6/14/2008

夏休みの間の出来事 1


6月13日(金)
今日はフライデーザサーテーンという事で、ちっと嫌な予感を抑えきれずにいたのですが、家族にはなにもなかったものの、私と夫が心から人間として尊敬している政治評論家ニューズ情報アナウンサーでもあるティム・ラッサート(58)が脳梗塞で急死されたとの発表があった。
人間味のあるその天才的政治プログラムには多々ある政党・政治家や放送関係者・教育界・社交界・スポーツ界やどの分野においても彼に一目し、尊敬の念を評さない人は一人とて聞いた事のない素晴らしい人間性をもっており、大勢の人々がこの人を惜しんで止まないのです。 合掌

夫が各医者との椎間板ヘルニア手術に関しての手配をする事もあって、学校から早退して帰宅しました。(MRIの検査で病院側が発見した巨大ヘルニアが左足付随にする可能性があるとかで、係り医に緊急連絡をしてきたものです)手術は来週あたりになるらしい。

Kristinaが食料品購入にマーケットに付き合ってくれて、その後夕食を作ってくれた。
初めての彼女の夕食料理に皆満足でした。メニューはスタッフドシェルマカロニでした。(貝型のマカロニにチーズ、ほうれん草、ソーセージを詰めてトマトソースでオーブン焼きしたもの)
これは彼女が家庭科の終業試験でAを取ったもので、私達にその腕を自慢したかったのもありまして。 その味の程は、不もなく、可もなく、マあ、普通の家庭料理といったところで、初めての夕食料理としては上出来といったところでしょうね。食後の食器かたずけ当番のDavidは「洗い食器がグランマの料理よりも陪も多いんだからァ、ヤダナ~。次はボクのかたずけ当番の時に料理しないでよね」との不満が出ましたが。 笑

6月15日(日)今日は父の日。残念ながらの雨天にゴルフパパ達はコースに出られないらしい。
夫は自分と息子の為に魚貝スープのチャピノを作りたいと言うので、一緒に食材を買いにでかけた。
父の日のお祝いなのに、一番このスープを楽しんだのは私とディビッドだったのが、ちょっと笑える。
魚介類アレルギーの私も「え~い、明日は発疹だらけで、寝込んでもこの味には逆らえないっ」との心境でタラフク頂いてしまったのです。

0 件のコメント: