12/14/2007

ハニカ、クリスマス&クワンザとロウソク

子供達が3人で楽しく作るのを期待してジンジャーブレッドハウスのセットを買いました。
ボーイズは大喜びで作業にかかったのですが、姫は「貧相な民家だわ。私はお城しか興味が無いのです。下々の者よ良きに計らえ」との鶴の一声でありやんした。(これ、何語?)
で、良きに計らった結果がこのハウス。途中アイシングを舐め舐めやっていたらしく、大分塗り足りないところがありますが「まァ、よく出来た事!」と誉めてあげましたヨ。クリスマススピリットでありますし。
側でグリンチ姫はまだ「えっ、こんなのを後で食べるの?不衛生じゃないの?」などとほざいて、いえ、おおせのことでしたが、「いいのです。姫に召し上がってもらおうとは思ってはおりませんから。(ンもう~っ、アンタはさがってもいいんだってば)」とニコニコ顔で応えたわけであります。

ユダヤ教の方々はこの時期ハニカといって特別な希望のキャンドルというのをたててお祝いをします。ロウソク、飾り付けがすべてユダヤ人国色であるブルーです。
アフリカン・アメリカンの方達はクワンザといってこれも特別キャンドルをたてます。これは赤いロウソクで横並べ蜀台は同じですが本数が違います。
一般アメリカ人家庭は殆どがクリスマス・キャンドルをやはりこれも希望の印、キリスト誕生祝として色々なキャンドルを飾ります。
因みに我が家はクリスマスデナーテーブルには棚から出した細いクリスタ蜀代に赤か、緑か金色のロウソクを対でおきますよ。

お話変わって、私が昔Z社にいた事を知っている友人からメールされてきた写真です。(これはそのZ社の飛行機に落雷が合った時のもの)
”お~何と恐ろしい写真”とお思いの方がおられると思いますので説明させて頂きますと、航空機というのは落雷が空中間でよく起きるのを見計らって出来ておりますので、こんな恐ろしいと思う状態にも安全空飛行が可能なのですよ。人間に直撃の落雷だとそれこそ大事に至るのですけれど、車や飛行機の中が案外安全なのです。あ、もし驚かせてしまいましたら、お許しくださいね。これは私達航空関係者のジョークなのです。
忙しい師走、どうか皆様がご健勝であられますよう。ハッピーホリデー!

***お知らせー「風が見える時」ブログに”軽くお喋り15-シークレットパル”を更新致しました。何卒宜しくご愛読下さいませ。www.windofflorida.blogspot.com/

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

男の子2人で作られたんですか。上手に出来てますよ。
お姫様はご機嫌斜めなのでしょうか。
キャンドル、綺麗な飾りですね。それぞれに名前が違って色も違う、楽しいです。
ハッピーホリデー! 、この間はお休みは?、ごゆっくり出来ると良いですが。

風のたより(S.K) さんのコメント...

フロリダの風さん、こんにちは。
三人のお孫さんたちと楽しみながらクリスマスの準備をされたようすが伝わってきます。
ジンジャーブレッドハウス、上手に完成ですね。こんなセットが売っているのですね。

所変われば、、、、、で国によって祝い方も違うのでしょうね。そちらでは一年で一番の祝い事ですね。いろんな国の方が住んでいるそちらではたくさんのスタイルのクリスマスがある事でしょう。

フロリダの風さんは、航空会社にお勤めだったのですか??
きっと素敵なお仕事をされていたのでしょうね。