4/03/2009

考えあぐねる事は、コレ


来週一週間は春休みで、子供達は毎日何をしようかと、考えあぐねているようです。
州大と地区公立学校ではこの春休みの期間がずれている為に夫の方はいつものように勤務に出ます。
運転が出来る高校生のKristinaは勝手にお友達とショッピングなどを楽しむとしても、問題は中学生のボーイズ、二人は玩具で遊ぶ年ではないし、ゲームをしても飽きるしで、家の中ではわざとお互いの勘に触る言語行動ばかりで、「わざと触っただろう」「ナンダよ、ちょっと間違いであたっただけだろう」との口喧嘩がすぐに勃発するのです。
で、私のいつもの日本語が口から発声するはめに。「これっ、ウルサイ!辞めなさい!何なの、喧嘩しないのよっ!!」
毎日の事なので、この日本語はよく理解しているボーイズです。笑

今年はまだまだ不景気の折、何処のお宅も大袈裟な大旅行などはしないで、ちょこっと映画や買い物や、海岸遊びとかにきりかえているようです。
復活祭がこの週末なので、今年は子供達も大きくなった事だし、エッグハントはやめようか、それとも3人が高校生になるまではやるべきか、これまた私達の考えあぐねのもとであります。

時間が許す限りでは、毎平日のNMBC政治トークTV番組を欠かせないところです。
オバマ大統領のヨーロッパ訪問に世界がやっとアメリカを受け入れようとしてくれている様子を見て、とても嬉しい私達です。
ミシェル夫人がまた、とても素敵です。
大統領の留守にいつもの反オバマ生計派の彼等の考えあぐねる事といえば、お粗末な茶番ばかりで、何とも情けない。”易い考え語るに落ちる”を地でいっているようで、こういう考えあぐねは感心出来ませんよね。

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

うふふふふ、叱られる時は日本語ですか。それはそれは。
エッグハント、これもお祭りのような行事ですね。お孫さんたちが喜んでくださると良いですが。
世界中の期待を受けているオバマさん、アメリカの経済が復興しないと日本はダメなようです。