5/01/2008

アメリカらしい時


メキシコへ2週間の休暇へ出かけた後4週間もの病欠を取っていた勤務仲間が今朝久々に出勤した。
明るく皆に挨拶する彼女に、回復の喜びを示したところ(彼女はスパニッシュしか話さないのです。英語が話せない彼女とは手真似、見真似会話なので、時々会話に行き違いが起きるのはいつもの事。
「え~っ、美顔整形の病欠だったの~ッ?」と思わず声が出てしまいましたよ。
「そう、どう?この眼。もう少しで70歳になるから、ボトックでしわを伸ばしたら、ほら、目もぱっちりしたでしょう?手術はほんの一時間もかからず、痛くも何ともなかったんだけど、両目の下に黒いクマが出来たのでそれが消えるまで病欠にしてもらったの」ですって。(手真似、見真似会話はその手術時間位にエネルギーが必要でしたが)
ンもう~っ。こんなのってありですかね!アメリカだから出来る事だと思いませんか?
美顔整形病欠。フン!
『うらやまし~』のフン!ではなくってですね、この彼女の病欠の為に特別時間出勤を強いられた私の身にもなって欲しいですっ。「貴女もこれ、やってみたら?」って、フフンのフンッ!(私は丸顔だから、しわは目立たないのよっ!コレは悔し紛れのホザキであります。)
出勤後は自分のセール買いに忙しい若くなった気の70才に毎時間度に彼女の家族から私用電話が入るし、17才から40才までの年齢それぞれの世代が入り混じってのキャーキャー騒ぎを始めるしで、もう、アメリカだから出来る事だとこれまた思った次第。ハーーーァ。

12 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

へぇ~~です。そんなのが有りなのですね。
スパニッシュの彼女、話せなくてもお仕事に支障がないのですか~。
平和というか、私にも理解を超える話です。
病気以外でメスを入れる美容整形、勇気のある方たちですね。

Michiko さんのコメント...

70才で美顔整形!!
ぶっとびます。
日本の70才だったら そのまま枯れます(笑)
私も鏡を見たら ここがもう少しああだったらと
思わないことは無いのだけど
だからって直しても老化は止まらないわけで。。
私のほうが気持は老いてるなぁ~
さすがアメリカ!!

日本はGWでどこへ行っても車や人だらけ。
図書館で本を借りて ウチでちんまり読んでます(笑)

ちえこ さんのコメント...

もう~、ほんと、アメリカならではのことですね!
私の職場でしたら、絶対に考えられないことです。
2週間もの休みを取ることなど到底できませんし、本当の病気ならいざ知らず美容整形とは!
勤務時間内に私用電話など頻繁にしようものなら厳重注意ですし。
しかも、その方のお陰で臨時に出勤させられたなんて憤慨です!
心が広いフロリダの風さん、ふぅ( -。-) =3のため息、お察しいたします。

しかし、70歳!ですか!!!

PaintMonster さんのコメント...

ごぶさたをしております。
お元気そうですね。
先日、私の弟のTAKUがついに入籍しました。(結婚式はしないそうです)
二人とも実家から新しい生活なので、いろいろと大変そうです。
そして、私のオフィスも移転をしました。以前はワンルームでしたが今度は3つの部屋があるので、そのうちの一つを私のスタジオにしました。今年から札幌の三越でも私の作品が販売されることになり、今は、私のコーナーも設置していただいています。売れ行きも好評のようで、すでにバックオーダーで大忙しになっています。
日本語ブログでの写真エントリが多くなってきたので、新しい写真用のブログを作りました。
http://fotocrawl.blogspot.com/
こちらで、私の撮った写真をだらだらとアップしていますので、おヒマな時にぜひ!

それではまた!!

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様
スパにシュが多いのでこの彼女、何とかそれでも接客をしているのですが、電話の応対や英語でのお客様の質問はアナウンスで私をフロントに呼んで代わりに接客をするわけです。彼女の勤務は思いっきり彼女のおこずかい稼ぎなので適当なのですが、性格が明るいので誰にも憎めないものがあるようです。
眉間にしわを寄せて「なんで、こんな事が独りで出来ないの~ォ」と日本語でこちょっと不満をいっている自分がやはり、彼女の大らかさを認めてあげる大きな気持ちをもたなくてはいけないのかもしれないと反省する私です。それでも、ふーっ。溜息が、、。笑

フロリダの風 さんのコメント...

Michiko様
この彼女、先々月には家族旅行でインドネシアに2週間行ったばかりなのですよ。
無知、というか、人の気持ちをあれこれ詮索しないで大らかに生きている楽しい人と云うべきか、とにかく、不思議な存在です。
英語が殆ど駄目なので、時折の勤務先での試験なんかも、モロにカンニングというか、他の人にやってもらったり、少々上司に叱られても、言葉が解らないので、平気ですし、これって、ちょっと得ですよね。
私が彼女の年令に一番近いと思ってか、人から私の生活経験が多いとか聞いたらしくて、最近は色々な生活の知恵を私に問うようになって、なんせ身振り手振りの説明にはいつもスンゴク疲れますです。(質問はいつも仕事とは何ら関係の無い事が多いのです)
例えば「どの薬がどれに効くか」とか「どのチョコレートが一番肌に良いか」とかね。私の説明が込み入るとすぐ英語を話せる娘に電話して、娘に話してやって欲しいなんていう恐れを知らない70歳ですゾ。(こんなのに私が対抗出来るわきゃない。笑)

フロリダの風 さんのコメント...

ちえこ様
でしょうねェ。日本では考えられない行動だと常々察してはいたのですが、私は日本での就職経験が無いので、どうかしらとおもっていたのですが。
彼女の今の興味は何故日本人の私が若くいられるのかを探る事のようです。
彼女には旦那様も、4人の成人した子供達も8人の孫もいて、それぞれが家具やら、洋服やら、パーテー屋さんやらの副業をもっていているので、趣味でドラッグストア勤めをしているので、一生懸命仕事をする事は毛頭かんがえには及ばないようです。
「そういう貴女だって、勤務は趣味のようなものでしょう。」と私も云われそうなのが嫌で、人の倍も3倍も仕事をこなすのに必死になる私です。(我が家の生活事情を知らない方にはそう見えるのかも。我が家の家計辞書には黒字というものが無いですよ 苦笑)

フロリダの風 さんのコメント...

Paintmonster様
ややっ。さすがァ~。凄いなァ。
ビジネス成功者の一途を行っているようですね。
ブログを是非拝見させて頂きます。
Kristinaは今は自分で運転してどこへでも出かけていきますし、Davidは今月で小学校を卒業で、秋にはShaunと同じ中学校です。
子供達が大きくなるに相反して、我々が小さくなって(?)いくようですよ。
今朝はロキシーがとうとう立つことが出来なくなりました。こういうのが、哀しい今日このごろです。今日もすっごく暑くなりそうです。

yayoi さんのコメント...

フロリダの風様
なんでもありのアメリカですから。でも、何でも権利を主張(?)するところあたり大好きですよ。

良く冗談言うのですが。私の生徒(日本語も教えています)が、you are my best friend.って言いながら、アメリカに帰ると全然コンタクトがない。笑

日本にいる時だけの「bestfriend」???
でも、彼らが助かるなら・・・。私もいろんな国でいろいろな人に助けてもらうので。

香菜 さんのコメント...

えええ!美容整形の病欠ですか!たまげました。
それと、スパニッシュで買い物をする人がいるから
彼女が採用されてるんですね?
でも、勤務態度も自由きままに勤務されてるようで…???

フロリダの風 さんのコメント...

Yayoi様
それそれ。You are my best friend.と云っても、こちらでのBest friendとは色々だなァと私も苦笑していますよ。
私も何かしてあげると直ぐこれを云われますもん。一種の過剰表現語ですよね。
もしかして、「貴女は親友がしてくれない事までもやってくれる人です」という訳が合うのでは?笑

フロリダの風 さんのコメント...

香菜様
こちらには南アメリカからの移住者が多くて、ある地区では英語が全く話されていないのですよ。それで、こちらに住む外国人は英語を話すのに、これらの人は私達にスパニッシュを話す事を強要するのです。
一般女性は一応に性格はきつい人が多く、権利の主張も強いのが日本人とは異なっているようですよ。