6/26/2008

夏休みの出来事4

お知らせー「風が見える時」www.windofflorida.blogspot.comに”年令と権利”を更新致しました。宜しくご愛読ください。
6月26日
Kristinaが明日からピッザリアでアルバイトをするそうな。
夏休みには大勢の高校生が映画館やレストランでアルバイトをしている。
彼女はバトン個人レッスンインストラクターをしてお金を頂いていた時期はあるが、今回初めての雇用勤務としてお給金をもらうのだ。
「姫よ、世の中というのはかくも労働によって報酬を得るというシステムになっている事を身をもって体験なさいませよ。不平不満もでましょうが、自分の労働力を充分発揮してこそ、それに対して打倒であるかどうかを考えてからになさいませ。まずは、何事も最力をつくして奉仕の念をお忘れなさいますな。それが労働という事でございます。」とこのシモベは心からのエールを与えるのでした。

6月27日
わーい、今日から私は本格的に夏休みです。 勤務からヴァケーションで自宅休養します。昨日は特別設定棚を新学期に向けて学用品の設定をしました。沢山のノートブックやらコピーペーパーやらの箱をならべるのに体力をすっかり使い切ってしまいましたが、5時間で終了、他の主任達が3日間もダラダラやるのを避けることが出来ました。
今日で主任長が他店に転勤となり、新しい主任長を来週から迎えるにあたり、私と支店長は1週間の休暇を取る事に地区長からの指示でもあります。(写真右は転勤の主任長ヴァズクウェズと左に支店長ラホスキー)
夫も私に合わせてヴァケーションを取っているので、どこかへ出かけようかと話していたのですが、彼の体調や資金にまた不都合が起きて(私の車のエアコンが壊れ、思わず出費。ここの夏はエアコンなしでの運転はとても無理なのです)それにKristinaもアルバイトがありますし。
ボーイズをどこかに遊びに連れて行ってあげようとおもってはいます。

0 件のコメント: