7/05/2008

夏休み終了真近の今日は


7月5日(土曜)
明日で夫の今回のヴァケーションは終わり、月曜日からまた出勤となり、私は出勤スケジュールが支店長アシスタントとして火曜~金曜日となり、定休日が土曜、日曜&月曜なので火曜日がヴァケーション明け出勤となります。夫はクリスマス時期が次のヴァケーションなのですが、私の職場は10月~1月まではヴァケーションはブラックアウトされていて、残りの2週間は10月までになんとかしなければなりません。
昨年は私の出勤を当てにされて、ヴァケーションを買い取り上げてくれたわけですが、今年は自由にさせてもらえそうです。
夫と一緒にレンタルで2007年のワーナーブラザーズ映画「The Bucket List」 http://thebucketlist.warnerbros.com/を観ました。病院オーナー紛するジャック・ニコルソンと一般的家庭を持つ車修理メカのモーガン・フリーマンが癌病棟から逃れ、短い余命を有効に過ごそうと決意して旅をしたり、家族愛とその心の傷をみつめたりするというストーリーに夫がすっかり自分の身に合わせて魅せられてしまったらしく、度々、涙をこらえているのが解りました。

こちらでの俗語で「死んじゃう」をキック・ザ・バケツ(直訳的にはバケツを蹴飛ばして、あの世行きとでもいいましょうか)と言うので、この映画の題名はこの二人の男達が「死ぬまでにはやっておきたい事のリスト」という意味です。
因みに映画好きのKristinaは「こんな映画は哀しいから、観たくない」そうで、David & Shaunは昨年他の映画と一緒に映画館で観たのだけれど、「訳が解んなくて、面白くなかったァ」だそうです。
年若いボーイズにはまだ暫くは理解し得ないこの映画ですが、私達の年令には現実的なものを充分に感じさせられました。

0 件のコメント: