2/11/2009

休み日誌 独り言


書かないとなると、これまた寂しいものです。
休み明けで出勤してみると、来週のスケジュールが月~金の5日出勤になっています。
ヘッ?あ~ァ、月曜日は大統領記念日の祭日なので子持ちは休校のシッターがいないのでお休みとして、私がピンチヒッターに借り出されたのだ。
ンも~ッ。

ワンマン坊主よのうでござりますぞ。
大奥&藩見届けをこの私目がお休み番として、しっかり守っておくれとは、城の繁栄を望むソナタには隙が多すぎませぬか。
殿の主人藩主の大奥P様が来城してはあれこれと、手直しにうるさくしておられたのが、何と、ひっきゃくしたとの事ではありませんか。
その後にそのお役になられる方が未だにこちらに見えないのには何か事情があるものやら、さて、はたまた我々は見放されたという事でもありますまい。
して、兄上様はどのように申されておりますのか。この私目に「そなたと話が出来るのは楽しみぞ」とおっしゃってから、その後、連絡がありませぬが、、。え、私目には聞かせたくない話ゆえ、秘密にお話をなされておられると。何と!私目は殿の見方ではありませぬのか。
密かに文などに話をしたためては困りますゆえ、私目には聞かせたくないとおおせられるか。
それはそれは。この私目は話すよりは、文にしたためる方が単に好きなだけで、殿を困らせる道具にしようなどとは思いもしませんのに。むム~~ッ。されば、これからの報告書も殿には無用なのではありませぬのか。しからば、この後には、私目の報告書よりもご自分の目でお確かめなさりませ。

ってな事で、明日の特別出勤は気軽にやります。どうだッ。

何と出勤してみると、支店長も祭日には珍しく出勤してきたではないか。
解った事は、地区店舗責任者のP女史がその役を降り、後任者が来て会社全体のシステムを変えていこうという話らしく、当のP女史が書類整理を兼ねて、挨拶に来たのであった。
さて、来月からはどのような店舗設定システムになるやら、、。

ちょっと、面白いかも?です。

この年で、この生活状態で、このような仕事に関わりを持つとは本当に人生とは摩訶不思議というか、侭ならない、良いも、悪いも世の風吹くまま、受けるままというところですよね。

0 件のコメント: