4/25/2009

所変われば品変わる


Kristinaが5月から以前のアルバイト先のNYC・PD・ピッザリアで週3働く話が決まっている事を仲間と話をした時、(私は滅多に私事、家庭事情などを勤務先で話す事はないのですが)ニューヨーク出身の彼女が、ニューヨークポリスデパートメントピッザが大好きだと大喜びしました。
私達家族も時には彼女のチップ稼ぎに協力すべくピッザリアに出かけるのですが、私達の好みはニューヨークの薄くて大きなピッザでも、厚くてパイのようなシカゴピッザでもなく、米西海岸でピッザハットから出た人でそのおなじみ店より大きくなって活躍のパパ・ジョン・ピッザです。(別に息子が同名なのとは関係ありません。ジョニーは日本の太郎のように昔からお馴染みの名ですしね)
で、ホットドッグはやはりシカゴホットドックが一番の好み。(沢山色々なトッピングされているヤツ)

先日勤務先の来客で、大阪のおばちゃんのように『飴ちゃん』をビニール袋にいれて無等飴をその度に渡してくれるアメリカ人のオバチャン(アメリカ人だからカタカナのオバチャン)に、「あれ、この人大阪に住んだ事あるんやないかァ」と思わずおられませんでした。笑
私は北海道に生まれ育ち18年間、そして上京して1年半の日本しか知りませんが、日本人の多いハワイに10年間住んで、色々な日本県民と友好があり、オヤ~ッ、あ~、そうなんだァ、と驚きの日本の地方民族性に触れて勉強させて頂き、日本が益々好きになりました。(日本を離れて云うのもなんだけど)
アメリカでのサウザンド・ホスピタリティー、ハワイのオハナや、それぞれの民族性はあるとしても、日本のはこちらのアメリカ、ベースボール、アップルパイにホットドッグと総称出来るほどのものもなく、もっと、深くて面白い。
そこがこちらの人達が日本人をよりミステリアスに思う一つにあるのでしょうね。
あまり日本に馴染みの少ない人達も、来店の際は私の所に来ては「へ~、日本の北海道から来たの~」なんて知ってか知らぬのか日本に興味を見せるこの頃です。
で、「そこでは何語を話すの?」なんて。ははは。

***お知らせー「風が見える時」ブログに”私的心と体の天気図”を更新致しました。宜しくご愛読下さいませ。http://www.windofflorida.blogspot.com/

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

和服のにゃん子ちゃん?、ずいぶん珍しいですね。
北海道で何語とは。日本が楽しい意味で興味の対象は嬉しいですね。