1/05/2008

ウシ年ではないのに、、


暑いクリスマスでした。
が、2008年になったとたん、寒冷前線がやってきたとかで、米北部は吹雪嵐だったらしく、このフロリダまでがさむ~いのです。
ここ歴史上初めての華氏30度とかで、皆震え上がり、勤務先のドラッグストアではいつもの冷房が暖房になりましたッ。私は15年ぶりにオーバーコートをだしてみました。(何だか嬉しい、へへへ)
サンフランシスコ在住の頃はオーバーコートを必要としましたので、何着ももっていたのが、こちらに来てからは米北部に旅行する時以外はクローゼットから出す事も無いのです。
冬休みが今週で終わる子供達ですが、ウィンターガードで猛レッスンのクリスティーナだけが朝9時~夜9時登校で、その送迎と6時の夕食を持って行く親達は大変です。もう~っ!

この彼女、4年制の高校をこの2年で卒業出来る成績優秀者に後の2年は州指定大学で(夫通勤の中央キャンパスがその一つ)大学生として50万円ほどの学費を無料で大卒資格を取れる招待状を受けたのを、ヤツメ『私はまだ高校生活を楽しみたい』なんぞ言い張って、その招待を蹴るツモリらしい。
もう~っ!

敷地管理お目付け係からの通告で「家の外装が汚れています。直ちにクリーンをして下さい。2ヶ月内に改めて許可を得ない場合はこの敷地から除外通告を受けることになります」なんぞとの通知を受け、早速外装クリーン職人に来てもらう事にしましたが、昨日は風が強くて屋根の掃除不可、今日は雨模様で不可となり、約10万円の出費も痛くって、もう~っ!

所得税が無いこの州ですが、その代わり敷地税が高額なのです。我が家の小さな敷地でも約50万円、今月支払いがあります。その後には家屋保険料金が約40万円。もう~っ!!

ウシ年でもないのに「もう~、もう~っ」と新年から暗いお話を皆様に申し訳アリマセン。
では、ネズミ年らしく、皆様へ「ちゅ~っ!」とキスをお送りします。えっ、とんでもない、やめて~っとおしゃったでしょうか。そちらまでが「もう~」になってしまう?ごもっとも!






4 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

お子さん達の送り迎え、保護者の責任とはいえ、結構大変ですね。
学費がそんなに高いのですか。その優遇を蹴る?、次のチャンスも必ずあるからなのでしょう。
へぇ~~、何からでもお金ですね。それだけ奇麗にお暮らしになられますが。
毎月90万円も生活費以外に掛かるのですか~。そんな~。
フロリダにいらっしゃる方はお金持ちばかりですね。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
いえ、これらは年一回の支払いが、たまたまこの1月にぶつかったのです。
毎月の敷地クリーン(庭師などの)は月額約5万円です。
それでも支払いが滞るお宅があり、退去していきますから、皆大変なわけです。
お解かりかと思いますが、我が家も喘ぎながらの生活でありますよ。
それでも、私達にとってはこの青空がいいので贅沢はこの景色ということですね。
孫娘は英国の大学からも招待を受けたのに、それも嫌がっています。
「自分で学生ローンを組んで、アルバイトで支払いながら大学生活をするつもり」などと云っていますけれど、どうなります事やら。私と夫の胸は痛いのです。
親の気持ち子知らずといったところですね。

HISA さんのコメント...

新年早々初笑いさせていただきました。
気をつけて「もう~」は言わないことに
しましょう!

そちらでは頑張ってお勉強すれば優遇
される制度があるのですね。日本も
一番大切な教育をもっと考えてもらいた
いですよ。

敷地税というのは日本の固定資産税の
ようなものでしょうか?

フロリダの風 さんのコメント...

Hisa様
固定資産税というのは土地にかかる税のことですか?でしたらそうでしょうね。
この州フロリダは所得税が無く、ネバタ州と同じですが、他州と比べてその他の税金がやはりちょっと高いようです。
日本の教育界も昔からは随分変わってきていると聞いています。
しかしこちらの子供は宿題と課題以外で自習する事は先ずありませんから、ウチのボーイズのように毎日遊びほうけている子供達が学業成績優秀者というのがちょっと不思議な気がしないでもありませんよ。
もっとも私の時代でも必死に勉強してさえ、パットした成績を残せない学生が大勢いましたけれどね。今は学力全体が低下しているせいなのでしょうか、又は情報時代になって、子供達の頭脳には様々な情報が教育以外からも入るようになって、頭脳の働きが違ってきている物なのでしょうかね。