です。喉が痛いのも辛いです。
お孫さん達がご機嫌でもお忙しいですのに、お世話が大変ですね。

michiko さんのコメント...

ご無沙汰しております。
こちらはすっかり秋の風めいてきました。

姫は私の娘でも経験済みですが
年頃になればなるほど、難しいものであります。
オトナになれば、こちらの気持も理解できるように
なるんだけどね(笑)
お忙しいでしょうが、ゆっくりのんびりの時間もつくってちょんまげ。
私はあいかわらず歌志内の朝風呂に通っております(笑)