11/10/2007

甘えたいのね




風邪をひいたせいで、声が出なくなってしまった。今日で6日目のヒソヒソ声である。
医者に抗生物質をもらい、なるべく声を出さないで会話などしないようと云われました。こういう時は世の夫達は「へへ、これでうるさくない」と喜ぶのでしょうね。笑
これが、とても不便です。電話に出られない。出るとヒソヒソ声で答えるものだから、相手がいたずら電話受信と思ってか、聞こえない為か、すぐ切られてしまうか、何度も「ハロー、ハロー」を繰り返すのです。
明後日までに声が出てくれないことには、出勤時に不都合はなはだしい。困ったァ!
カメニャンもクシュン、クシュンと鼻水垂らして調子が悪いのです。(画像は”ァ、またクシャミ出そうッ”の顔)

この2,3日とても素敵な秋晴れです。家中の窓を開けて空気の入れ替えもして爽やかな天候に日が眩しいのです。が、ちょっぴり肌寒く、風が少し強いので亜熱帯性気候独特な湿気も低くて、私には心地良く感じられるのも、高湿気に慣れたフロレディアンには寒すぎると感じているようで、もっぱら北からの(寒い地方に住んでいる方々)出身者がこの秋空を楽しんでいるなか、地元の人は風邪にかかっていて、薬局が大繁盛の状態です。風邪予防接種が各地で無料摂取日を設定しています。

我が家の子供達が元気であるのが、幸い。彼等はそれぞれにアレルギー体質ではあるものの、混血である為も助けとなって、または、雑菌の免疫抵抗力が少しばかり強いようで、滅多に寝込むほどの病気にはかかることが少ないようですよ。

タイル床が老犬ロキシーに冷たいだろうと、猫枕をおいて一眠りしたところを写真に撮りました。数分後アップの写真を撮ろうと思って見ると、ヤキモチクッキーがすっかり猫枕を占領して寝ていました。
最近私達家族が老犬ロキシーの体調を気使うのが、クッキーにはとても口惜しいところらしく、ロキシーを撫ぜたりすると側に来てキューン、キューンと甘え鳴きをするようになりました。
これは、未だに、というより今はもっと敵意態度、行動をあらわにして私の気を自分に向けようとするディビッド(10才半)とシャーン(もう直ぐ14才)の戦いのようでもあります。
彼等の心の中は愛されるという事が不確かであり、競争動物本能の様であり、(両親が自分を愛してくれているかが常に心配でもあり)なんとも不憫です。


2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

お風邪ですか。声が出ないのはお辛いですね。何度か経験があります。
カメちゃんも風邪ですか~。可哀想。
予防接種が無料なのですか~。もうじき受けようかなと思いますが、勿論有料です。
あらあら、フロリダの風様の取り合いですか~。
ちゃんと安心できるお家がありますのに。お母さんが常時はいらっしゃらないのは可哀想ですが。

keiko さんのコメント...

ご無沙汰をしております。
いつも私のHPにいてくださるような気がしておりますが、今日は掲示板の方から参りました。
お風邪が長引いていらっしゃるとのこと、
季節の変わり目なのでどうぞお気をつけくださいませ。

私も孫の世話に明け暮れる毎日ですが、少々疲れ気味です。フロリダの風さんのお孫さん方のようにたくましく成長してくれればと楽しみにしていますが、まだまだ長い先のことになります。
また参ります。