8/15/2008

レインボウブリッジへの旅発ち


今日15日の午後、老犬ロキシーがレインボウブリッジを渡って逝きました。
きっと今頃はハワイ生まれの動物家族であるお兄ちゃんニャン&フィガロニャンと会話しているところでしょう。
私達の移転による家族別居生活もさせられた多難な一生であったかもしれません。
でも、フロリダでの生活はきっと満足なくらしであったものと思いたいです。
私が勤めから帰宅すると、いつも顔を上げて出迎える仕草をしたものですが、今日はいつもの寝ている場所を前に立つと側の電話が鳴るでもなく、低音のズー、ズー、ズーと暫くの間電波音がなりました。
子供達は台所からそれを何の音なのか不思議に思ったようですが、多分ロキシーが私を迎えて出したものだと私は思いました。もうそれからは同じ音はしません。

4 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

ロキシーちゃん、頑張ってくれてましたのに。今はお兄ちゃんともお友達とも仲良くしているでしょう。有難うですよね。
子供と一緒、家族と一緒ですから、逝ってしまうのは寂しいですが、きっとあちらでも楽しくしていると思っているのですよ。

ちえこ さんのコメント...

ロキシーちゃん、皆さんに「ありがとう」の言葉を残して、虹の橋を渡って、懐かしい仲間と楽しく過ごしているのでしょう。
そう思えば、ロキシーちゃんのいない寂しさも少し楽になりますね。

manomecchi さんのコメント...

安らかで幸せだったと思います。
遊んでくれてありがとうと伝えてください。

michiko さんのコメント...

さびしいね。
でも家族に愛されて幸せなワンコだったでしょう。
こちらもお盆が終わって、秋風が感じられます。
ボーイズの背が伸びたのに驚きましたよ。
うちも今日から私が待ちに待った新学期なのです。